GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

妊娠後期や臨月に起きる頭痛で眠れない日々を改善するには?

もうそろそろ赤ちゃんと出会うことができる妊娠後期や臨月ですが、この時期に頭痛が起きてしまうことがしばしばあります。すでに妊娠後期や臨月で頭痛に悩まされている妊婦さんの中には、頭痛がひどくて眠れない、頭痛が不安で眠れないという日々を過ごしている人もいるかと思います。また、これから妊娠後期や臨月に突入する妊婦さんにとっては、突然やってくる頭痛のことを思うと不安に感じてしまうと思います。

この妊娠後期や臨月の頭痛はどうして起きるのでしょうか?そこには妊娠後期や臨月特有の原因が存在します。妊娠後期や臨月に起きる頭痛の原因と不眠との関係性、そして頭痛による眠れない日々を改善する方法を解説していきます。

妊娠していても安心して服用できる不眠症の改善サプリメントのレビュー記事はこちら。

妊娠後期や臨月に頭痛が起きやすい原因とは?

まずは、妊娠後期や臨月に頭痛が起きやすい原因について解説します。妊娠後期や臨月に起きる頭痛は、妊娠後期や臨月に起きる体の変化によって起きてしまっています。その主な原因は次の4つです。

1.鉄分不足による酸素不足

妊娠後期や臨月の妊婦さんの体は、まもなくやって来る出産に向けて最後の準備をしている状態で、お腹の赤ちゃんをしっかり成長させるために、血液から鉄分などの栄養をたくさん送り込んでいます。妊婦さんが食事などから摂取した鉄分は、赤ちゃんの成長のために優先されるため、どうしても妊婦さんは鉄分不足になってしまいます。

また、出産時は多量に出血するため、出産に備えて体内の血液量も増加している状態です。血液の量は増えているけど、逆に血液中の鉄分の濃度は薄まってしまっているため、必然的に鉄分不足となってしまいます。そして、鉄分が不足してしまうと、酸素を運んでいた血中のヘモグロビンが減少することになり、その結果、脳にまで酸素が運ばれなくなってしまうのです。脳の酸素が不足してしまうと、それが頭痛というかたちで現れてしまいます。

2.女性ホルモンの分泌の増加

妊娠すると体のホルモンバランスが急激に変化していきますが、妊娠後期や臨月は、女性ホルモンの「プロゲステロン」や「エストロゲン」の分泌量が増加します。この2つの女性ホルモンは、母体を健康に維持する、赤ちゃんの成長を促進するなど、どちらも妊娠・出産する上で必要なホルモンです。

しかし、このプロゲステロンとエストロゲンの分泌が増加すると、ホルモンバランスが崩れてしまい脳内の血管が拡張してしまいます。脳内の血管の拡張は周囲の神経を刺激・圧迫してしまい、それが原因で頭痛が引き起こされてしまうのです。

3.水分不足

妊娠後期や臨月は、お腹の赤ちゃんが大きくなることで体重も増えているため、少し動くだけでも多くの体力を消耗します。重たい体を動かしたり体力をたくさん消耗すると、当然いつも以上に汗の量は増え、体内の水分が不足していってしまいます。

でも、なぜ体内の水分の不足が頭痛を引き起こしてしまうのでしょうか?それは、女性ホルモンの分泌の増加でも解説した、脳内の血管の拡張を引き起こしてしまう原因となるからです。体内の水分が不足してしまうと、同時に血液中の水分が不足することになり、血流が悪くなってしまいます。血流が悪くなると、血流を少しでもよくするために体は血管を拡張してしまうのです。

徐々にお腹が大きくなり体重も増えることで、いつも以上にたくさんの汗をかいていてもなかなか気づかず、水分不足であるという自覚は感じにくい傾向があります。そのため、知らず知らずのうちに水分不足になり、頭痛の原因となるのです。

4.妊娠高血圧症候群

妊娠高血圧症候群は妊娠後期や臨月に見られる症状で、主に肥満気味の人や食べ過ぎによる急激な体重増加によって引き起こされてしまいます。肥満や食べ過ぎ等の理由で高血圧になることで、尿蛋白や血管障害などの病気を発症させてしまう病気です。この妊娠高血圧症候群を発症してしまっている状態は、高血圧になっている、つまり脳の血管が拡張している状態です。

脳の血管が拡張してしまっていると、周囲の神経を圧迫し、それによって頭痛が引き起こされてしまいます。妊娠後期は食欲が増加しやすく、さらに栄養を溜め込みやすい身体になっています。つまり、妊娠後期は太りやすい環境にあり、その結果として高血圧になり、妊娠高血圧症候群を発症してしまうのです。

また、妊娠高血圧症候群は、頭痛と同時に体のむくみも多く見られます。頭痛と一緒に体のむくみもあるときには、妊娠高血圧症候群の可能性が高いといえるでしょう。

妊娠後期や臨月の頭痛による不眠にも効果が見込めるサプリメントのレビュー記事はこちら。

妊娠後期や臨月に起きる頭痛と不眠との関係性

妊娠後期や臨月に頭痛が起きる原因として、4つを挙げ解説しました。では、この4つの原因による頭痛は不眠とどのような関係があるのでしょうか?

まず、「女性ホルモンの分泌の増加」「水分不足」「妊娠高血圧症候群」の3つの原因に共通することは、血管の拡張です。それぞれの症状が原因で血管が拡張し、周囲の神経を圧迫したり刺激することで頭痛が起きる、というメカニズムでした。

また「鉄分不足による酸素不足」も、実は血管の拡張が大きく関係しています。鉄分が減って脳に運ぶための酸素が足りていない状態になると、血管は少しでも多くの量の血液を送るために、血管を拡張し血流を良くしようとするのです。妊娠後期や臨月に頭痛が起きる4つの原因すべてで、血管の拡張という変化が起きています。

そして、この血管の拡張によって起きる頭痛には、目の疲れや体の疲れから起きる妊娠時以外に一般的に起きる頭痛とは大きく違っています。血管の拡張によって起きる頭痛は偏頭痛と呼ばれる種類の頭痛で、こめかみから目にかけての範囲で心臓の「ドクンドクン」という拍動に合わせるようにズキズキと痛む特徴があります。一般的な頭痛は安静にしていれば徐々に良くなるのに対し、偏頭痛は少し動くだけでもズキズキと痛み、ひどい場合は吐き気や嘔吐を伴うこともあります。夜寝ようと思った時にこの偏頭痛が起きると、眠ろうと思っても簡単には眠れず不眠になってしまうのです。

また、偏頭痛はレム睡眠とも深い関係があります。睡眠時に3〜4回あるレム睡眠ですが、偏頭痛はこのレム睡眠中、もしくはレム睡眠の終了後に起きやすいという特徴があります。レム睡眠中かレム睡眠の終了後に併せて偏頭痛が起きてしまうことで、痛みで目が覚めてそこからなかなか眠れなくなってしまうのです。

そして、偏頭痛は睡眠不足によっても症状を悪化させてしまいます。偏頭痛によって眠れなくなり、眠れない睡眠不足でさらに偏頭痛を悪化させてしまうという恐ろしい悪循環も起きてしまうのです。このように、妊娠後期や臨月に起きる頭痛と不眠には、大きな関係性があります。

妊娠後期や臨月に起きる頭痛による不眠の改善方法

妊娠後期や臨月に起きる頭痛の原因や、不眠との関係性が分かったのはいいですが、改善することができるのか気になるところです。次は、妊娠後期や臨月に起きる頭痛による不眠の改善方法を紹介します。

1.血管が拡張する行為を避けて血管を収縮させる

血管の拡張がすべての頭痛に共通する原因のため、体を温めたりするなど、さらに血管を拡張してしまう行為は避けましょう。また、逆に血管を収縮させることができれば、頭痛も改善することができます。血管を拡張してしまう行為は避けつつ、血管を収縮させる下記の改善方法で頭痛と不眠を改善しましょう。

・入浴は避けてシャワーのみにする
・頭痛の箇所を直接濡れたタオルや保冷剤などで冷やす
・静かな暗い場所で休む
・16時以前であれば、少量のカフェインを摂取する

2.ヘム鉄サプリで鉄分を補う

鉄分不足が酸素不足を引き起こし、頭痛の原因となります。妊娠後期や臨月に不足しがちな鉄分を摂取して、頭痛を改善しましょう。鉄分の中でもヘム鉄は、より体に吸収されやすい鉄分です。食事だけでは不足しがちな鉄分を、ヘム鉄サプリで補いましょう。

ヘム鉄サプリは空腹時や食事の1~2時間後に飲むことで、より体への吸収を高められます。しっかり鉄分を補うことができれば、頭痛も改善し不眠の悩みも解消えきるでしょう。

.経口補水液で水分不足を補う

妊娠後期や臨月に起きる頭痛の原因である水分不足を補うことも、不眠の改善につながります。水分補給と聞くと「水を飲めば良いのでは?」と考えてしまいがちですが、水ではなく経口補水液を飲むことで、より効果的に水分不足による頭痛を改善できます。

◆経口補水液

なぜなら、水分は塩分と一緒に補給してあげることで、体への吸収力が上がるからです。そして、経口補水液は体の中の体液と近いバランスで水分と塩分が配合されています。体液と近い水分と塩分バランスで作られた経口補水液を飲むことで、より効率よく体に水分を補給することができるのです。妊娠後期や臨月で汗をかき水分不足になった時は、経口補水液で水分不足を補いましょう。

血管の収縮やヘム鉄摂取以外にも効果がある不眠症の改善サプリメントのレビュー記事はこちら。

妊娠後期や臨月に起きる頭痛と不眠を悪化させてしまうこととは?

先ほど紹介した妊娠後期や臨月に起きる頭痛と不眠の改善方法ですが、間違いを犯して逆効果や悪化してしまう場合があるので、いくつかの注意点があります。ここで解説する注意点をよく理解し、正しい方法で改善しましょう。

まず、血管を収縮させる効果があるカフェインの摂取についてです。カフェインの摂取は、必ず16時以前であることと少量であることを守ってください。覚醒作用のあるカフェインを就寝5時間前に摂取することや、時間を問わず大量に飲むことは逆効果です。妊娠後期や臨月に起きる頭痛を改善することができても、カフェインを摂取しすぎて脳が覚醒してしまっていては、今度は眠ることができず不眠を悪化させてしまいます。

次に経口補水液を飲む場合の注意点です。経口補水液となんとなく似ているという理由で、スポーツドリンクでも効果は一緒だと思うのは間違いです。スポーツドリンクでも水分不足は補えますが、商品によって効果にばらつきがあり、補水効果を低下させてしまうが場合があります。

また、スポーツドリンクは糖分を多く含んでいるため、血圧が上がることで頭痛を悪化させてしまう可能性もあるのです。スポーツドリンクではなく、必ず妊娠後期や臨月に起きる頭痛に効果的な経口補水液を選びましょう。

【まとめ】妊娠後期や臨月に起きる頭痛で眠れない日々を改善するには?

以上のことから、妊娠後期や臨月に起きる頭痛の症状を改善する方法には、次のようなものが考えられます。妊娠後期や臨月の妊婦さんで頭痛による不眠の症状を感じている方は、参考にできる情報があるかと思います。

◆妊娠後期や臨月の頭痛による不眠の症状の原因
妊娠後期や臨月の不眠の症状を引き起こすものに、頭痛があります。特にこの時期に起きる頭痛は普段感じるす頭痛ではなく、偏頭痛と呼ばれる特殊な頭痛です。偏頭痛が起きる原因は、次の通りです。

偏頭痛が起きる原因:
・女性ホルモンの分泌の増加や水分不足、妊娠高血圧症候群などによって、頭部の血管拡張が起き、血管の周囲の神経を圧迫・刺激することで頭痛が起きる。
・鉄分不足により脳に運ぶ酸素量が不足することで、血流量を増やすために血管が拡張され、血管の周囲の神経を圧迫・刺激することで頭痛が起きる。

◆妊娠後期や臨月の頭痛による不眠の症状の改善方法
・血管が拡張する行為を避けて血管を収縮させる。
 ‐入浴は避けてシャワーのみにする。
 ‐頭痛の箇所を直接濡れたタオルや保冷剤などで冷やす。
 ‐静かな暗い場所で休む。
 ‐16時以前であれば、少量のカフェインを摂取する。
・鉄分の中でも体に吸収されやすいヘム鉄をサプリメントで補う。
・体液と近い水分と塩分バランスで作られた経口補水液を飲み、より効率よく体に水分を補給する。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ