GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

生理中に起きる頭痛で眠れないのはなぜ?

女性にとっては切っても切り離せないものに、毎月の生理があります。生理中に起きる症状は様々ですが、その中でも頭痛に悩む女性は多数存在します。生理中の頭痛は通常時に起きる頭痛と比べ症状がひどく、その症状から眠れなくなってしまうこともあるほどです。

でもなぜ、生理中に頭痛が起きてしまうのでしょうか?また、なぜ生理中の頭痛によって眠れなくなってしまうのでしょうか?生理中に起きる頭痛の原因を解説し、最後にその改善方法を紹介します。

生理中に起きる頭痛も気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理中に起きる頭痛の原因とは?

生理のたびに頭痛が起きる人にとっては、なぜいつも頭痛が起こるのかが不思議に思うと思います。生理中に起きる頭痛には、生理ならではの原因が存在します。まずは、生理中に起きる頭痛の原因を解説します。

生理中に起きる頭痛には主に2種類の頭痛が存在します。1つは月経関連片頭痛、もう1つは緊張型偏頭痛です。この2つの頭痛にはそれぞれに原因が存在します。

ホルモンバランスの変化が原因の月経関連片頭痛

生理の前後では、女性の体内では様々な変化が起きます。女性ホルモンのバランスの変化もその1つです。女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、生理前に分泌量が増え、生理が始まるとともに分泌量が一気に減ります。このエストロゲンの急激な減少に伴って、セロトニンという脳内物質も減少します。すると、セロトニンの減少にあわせて脳内の血管が拡張しはじめてしまい、拡張した血管が神経を圧迫・刺激し頭痛が起きるのです。

この女性ホルモンのバランスの変化によって引き起こされる頭痛が、月経関連片頭痛と呼ばれる頭痛で、ズキズキと血管が脈をうつように痛む特徴があります。普通の片頭痛と比べ、痛みが続く時間が長く、痛みの度合いも強い傾向がみられます。

生理のストレスによる血行不良が原因の緊張型偏頭痛

もう1つの緊張型偏頭痛は、主に生理のストレスなどが原因で起きる頭痛です。後頭部から首筋の範囲でズーンと重く鈍い痛みが特徴の緊張型偏頭痛は、肩や首のまわりの筋肉が緊張・硬直することで血行が悪くなり、頭痛を発症してしまいます。

頭痛以外にも様々なつらい症状があらわれる生理は、女性にとって大きなストレスとなります。長時間常にストレスを感じ続けると、ついつい力が入ってしまって体を硬直・緊張させてしまうものです。これによって血行不良になり、緊張型偏頭痛が起きてしまうのです。

また、ストレスは神経も常に緊張状態にしてしまい、緊張した神経は少しの痛みでも過敏に反応してしまうことからも緊張型頭痛の原因にもなってしまうのです。生理中の様々な症状のつらさから、体を動かす気力がなくなり、何もせずじっとしてしまうことも多いと思います。こういった運動不足も血行不良の原因となり、緊張型頭痛を引き起こす原因にもなります。

生理中に起きる頭痛も気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理中に起きる頭痛と不眠との関係

生理によるホルモンバランスの変化やストレスが原因で起こる頭痛ですが、場合によっては不眠を引き起こしてしまうこともあります。生理中に起きる頭痛と不眠には大きな関係が存在し、不眠を引き起こす理由があるのです。

生理中に起きる頭痛によって不眠になるもっとも大きな理由は、頭痛の持続時間が長いことと痛みが大きいことにあります。特に月経関連片頭痛は少し動くだけでもズキズキと痛み、ひどい場合は吐き気も同時に感じてしまうこともあります。

この痛みや吐き気が就寝前に起きてしまうと、眠ろうと思っても簡単には眠れないものです。また、月経関連片頭痛は睡眠中に起こることもあります。月経関連片頭痛は睡眠の浅いレム睡眠中に起こりやすいという特徴があり、月経関連片頭痛の痛みで目が覚めてしまうのです。

体の緊張が原因の緊張型頭痛も同様に、就寝時まで引きずってしまうとなかなか眠りにつけないものです。実際に肩や首のコリやハリが気になって落ち着かない、どの体勢で寝ても首が痛い、という経験をしたことがある人は多いのではないでしょうか。また、就寝しようとするときに頭痛がきたらどうしようという不安も就寝の妨げとなり、不眠を招いてしまいます。

生理中に起きる頭痛と不眠には、さらにもう1つの関係性があります。それは、セロトニンの減少です。原因のところでも解説したように、生理が始まるとセロトニンが急激に減少してしまいます。セロトニンの減少は、睡眠ホルモンと呼ばれる眠るために必要な「メラトニン」の分泌を減少させることにつながり、体が眠りにつきにくい状態になってしまうのです。

生理中に起きる頭痛による不眠の改善方法

ここからは、生理中に起きる頭痛による不眠の改善方法を紹介します。何よりも重要なのは、不眠の原因になる頭痛をしっかり改善することです。薬を服用する方法や薬を使わない方法がありますので、あなたに合った改善方法を見つけて実践しましょう。

月経関連片頭痛にはトリプタン系薬剤を服用する

脳の血管の拡張で神経が圧迫・刺激されることで起こる月経関連片頭痛は、この脳の血管の拡張を元に戻すことが改善方法になります。脳の血管の拡張に作用する薬としてもっとも効果的ものが、トリプタン系薬剤です。

トリプタン系薬剤は、拡張した脳の血管を元に戻してくれることはもちろん、脳神経の中で一番太い神経である三叉神経の情報伝達もブロックしてくれます。三叉神経の情報伝達をブロックすることは、月経関連片頭痛がひどい時に現れる、吐き気などの症状も抑えることができるのです。頭痛や吐き気を抑えて毎日安心して眠れれば、不眠症の改善にもつながります。

緊張型頭痛は漢方の葛根湯(かっこんとう)を服用する

ストレスによる体の緊張で起こる緊張型頭痛は、体の緊張による血行不良を改善することが効果を発揮します。そして、肩こりや血行不良に効果的な漢方が、葛根湯(かっこんとう)です。風邪に効くイメージのある葛根湯(かっこんとう)ですが、実は体を温める効果もあり、緊張型頭痛にも使える漢方薬として知られています。葛根湯(かっこんとう)で血行改善し、頭痛と不眠症を改善しましょう。

◆葛根湯(かっこんとう)

月経関連片頭痛の頭痛で眠れない時の応急処置は、神経を圧迫する血管の拡張を沈めるために、頭痛の箇所を直接濡れたタオルや保冷剤などで冷却することです。冷却することで血管の拡張を沈め、ズキズキと痛む月経関連片頭痛の改善に効果を得られます。就寝前など、月経関連片頭痛が突然やってきたときに行ってみてください。

緊張型頭痛の頭痛で眠れない時の応急処置は、肩や首の凝りをほぐして、血行改善してあげることが効果的です。気持ち良い程度に自分でマッサージを行ってあげましょう。また、お風呂で体を温めることも血行改善に効果的で、不眠症の改善にもつながります。

生理中に起きる頭痛も気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理中に起きる頭痛が原因の不眠を悪化させること

先ほど紹介した生理中に起きる頭痛による不眠の改善方法ですが、やり方によっては症状を悪化させてしまう恐れがあります。最後に、生理中に起きる頭痛による不眠の改善方法の注意点を紹介します。

頭痛で眠れない時の応急処置として、月経関連片頭痛の場合と緊張型頭痛の場合を紹介しました。この2つは冷やすという行為と温めるという行為で、全くの正反対の改善方法です。自分では月経関連片頭痛と思っていたのに、実は緊張型頭痛だったという場合、頭痛箇所を直接冷却する改善方法は全くの間違いとなり、逆効果をもたらしてしまいます。

また、その反対の緊張型頭痛ではなく月経関連片頭痛だった場合も、体を温めることは頭痛を悪化させる危険性があります。まずはご自身の頭痛がどのタイプの頭痛なのかをしっかりと理解してから、改善方法を行うようにしましょう。このような間違った方法で生理中に起きる頭痛を悪化させてしまっては、当然のことですが不眠症も悪化させてしまうことになるので、十分に注意しましょう。

【まとめ】生理中に起きる頭痛で眠れないのはなぜ?

以上のことから、生理中に起きる頭痛で眠れない症状を改善する方法には、その根源の頭痛を改善するために次のようなものが考えられます。生理中の頭痛に悩まされている女性だったら、とりあえずやってみて損することはない方法ばかりですので、ダメ元でやってみてほしいです。ただ、頭痛が月経関連片頭痛なのか、緊張型頭痛なのかで対策が変わるので、ご自身の頭痛がどちらなのか判断を誤らないようにして下さい。

◆生理中に起きる頭痛の種類
・女性ホルモンのエストロゲンの急激な減少によって、脳内物質のセロトニンが減少し、併せて脳内の血管が拡張しはじめてしまい、拡張した血管が神経を圧迫・刺激して生じる月経関連片頭痛。
・長時間ストレスを感じ続けることで体を硬直・緊張させてしまい、肩や首のまわりの筋肉が血行不良になって生じる緊張型偏頭痛。

◆生理中に起きる頭痛の改善方法
月経関連片頭痛の改善方法:
・トリプタン系薬剤の服用により、拡張した脳の血管を元に戻し、脳神経の中の三叉神経の情報伝達もブロックすることで、吐き気などの症状も抑えることができる。
・神経を圧迫する血管の拡張を沈めるために、頭痛の箇所を直接濡れたタオルや保冷剤などで冷却する。

緊張型偏頭痛の改善方法:
・肩こりや血行不良に効果的な漢方の葛根湯(かっこんとう)を服用する。
・気持ち良い程度に凝っている箇所を自分でマッサージする。
・お風呂で体を温めて血行を改善する。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ