GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

花粉症の鼻水・鼻づまりで眠れないのを改善するには?

春になると多くの方が困るのがつらい花粉症ですね。日本人の約4割が花粉症だと言われていますが、多くの人が花粉症に悩まされていることでしょう。花粉症の症状の1つである、鼻水・鼻づまりのつらさから夜も眠れない、そんな方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回は、そんな花粉症による、鼻水・鼻づまりが起こる原因や対処法をについて細かく解説していきます。

花粉症の鼻水・鼻づまりも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症で鼻水・鼻づまりが起きる原因

花粉症の主な原因となっているのが、スギ科植物のスギ花粉です。2月から4月頃はスギやヒノキの花粉が舞う季節なので、外に出ると鼻の粘膜にアレルゲン(アレルギーの原因)がついて、慢性的に花粉が付着することで炎症を起こしてしまい、室内にいても鼻水や鼻づまりに悩まされてしまうのです。ちなみに、目の粘膜に花粉が付着すると、目のかゆみに繋がります。

花粉症の症状には、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどがあり、ほとんどが粘膜にアレルゲンが付くことが原因です。鼻の粘膜にアレルゲンである花粉が付着すると、ヒスタミンと呼ばれるアレルギーを誘発する成分が分泌してしまい、アレルギー反応であるくしゃみや鼻水が出る、というのが花粉症のメカニズムです。

体の中には、自身を守るための様々な抗体が存在しています。その1つがIgE抗体と呼ばれるものです。この抗体と花粉がくっつくと、体を守るために、ヒスタミン、ヒロイコトリエン、トロンポキンと呼ばれる物質が分泌されます。これらの物質が体内に入ってきた花粉を排除するために、花粉の侵入経路である、口やのどに攻撃を加えるのです。

ただ、この反応自体は体を守るために当然ともいえる行為で、先ほど紹介したヒスタミン、ヒロイコトリエン、トロンポキンの3物質が分泌されただけでは、実はそれほど体に大きな影響は出ません。ですが、この3つの物質が過剰に働いてしまうと問題が起こります。これが花粉症による鼻水や・鼻づまりの主な原因である、アレルギー反応です。

鼻や口周辺の感覚をつかさどる知覚神経に作用することによって、くしゃみや鼻水が止まらなくなるといった症状が引き起こされます。知覚神経が原因物資によって刺激されることで、鼻水、くしゃみという体を守るための反応が不必要に起こされてしまうことが症状として現れるのです。

また、鼻の内部にある、鼻甲介という粘膜が集中した部分でアレルギー反応が起こると鼻づまりの原因となります。鼻甲介は鼻の内部でカーテンのようにぶら下がっている器官です。ほこりやウイルスが体内に入ることを防いでいます。花粉が体内に入り、アレルギー反応が引き起こされると、鼻甲介の粘膜が炎症をおこし、そのことにより鼻の入り口付近にある鼻甲介は腫れ上がり、つらい鼻づまりが引き起こされてしまうのです。

花粉症の鼻水・鼻づまりも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症の鼻水・鼻づまりで眠れない理由とは?

さて、ここまでは花粉症によって、止まらない鼻水・鼻づまりが引き起こされる原因をご説明してまいりました。では実際のところ、これらの症状が与える影響によって、なぜ眠れなくなるのか、その原因についてみていきましょう。

花粉症による鼻水・鼻づまりで眠れなくなるのには、大きく分けて2つの原因があると言われています。1つが呼吸がしづらくなるということです。鼻水が出ている時や鼻づまりがひどい時には、呼吸がうまく出来なくなってしまい息苦しさで眠れないという状況に陥りやすいです。

その原因は、花粉症による粘膜の腫れです。先ほど説明したように、花粉によるアレルギー反応で鼻内部に炎症が起こり、鼻による呼吸が難しくなります。鼻の奥が腫れているので、空気の通り道が狭くなっているイメージです。このことが呼吸のしづらさを生んで息苦しさを助長しているのです。

また、単純に呼吸がしづらいだけでなく、鼻づまりにより鼻呼吸がしづらくなり、口呼吸をするようになると、あごや顔全体の動きによって呼吸の通り道である、気道が狭くなってしまいます。このことも息苦しさ、呼吸のしづらさに拍車をかけているのです。

そしてもう1つの要因が、鼻水が大量に出ることによる不快感です。アレルギー反応によって大量に出ている鼻水の行き先は、何も体の外だけではありません。鼻の内部を通って、のどに垂れてしまうこともあるのです。この際の異物感、気持ちの悪さも眠れない原因になっています。

花粉症は、免疫力が低下すると症状がひどくなります。睡眠不足は免疫力の低下につながってしまうので、余計に粘膜が腫れてしまう、そのせいで眠れない、という負のスパイラルに入り込んでしまうのです。快適な睡眠がとれるように工夫して、花粉症とうまく付き合っていくことが大切です。

花粉症の鼻水・鼻づまりを改善するには?

ここまでは主に、花粉症による鼻水・鼻づまり、そしてそのことによって引き起こされる不眠の原因を説明してきました。最後に鼻水・鼻づまりをどうすれば改善することができるのか、説明していきます。花粉症の鼻水・鼻づまりを改善する方法は、4つあります。寝る前に行うことで、快適な睡眠が手に入り、免疫力がアップするという一石二鳥です。

◆蒸しタオルで血流を良くする

濡れたタオルをビニールに入れて、レンジでチンするだけで作れる蒸しタオル。蒸しタオルを鼻に当てると、鼻全体が温まり呼吸しやすくなります。温めることで粘膜の血流がよくなるので、一時的に腫れがおさまり、血管や鼻腔の拡張効果が得られるためです。寝る前に蒸しタオルでじっくり温めることで、呼吸しやすくなり、息苦しさが改善されるので眠りにつきやすくなります。レンジで温めるのが面倒な場合は、カイロやお湯に浸したタオルでも代用可能です。

◆鼻うがいで汚れを落とす

鼻から水を入れて、口から吐き出すという「鼻うがい」には、粘膜に付着した汚れを落とす効果があります。特に、花粉の時期は花粉が付着したままになっていることが多いので、鼻うがいをすることで鼻腔内にあるウイルスやほこりを洗浄して、鼻づまり・鼻水のようなアレルギー症状が一時的に治まるのです。

用意するのは番茶と塩です。ぬるめの番茶に小さじ2分の1の塩を加えてよく混ぜます。片方の小鼻を押さえて、反対側の鼻から水を吸い込みます。一気に吸い込むと痛みが生じるので、ゆっくり吸うようにしましょう。吸った後は、息を吸うように呼吸すると口に流れてくるので、流しに吐き出すようにしましょう。うまく鼻うがいが出来ない場合は、鼻うがいが簡単にできるポンプが販売しているので、それを利用するようにしましょう。

鼻うがいを行う際には注意が必要です。鼻腔内の粘膜は非常に敏感ですので、誤った方法で行えば鼻腔内を傷つけ、場合によってはより症状を悪化させてしまう危険性があります。鼻うがい専用の商品を使用すれば、そのような危険性もありません。

例えば、小林製薬より発売されている、「ハナノア」です。価格は1,000円以下とお手頃で、かつ専用の薬液、鼻うがい用の容器も付いてくるので、何か特別なものを用意する必要はありません。

◆小林製薬の「ハナノア」

◆鼻炎薬を飲む

鼻炎薬は、1日2回服用することで鼻の粘膜にバリアをはってくれるというものです。寝る30分前に飲むと、寝るときには花粉症の症状が出にくくなっているので、快眠しやすくなります。花粉症の総合薬よりも、鼻の粘膜に特化している薬なので鼻水や鼻づまりといった鼻の症状に困っているときには、鼻炎薬を利用するようにしましょう。

◆アレルギー専用鼻炎薬

◆鼻水・鼻づまりを改善するツボを押す

小鼻の横に「迎香(げいこう)」と呼ばれるツボがあります。このツボを押すと、鼻づまりが改善されやすく、溜まっている鼻水が垂れてくるような感覚になります。蒸しタオルで鼻を温めた後、迎香を刺激してから鼻をかむとより高い効果を得ることが出来ます。

今回ご紹介した4つの改善方法を組み合わせることで、寝るときの鼻水・鼻づまりが改善されるのでぐっすりと眠ることが出来ることでしょう。さらに、免疫力を上げる食事をとることで、花粉症改善にもつながるので、出来そうな方法からやってみてはどうでしょうか。

花粉症の鼻水・鼻づまりも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症が原因の鼻水・鼻づまりを悪化させること

よく対策として紹介されている方法の中で、実は対処法として誤っているものを見ていきましょう。1つが、ヨーグルトなど花粉に効果的だと言われている食べ物を摂取するというものです。これらの食品が体に良いことは事実です。ただ、花粉症に直接的な効果があることは証明されていません。あくまでも民間療法の域を出ていません。確かに食べて体に悪いことはありませんが、食べたからといってすぐに良くなるわけではないのです。

もう1つが、花粉症の薬は症状が酷くなってから飲んだほうが効果的だというものです。これも正しくありません。花粉症の薬の多くは、花粉症の症状を抑える目的で作られたものではないのです。花粉症にならないように、アレルギーへの耐性を作ることを目的としています。つまり、急な症状の改善に対する効果をこれらの薬に求めることはできません。

【まとめ】花粉症の鼻水・鼻づまりで眠れないのを改善するには?

以上のことから、花粉症の鼻水・鼻づまりの症状を改善する方法には、次のような方法があります。比較的簡単に実践できる方法も多いですので、無理なく継続できそうな方法を選んで、実践してみて下さい。

◆蒸しタオルで血流を良くする
蒸しタオルを鼻に当て、鼻全体を温めることで粘膜の血流が改善し、血管や鼻腔の拡張効果が得られる。

◆鼻うがいで汚れを落とす
鼻うがいは粘膜に付着した汚れを落とす効果があり、鼻腔内にあるウイルスやほこりを洗浄して、鼻づまり・鼻水のようなアレルギー症状が一時的に治まる。鼻腔内の粘膜は非常に敏感であり、誤った方法で行えば鼻腔内を傷つけてしまうため注意が必要。

◆鼻炎薬を飲む
寝る30分前に飲むと、寝るときには花粉症の症状が出にくくなっているので快眠しやすい。鼻水や鼻づまりのような鼻の症状が辛いときは、鼻炎薬が効果的。

◆鼻水・鼻づまりを改善するツボを押す
小鼻の横の「迎香(げいこう)」というツボを押すと、鼻づまりが改善されやすく、溜まっている鼻水が垂れてくるような感覚になる。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ