GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

花粉症のくしゃみが原因の不眠は改善できるのか?

花粉症のくしゃみは多くの人が悩まされる症状で、何度も連続して起こるので不快感もなおさらです。花粉症でくしゃみが頻繁に出ていると、良質な睡眠がとれなくなり不眠の原因となってしまいます。不眠が続くと疲れも取れず、ますます体調は悪くなり悪循環です。ここでは、花粉症のくしゃみが原因の不眠はどうすれば改善できるのかをご紹介していきます。

花粉症のくしゃみも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症でくしゃみが起きるのはなぜ?

花粉症とは、スギやヒノキなどの花粉が原因となって生じるアレルギー疾患のひとつです。代表的な症状として、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、の3つの症状があります。

私たちの体は、異物(アレルゲン)を体内に侵入させないように排除する力を元々持っており、異物が侵入してきた時は免疫細胞が体を守ってくれます。免疫細胞はたくさんの種類があり、それぞれがしっかり連携を取り合うことで、さまざまなアレルゲンに対抗しています。

花粉(アレルゲン)という異物が鼻に侵入してくると、免疫細胞は「花粉が入ってきた」と他の免疫細胞に連絡します。連絡を受けた免疫細胞は「花粉に対抗する武器(抗体)を作って攻撃するぞ」と、花粉を体外に排出します。

花粉症の症状のくしゃみは、異物を外に出そうとする働きです。花粉症などのアレルギーによるくしゃみの場合は、連続して何回もくしゃみがでることが特徴です。このように、鼻に侵入してきた花粉を免疫細胞が体外に排出しようと戦っているので、くしゃみが出ているのです。

花粉症のくしゃみで眠れない理由

それでは、花粉症の症状がなぜ不眠症状を引き起こすのでしょうか。すぐに想像できるのは、入眠時に鼻がむずむずして、何度もくしゃみが出てしまい、寝つきが悪くなる、というものです。くしゃみ以外にも、鼻水、鼻づまりの症状が睡眠時の鼻呼吸を妨げてしまい、睡眠の質が悪化してしまいます。

アレルギー性鼻炎の患者に対して行われた睡眠に関する調査では、回答者の75%が睡眠で困っており、同年代の一般人に比較して、寝つきが悪い、夜中に目が覚める、熟眠できないなどの不眠症状が高い率にみられました。

花粉症のくしゃみで目が覚めてしまうと、朝までぐっすり眠ることができず不眠の原因となってしまいます。くしゃみは筋肉を大きく動かすので、体力も消耗して余計な疲れをためてしまうことにもなります。花粉症のくしゃみで眠れないという人の多くは、朝方のくしゃみに悩まされていると思いますが、朝方に花粉症のくしゃみで悩まされることを「モーニングアタック」といいます。

くしゃみと自律神経は密接に関係しており、就寝中はリラックスしている時に働く副交感神経が優位になっています。反対に、活動している時に働く交感神経が優位になっている時は、くしゃみを抑えてくれます。

就寝中に副交感神経が優位になっていた状態から、朝目覚める時に交感神経優位へと自律神経のバランスが変わっていくのですが、自律神経の交換は電気のスイッチのようにオン・オフで変わるものではなく徐々に変化していきます。この交換の時に、自律神経のバランスが崩れることによってモーニングアタックが起こりやすくなるのです。

また、花粉症の時期は鼻の粘膜が敏感になっているので、余計にモーニングアタックが起こりやすいということもあります。モーニングアタックを予防するには、就寝中に花粉を鼻に侵入させないことが重要です。花粉が体内に侵入しなければ、花粉症は起こりません。

花粉症のくしゃみも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症のくしゃみの改善方法

外出先から帰宅した時、窓を開けた時など、家の中にも花粉が入ってきます。なるべく花粉を家に持ち込ませないことが就寝中の花粉症によるくしゃみを改善するためには良いのですが、すべての花粉をシャットアウトするのはなかなか難しいのが現実です。就寝中の花粉症によるくしゃみを改善するおすすめの方法をご紹介します。

入眠時のくしゃみを軽減するためには、「寝室から花粉をシャットアウトする」「眠る前に鼻うがいをしたり加湿をして鼻水・鼻づまりを軽減させておく」「眠るときにマスクをする」「花粉症の薬(抗ヒスタミン剤や抗アレルギー薬など)を内服する」というものがあります。

◆寝室から花粉をシャットアウトする

花粉症のくしゃみを予防するためには、まず第一に眠るときに花粉と接触しないことが大切です。外出したあとに、ベッドに横になる、寝室に入ることは控え、入浴と部屋着に着替えてから寝室やベッドに入るようにしましょう。

◆眠る前に鼻うがいをしたり加湿をして鼻水・鼻づまりの症状を軽減させておく

眠る時点で、鼻水、鼻づまりなどの症状が強くでていると、鼻粘膜が敏感になってしまい、くしゃみや鼻水がひどくなり、眠りの妨げになってしまいます。ですから、眠る前に鼻うがいをしたり、鼻症状を軽減するアロマテラピーを活用したりして、鼻の通りをよくしておきます。アロマは、ユーカリやペパーミントなどの清涼感のある香りがお勧めです。

◆鼻症状を軽減するアロマテラピー

◆眠るときにマスクをする

就寝中に花粉が鼻に侵入することがくしゃみの原因です。マスクをして就寝することで、花粉を鼻に侵入させないというのが有効な改善方法です。マスクを鼻にもかければ、寝室の花粉やホコリから鼻粘膜を守ってくれますので、鼻粘膜への刺激を避け眠っているときのくしゃみを防ぐこともできます。

最近では、加湿に優れた「濡れマスク」や、息苦しくなりにくい布製のマスクなどが販売されています。他にも、花粉症用マスクというのがあるってご存知でしたか?特許出願中の静電気防止加工が施されており、花粉が着きにくいコーティングになっています。ミクロ繊維フィルターは99%花粉をブロックしてくれる優れものマスクです。大人の男性には少し小さいようですが、1枚108円とコスパも悪くないので、就寝用マスクにおすすめです。

◆花粉症用マスク

鼻水、鼻づまりがひどくなると、眠るときに口呼吸になってしまいます。口呼吸になると、喉を傷めやすくなります。眠るときにマスクをすると、口呼吸になった場合でも、喉に潤いを与え、呼吸を楽にしてくれます。

◆鼻周りを花粉からガードする

就寝時にマスクをするのは息苦しくて嫌だという人におすすめなのが、鼻周りに塗布することで花粉をブロックしてくれる花粉吸着防止ジェルです。反発イオン技術という特許技術を用いて、空気中の花粉を反発させてくれます。

◆花粉吸着防止ジェル

しかも、今販売されているのは花粉ブロック成分が20%も増量された新改良品なので、就寝中の花粉症によるくしゃみ改善にかなり期待できます。透明ジェルなので塗っていることが分かりにくいのも嬉しいポイントです。

◆花粉症の薬を内服する

花粉症のくしゃみを楽にするためには、やはり花粉症の薬を内服し、アレルギー症状自体を緩和することが効果的です。内科や耳鼻咽喉科で花粉症の薬(抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬など)を処方してもらえます。

◆花粉症の薬

なお、希望すれば、アレルギー検査を受けることができます。アレルギー検査を受けて、アレルギー反応を起こす花粉の種類を調べておくと、花粉の季節になる前に花粉症の薬を内服し始めることができます。

早めに花粉症の薬を飲み始めておくと、ほとんど症状が出ずに、快適に花粉の時期を過ごすことができます。一度アレルギー症状が出てしまうと、改善するまでに時間がかかってしまいますので、スギ花粉ならば1月下旬~2月初旬頃から花粉症の薬を飲み始めておくことが効果的です。

花粉症のくしゃみも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

【まとめ】花粉症のくしゃみが原因の不眠は改善できるのか?

以上のことから、花粉症のくしゃみの症状を改善する方法には、次のようなものがあります。花粉症のくしゃみが出てしまうメカニズムさえ分かっていれば、その原因を防ぐだけですので、決して難しくはありません。「これなら出来そうだ」と思える方法を選んで、実践してみて下さい。

◆寝室から花粉をシャットアウトする
外出後は、入浴と部屋着に着替えてから寝室やベッドに入る。

◆眠る前に鼻うがいをしたり加湿をして鼻水・鼻づまりの症状を軽減させておく
眠る前に鼻うがいや、鼻症状を軽減するアロマテラピーを活用し、鼻の通りをよくする。

◆眠るときにマスクをする
マスクをして就寝し、花粉を鼻に侵入させない。マスクを鼻にもかければ、寝室の花粉やホコリから鼻粘膜を守れる。また、眠るときにマスクをすると、口呼吸になった場合でも喉に潤いを与え、呼吸を楽にできる。

◆鼻周りを花粉からガードする
鼻周りに塗布することで花粉をブロックしてくれる花粉吸着防止ジェルを利用する。

◆花粉症の薬を内服する
内科や耳鼻咽喉科で花粉症の薬(抗アレルギー薬や抗ヒスタミン薬など)を処方してもらい、早めに服用を開始する。スギ花粉の場合は、1月下旬~2月初旬頃から花粉症の薬を飲み始めると効果的。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ