GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

花粉症の目のかゆみで眠れない日々を改善するには?


花粉症はある日突然発症します。春先だけでなく、1年中症状が出ることもあるので注意が必要です。放置していると重症化することもあるので、症状が出始めたらすぐに薬などを飲んで対処する必要があります。花粉症の症状の中でも、目のかゆみは眼球を取り出して洗いたくなるほどで、非常に辛い症状です。こんなに辛い花粉症の目のかゆみを引き起こす原因には、どんなものがあるのでしょうか。

花粉症の目のかゆみも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症で目のかゆみが起きるメカニズム

早速ですが、花粉症によって目のかゆみが引き起こされる原因について説明します。わたしたちの体には、「免疫機能」が備わっています。ウイルスなどの「異物」が体内に入ると、それを攻撃するために、様々な症状が出ます。花粉などは通常であれば、異物として認識されることはありませんが、花粉症になってしまう人はこの「免疫機能」が過剰に働いてしまい、害のない花粉ですら攻撃対象の異物として認識してしまいます。

このような体の反応をアレルギー反応と言いますが、アレルギー反応は外から体の中に異物が入ってきた時の免疫反応の1つです。そして外からの異物に対して過剰な反応が、アレルギーと言われるものです。

目の中の角膜内には、多くの免疫細胞が含まれています。そして、目の中の涙の中には、体の反応に影響を与えるタンパク質が多く含まれています。花粉が体に入ってくると、免疫細胞が刺激されます。そして、体の反応に影響を与えるタンパク質も免疫細胞が刺激されることで、活発に反応します。

直接目のかゆみの原因となっている物質は、「ヒスタミン」と呼ばれます。花粉が体内に入ってくると、「肥満細胞」という細胞から大量のヒスタミンが放出されます。このヒスタミンが目の中の粘膜を刺激します。そして、角膜の炎症や目のかゆみといった反応が起こってきます。これがアレルギー性結膜炎といわれるものになります。

花粉症の目のかゆみも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

花粉症の目のかゆみと不眠との関係

花粉症で目のかゆみが出て、眠れない原因として、「自律神経の乱れ」があります。体内に侵入した花粉を身体が「異物」として認識すると、からだは「戦闘モード」になります。大切な体の中に「悪い」とされるものが入ってきてしまった場合、すぐにでもそれを排除しなければなりません。体は緊張モードとなり、異物を排除しようとした結果、粘膜に炎症などを起こし、目のかゆみや鼻づまりなどの症状が出ます。

目がかゆい状態では、眠っていても脳が休まっていないため、起床後も頭がスッキリしません。目のかゆみによって途中で目覚めたり、なかなか眠れないといった不眠症につながるのです。深夜まで仕事をしていたり、日夜ストレスを抱えるような生活リズムを送っている人は、目のかゆみなどの症状が出やすくなり、夜眠る前にも強く症状が残ってしまいます。

睡眠中の脳の活動には2種類あります。レム睡眠とノンレム睡眠です。ノンレム睡眠は浅い眠りで脳は動いている状態です。そして、目の動きがある睡眠状態です。一方のレム睡眠は、脳と体が休んでいる睡眠状態になります。睡眠状態は浅い睡眠から深い睡眠へと進み、一定のリズムで浅い睡眠と深い睡眠を交互に行き来します。

深い眠りのレム睡眠の時は、交感神経の働きは抑えられ、副交感神経の働きが活発になります。深い睡眠のレム睡眠はリラックスしている状態ですが、ノンレム睡眠の時は起きている時と変わらない興奮状態で、交換神経が働いています。正常な睡眠の時は自律神経が正常に働いているので、副交感神経と副交感神経のバランスが取れています。

「交感神経」と「副交感神経」は自律神経と呼ばれるもので、緊張状態(交感神経)とリラックス状態(副交感神経)を交互に繰り返しています。そこで緊張状態が続きすぎたり、逆にリラックスしてばかりなどすると、自律神経が乱れてしまいます。自律神経と免疫機能は密接に関連しているので、免疫系がうまく働かなくなり、後に重篤な花粉症の症状を生み出すことになります。

目のかゆみで炎症を起こして涙が出るなど、目の動きがある状態では、ストレスを感じて深い眠りが作れません。ストレスがあると自律神経のバランスも崩れてしまって、脳が休まる深い眠りが作れなくなってしまいます。

「かゆみ」というのは、細胞が炎症を起こしている状態です。体内に入ってきた異物を排除するために、細胞は炎症を起こすのです。これは「免疫機能が過剰に働いている状態」です。なぜ普通は働くことのない免疫機能が過剰反応してしまうかというと、自律神経の乱れがあるからです。不眠も自律神経の乱れと大きく関係しています。簡単に言うと「生活のリズム」が崩れてしまっている状態です。不規則な生活は花粉症を悪化させるだけでなく、不眠の原因にもなります。

花粉症の目のかゆみを改善するためにできること

花粉症の目のかゆみを改善するには、目の中に花粉が入らないようにする必要があります。病院で処方される薬以外に、自分で改善できる方法はあるのでしょうか。辛い花粉症による目のかゆみの改善策をいくつか紹介していきます。

◆洗眼で目の汚れを洗い流す

まずは、花粉が入った時に目を洗うことが大切ですので「洗眼」です。製品はアイボンが有名ですね。コンタクトレンズを外したあとに、瞳全体を洗い流すようにして使います。これによって、眼球に付着した汚れや、花粉を洗い流してくれます。1日3~6回洗眼を行います。目の汚れを洗い流すことによって眼病の予防や花粉症などのアレルギー対策ができます。

◆アイボン

洗眼は、目の中の汚れだけでなく、目の周辺の汚れも洗い流すことができます。目には、ごみ・ホコリ・ウイルス・花粉などの「アレルゲン」(異物)が入り込みます。まぶたの裏側などは目薬では流せません。ですからアイボンで洗眼するのが効果的です。ただし、いくら目に良いからといって、洗眼のやりすぎは逆効果です。1日の用量を守って使いましょう。

◆目薬で手軽に目を洗浄

でも、洗眼は外出時は難しいですね。外出時などに手軽に目の洗浄できるものが目薬です。目薬は防腐剤が入っていな涙型の目薬がベストです。花粉が飛び交う時期は、1日に頻繁に使用する事になるでしょう。ですから、防腐剤が入っていると目に負担がかかります。また、涙型の目薬は水道水で洗うより目に負担がかかりません。

◆涙型点眼

他の目薬で有効なものには、【第2類医薬品】ロートアルガードクリアブロックZがあります。こちらは、特に目のかゆみに効きますので花粉症でお悩みの方にはぴったりです。成分には抗ヒスタミン成分が入っています。従来の一般用アレルギー用点眼剤を使っても効果が得られなかった方におすすめです。第2類医薬品なので、薬としての効果はなかなか高いです。ちなみに、第1類医薬品が薬としての効果は最も強いです。

◆ロートアルガードクリアブロックZ

また、コンタクトレンズは花粉症の時は出来る限り使用を避けて、この時期は眼鏡などを使用する方が良いでしょう。コンタクトレンズを使用する場合は、毎日取り換える使い捨てのものが良いでしょう。花粉やコンタクトレンズに付着するタンパク質の影響が少ないものが、目にも負担がかからず良いでしょう。

◆クールアイマスクで目の表面を冷却

花粉症の目のかゆみは、目の表面を冷やすことでかゆみが軽減されます。かゆみで我慢できない時はまぶたの上に濡れタオルなどを置くことでかゆみの改善となります。100円均一などでもクールのアイマスクがあるので利用できます。また、ネットでも購入できる冷間兼用のアイマスクもあります。

◆クール&ホットアイマスク

ここでご紹介の商品は100円均一で購入できるクール&ホットのアイマスクです。中は柔らかいジェル状のようなものが入っています。これを冷凍庫では30分以上、冷蔵庫の場合は2時間以上冷やして使用します。冷蔵室の場合、使い始める最初から柔らかい状態ですから、目にフィットしやすくて使い心地が良いです。

花粉症の目のかゆみも気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

【まとめ】花粉症の目のかゆみで眠れない日々を改善するには?

以上のことから、花粉症の目のかゆみの症状を改善する方法には、次のようなものがあります。花粉症の目のかゆみが起きてしまう原因を理解してさえいれば、改善方法は難しくはありません。あなたにも出来そうな方法を選んで、実践してみて下さい。

◆洗眼で目の汚れを洗い流す
眼球に付着した汚れや、花粉を洗い流す。

◆目薬で手軽に目を洗浄
目に負担を掛けない防腐剤が入っていな涙型の目薬や、抗ヒスタミン成分が入ったアレルギーに効果のある目薬で目を洗浄する。※コンタクトレンズは極力使用しない。

◆クールアイマスクで目の表面を冷却
冷たいアイマスクで目の表面を冷やすことでかゆみを軽減。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ