GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

肩こりが原因で起きる頭痛で眠れないのを改善する方法とは?


日常生活に支障が出てしまうほどの肩こりを抱えているという人は、日本人に多く見られます。そして、その肩こりが原因で頭痛も同時に発症してしまう、という人も多いのではないでしょうか。肩こりから頭痛が起きてしまうことが日常になると、この頭痛が原因で眠れない日々を過ごすことになり、不眠症まで引き起こすこともあります。

この肩こりが原因で起きる頭痛で眠れない日々を改善する方法はあるのでしょうか?今回は、肩こりが原因で起きる頭痛で眠れない日々を改善する方法を紹介します。まずは肩こりの原因と、肩こりが原因で起きる頭痛について解説します。

肩こりが原因で起きる頭痛も気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

肩こりから頭痛が起きる原因とは?

日本人の多くが抱える肩こりですが、この肩こりの主な原因は次の3つです。

◆「姿勢」

悪い姿勢をとり続けることは、肩の筋肉に負担をかけ、肩や首の血流を悪くすることになります。特にパソコンなどのデスクワークやスマホを見る前かがみの姿勢は、首を前に突き出し、両肩を丸めるような姿勢です。この姿勢は、首から肩の筋肉である背部筋群を常に緊張させてしまうことになり、血流を悪くし肩こりの原因となります。

◆「運動不足」

肩こりになる人は、首や肩の血流が悪くなっている人がほとんどです。運動不足で血流が悪いと、体が疲れやすく肩こりの原因にもなります。

◆「ストレス」

ストレスも肩こりの原因である血流の悪さを引き起こす原因です。日常生活や仕事など何らかのストレスを抱えている人は、体を慢性緊張させてしまっていて、常に肩に負担をかけてしまうことで肩こりになりやすいといえます。

肩こりが原因で起こる頭痛を主に「緊張型頭痛」と呼びます。この緊張型頭痛は、頭の筋肉や肩や首の筋肉が緊張することで起きてしまいます。肩こりの人は当然、肩の筋肉が緊張してしまっています。

また、肩こりの人は同時に首こりを起こしている場合がほとんどで、さらに肩・首の頸部の緊張や血流の悪さが影響して、頭の筋肉も緊張させてしまいます。肩こりによる肩や首の辺りの筋肉、さらに頭の筋肉の緊張が原因で緊張型頭痛が起きてしまうのです。

肩こりが原因で起きる頭痛も気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

肩こりが原因の頭痛と不眠との関係

肩こりが原因で起きる緊張型頭痛は、同時に不眠症を発症してしまう場合もあります。では、なぜ肩こりが原因の頭痛は不眠症を引き起こすのでしょうか?肩こりが原因の頭痛と不眠との関係について解説します。

まず1つ目の関係は、体の疲れやストレスがもっともピークに達する夜に頭痛が起きやすいということです。肩こりの頭痛の原因である肩や首の緊張や血流の悪さは、1日を終える夜に蓄積されています。その夜に頭痛が起きてしまうことで、痛みでなかなか眠れなくなってしまうのです。

もう1つは自律神経が大きく関わっています。緊張型頭痛は、肩や首の筋肉の緊張や血流の悪さとその影響による頭部の緊張が原因です。このように肩や首、頭部への緊張は、首や脳とつながっている自律神経を刺激し興奮させてしまいます。そして、自律神経を興奮させてしまうことは不眠症の大きな原因の1つなのです。

自律神経は交感神経と副交感神経の2種類が存在し、通常の就寝時には副交感神経が優位に働いています。しかし、自律神経が興奮したり乱れてしまっていると、交感神経を緊張させてしまい、副交感神経ではなく交感神経が優位に働いてしまうのです。交感神経は活発に動いている時や興奮している時に働く自律神経で、就寝時に交感神経が優位に働いてしまっていては、当然眠りにつくことはできないのです。これが、肩こりが原因の頭痛と不眠との関係です。

このように、肩こりが原因の頭痛と不眠とは大きな関係が存在しています。肩こりが原因の頭痛と不眠の関係をしっかり理解、改善に繋げましょう。

肩こりから起きる頭痛が原因の不眠の改善方法

肩こりの原因や肩こりから起きる頭痛の原因、そして不眠症の関係を解説してきました。ここからは、肩こりから起きる頭痛が原因の不眠の改善方法を紹介します。今回紹介する改善方法は3つです。自分にあった改善方法を見つけて、ぐっすり眠れる日々を取り戻しましょう。

◆自律神経を整える

肩こりや頭痛は同時に自律神経の乱れを引き起こし、不眠症も発症させてしまいます。深い眠りにつくためには、自律神経を整えることが不眠症の1つの改善方法になります。

アロマの香りは興奮してしまった交感神経を鎮める効果があります。就寝前にアロマ使用することで、自律神経を整えることができます。好みの香りを見つけて、心身をリラックスさせましょう。

他にも、体を温めることで、交感神経よりも副交感神経を優位にすることができます。副交感神経が優位になることで、交感神経を鎮めてゆったりと眠りにつくことができます。また。足湯で体を温めることも効果的です。これも肩こりから起きる頭痛が原因の不眠の1つの改善方法です。

◆軽い運動を生活スケジュールに取り入れる

肩こりになる人は、首や肩の血流が悪くなっている人がほとんどです。とくに運動不足の人は血流が悪くなってしまっています。生活スケジュールに少しでも運動を取り入れて、肩や首の血流を良くしましょう。日々の軽い運動で血流を良くすることができれば、不眠症の改善につながります。

◆起床時間と睡眠時間を一定にする

毎日の起床時間と睡眠時間にバラつきがあると、体内リズムが安定せず、より不眠を深刻化させてしまいます。起床時間と睡眠時間を毎日一定にするようにすることも不眠症の改善方法です。毎日同じリズムで過ごすことで、毎日同じ時間に眠気が来るようになり、眠りにつきやすくなります。また、長すぎる昼寝は夜の睡眠の妨げになります。昼寝をする場合は20〜30分程度にするようにしましょう。

肩こりが原因で起きる頭痛も気にならず眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

肩こりから起きる頭痛が原因の不眠を悪化させること

肩こりから起きる頭痛が原因の不眠の改善方法を紹介しましたが、この改善方法にもいくつかの注意点があります。正しく行うことで不眠に効果を期待できる改善方法も、間違いのある方法で行ってしまっては逆効果になってしまいます。症状を悪化させないためにも、今回紹介した肩こりから起きる頭痛が原因の不眠の改善方法の注意点を最後に解説します。

◆入浴の際は熱すぎるお湯は逆効果

体を温めて副交感神経を優位に働かせることができると紹介した入浴ですが、入浴の際の温度に注意点があります。入浴の際の温度が高すぎると体温が急激に上がってしまい、交感神経が興奮してしまうのです。41度以上のお湯に入浴することで交感神経が興奮してしまうと、心身も興奮してしまい睡眠の妨げになってしまいます。入浴の際は、38〜40度ぐらいのぬるま湯にしましょう。

◆就寝前の運動は不眠が悪化

軽い運動を生活スケジュールに取り入れることも紹介しましたが、運動を行うタイミングや時間に注意しましょう。夜や就寝前に運動を行ってしまうと、交感神経が興奮してしまいます。肩や首の血流は良くなっても、交感神経が興奮している状態ではなかなか眠りにつくことができず逆効果になります。肩こりから起きる頭痛が原因の不眠を改善するために行う運動の習慣は、朝やお昼など夜までに行うようにしましょう。

◆眠れないことを心配しすぎない

睡眠時間を一定にすることは不眠を改善する上で重要な習慣ですが、最初はなかなか同じ時間に眠る習慣をつけること苦労するかと思います。そういった場合、「早く眠らないと」と強く思いすぎないことも大切です。予定していた就寝時間が過ぎてしまってことを心配しすぎてしまうと、その心配がストレスとなってしまいます。

ストレスは自律神経を乱す大きな原因となってしまうので、不眠を悪化させてしまうことになります。眠れない時は本を読む、音楽を聴くなど、割り切って趣味の時間にしてストレスを感じないようにしましょう。

【まとめ】肩こりが原因で起きる頭痛で眠れないのを改善する方法とは?

以上のことから、肩こりが原因で起きる頭痛による不眠の症状を改善するためには、不眠の原因となっている頭痛を改善しなければなりません。肩こりが原因の頭痛は、緊張型頭痛と呼ばれる頭痛です。そのため、まずは緊張型頭痛の改善方法を試してみましょう。

◆緊張型頭痛の改善方法
・就寝前のアロマや足湯で副交感神経を優位にし、自律神経を整える。
・軽い運動を日々の生活スケジュールに組み入れ、肩や首の血流を改善する。
・起床時間と睡眠時間を毎日一定にし、体内リズムを安定させ眠気を誘発させる。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ