GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

生理前の肩こりで眠れないのはなぜ?


生理前の様々な症状の中で、特に肩こりに悩んでいるという女性は少なからず存在します。イライラや頭痛だけでなく、肩こりも生理前に起きる症状の1つなのです。そして生理前に起こる肩こりは、その症状の辛さから不眠症を併発することもしばしば。

しかし、なぜ生理前に肩こりは起きてしましょうのでしょうか?また、生理前に起きる肩こりと不眠にはどういった関係が存在するのでしょうか?ここでは、生理前に起きる肩こりと不眠について解説し、最後にその改善方法を紹介します。

生理前の肩こりで眠れない夜を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理前に肩こりが起きるのはなぜ?

◆生理前の肩こりの原因は「PMS(月経前症候群)」

生理を経験した女性であれば、生理前にイライラする、体調が優れないなど、何らかの体の変化を感じたことがある女性がほとんどかと思います。この生理の時に身体や精神に起きるあらゆる不調や不快感を、月経前症候群やPMSと呼びます。そして、生理前に起こる肩こりもこのPMS(月経前症候群)が原因なのです。

PMS(月経前症候群)は、生理が始まる日の3〜10日前頃から症状が表れます。人によって何らかの症状が現れます。主に、イライラや不快感などの精神的なものから、頭痛や便秘、乳房がはって痛いなどの身体的な症状が多くみられますが、肩こりの症状を発症する場合もあるのです。

特に普段から肩こりに悩まされている女性は、PMS(月経前症候群)で肩こりの症状がより強くなってしまう傾向があります。イライラや肩こりなど人によって症状や症状の重さに違いはありますが、女性のほとんどがPMS(月経前症候群)に悩まされているといえるでしょう。

◆PMS(月経前症候群)が起きる原因

では、なぜこのPMS(月経前症候群)は生理前に起きるのでしょうか?これには、月経の周期と、黄体ホルモンと卵胞ホルモンという2つの女性ホルモンが大きく関わっています。女性の身体には月経周期というリズムがあり、月経周期は黄体ホルモンと卵胞ホルモンによって作り出されています。

通常、黄体ホルモンと卵胞ホルモンは一定のリズムで分泌されていますが、生理前になるとこの2つの女性ホルモン量が急激に変動してしまいます。黄体ホルモンの分泌が増加し、逆に卵胞ホルモンの分泌は減少してしまうのです。この急なホルモンの変動によって、体に様々な症状を発症してしまいます。これがPMS(月経前症候群)が起こる原因であり、生理前に肩こりが起きる原因です。

生理前の肩こりで眠れない夜を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理前の肩こりと不眠との関係

生理前に肩こりが起こる原因を説明しましたが、その肩こりはなぜ不眠まで引き起こしてしまうのでしょうか?実は生理前に起きる肩こりと不眠には、いくつかの関係が存在し、その関係によって不眠が引き起こされているのです。

生理前に起きる肩こりの原因であるPMS(月経前症候群)は、女性ホルモンの1つである黄体ホルモンの分泌が増加します。この黄体ホルモンの影響で、体にむくみや血行不良が起きやすくなります。

体のむくみや血行不良は当然肩こりにも大きく影響し、肩こりの症状がひどくなってしまうのです。また、日頃から運動不足の人は、生理前には普段以上に体を動かさなくなり、より血行不良を深刻化させてしまいがちです。これも、肩こりの症状を悪化させる原因で、肩こりが悪化し痛みが増せば増すほど、ストレスが溜まってしまいます。

ストレスは、自律神経を興奮させ眠りの大きな妨げとなります。不眠症のもっとも大きな原因は、この自律神経の乱れや興奮ですので、肩こりによるストレスやイライラは不眠の症状を深刻化させてしまうのです。

また、生理前の肩こりの原因のところでも解説した通り、生理前はホルモンバランスが急激に変動します。急激なホルモンバランスの変動は、自律神経を乱す原因の1つであり、これも不眠につながる原因です。PMS(月経前症候群)によって肩こりが発症するのと同時に自律神経も乱れ、不眠症を引き起こしてしまっています。これが生理前の肩こりと不眠との関係です。

生理前の肩こりによる不眠の改善方法

生理前の肩こりや不眠との関係がわかれば、あとはその原因を元に改善していくだけです。次は、生理前の肩こりによる不眠の改善方法を紹介します。誰でも簡単にできる改善方法なので、明日からでもはじめてみましょう。

◆有酸素運動で血行不良を改善

肩こりの根本的な原因である血行不良を解消することで、肩こりを改善し不眠の症状にも役立てましょう。有酸素運動全身を使った運動のため、新陳代謝がアップし血行を促進してくれる効果が期待できます。有酸素運動は主に、ランニングやウォーキング、水泳などがあります。あなた合った有酸素運動で、血行不良を改善しましょう。

また、ランニングやウォーキング、水泳などの動きは腕を振ったりまわす動きのため、肩甲骨まわりの筋肉を動かします。肩甲骨まわりの筋肉を動かすことは、肩周辺の血行を促進してくれて、より高い効果が期待できるのです。凝り固まった肩の筋肉をしっかり動かすことで肩こりを改善し、不眠症を予防することができます。

有酸素運動を行う上で大事なのが、しっかり継続して続けることです。1週間や2週間だけでなく、2ヶ月や3ヶ月と長く続けられる自分に合ったペースで行いましょう。

◆食事やサプリメントでビタミンB6を摂取する

生理前の肩こりの原因であるPMS(月経前症候群)を軽減することも、生理前の肩こりによる不眠の改善につながります。PMS(月経前症候群)を軽減するには、ビタミンB6を摂取することがおすすめです。ビタミンB6は、PMS(月経前症候群)によって減少してしまった卵胞ホルモンの代謝を促進し、PMS(月経前症候群)の症状を軽減してくれます。

ビタミンB6は主にイワシやサバ、サンマなどの青魚かマグロの赤身、赤身の牛肉、牛レバーに豊富に含まれています。果物ではバナナにも含まれていますが、食事からの摂取が難しい場合はサプリメントからビタミンB6摂取しても問題ありません。ビタミンB6を摂取して、PMS(月経前症候群)の症状である肩こりを改善しましょう。

◆ビタミンBのサプリメント

◆食事やサプリメントでビタミンEを摂取する

ビタミンB6だけでなく、ビタミンEも生理前の肩こりに効果的です。ビタミンEには女性ホルモンの分泌を調整してくれる働きがあるため、PMS(月経前症候群)や生理痛、生理不順などの改善に効果があります。

また、血行を促進する作用もあり、血行不良が原因で起こる肩こりにも効果が見込めます。ビタミンEは、アーモンドのなどのナッツ類、カボチャ、ホウレンソウなどに豊富に含まれています。ビタミンEもサプリメントから摂取が可能です。

◆ビタミンEのサプリメント

生理前の肩こりで眠れない夜を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理前の肩こりが原因の不眠を悪化させること

生理前の肩こりが原因の不眠を改善する方法を紹介しましたが、改善方法と同じく非常に重要なことが、症状を悪化させないことに繋がります。もしかすると、あなたの習慣や行動に生理前の肩こりが原因の不眠を悪化させるものがあるかもしれません。最後に生理前の肩こりが原因の不眠を悪化させないための注意点や、間違いについて解説します。

まず、肩こりの原因である血行不良を改善してくれる有酸素運動ですが、有酸素運動を行うタイミングに注意点が存在します。有酸素運動は就寝前の3、4時間前までに行いましょう。就寝の直前などに行なってしまうと、自律神経が興奮してしまい不眠の症状を悪化させてしまいます。就寝直前の有酸素運動は逆効果となってしまうため、注意しましょう。

改善方法の1つとして、ビタミンB6やビタミンEを摂取することを紹介しましたが、この2つの栄養素ばかりを摂取していてはいけません。生理前の肩こりが原因の不眠の改善に効果があるからといって、偏りすぎた食事をしてしまっていては逆効果です。あくまで栄養バランスの取れた食事をしっかり摂取することにプラスして、ビタミンB6やビタミンEを豊富に摂取するよう心がけてください。

【まとめ】生理前の肩こりで眠れないのはなぜ?

以上のことから、生理前の肩こりが原因による不眠の症状を改善するためには、PMS(月経前症候群)による肩こりや自律神経の乱れのメカニズムを理解した対処が必要です。普通の肩こり改善だけではなく、自律神経の乱れにも効果のある改善方法を積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

◆生理前の肩こりの改善方法
・ランニングやウォーキング、水泳などの有酸素運動を継続し、特に肩周りの血行不良を改善。
・イワシやサバ、サンマなどの青魚かマグロの赤身、赤身の牛肉、牛レバーなどに含まれるビタミンB6を意識的に摂取し、PMS(月経前症候群)によって減少してしまった卵胞ホルモンの代謝を促進。
・アーモンドのなどのナッツ類、カボチャ、ホウレンソウなどなどからビタミンEを摂取し、女性ホルモンの分泌を調整。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ