GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

生理中の腰痛で眠れない症状は改善できる?


「生理中に腰痛がひどくて、いつも辛い思いをしている」といった声が聞かれるように、様々な症状が発症する生理ですが、腰痛が発症するという女性も少なくありません。体の中心である腰の痛みは、1度発症してしまうとなかなか眠りにつけなくなってしまうものです。生理中の腰痛で不眠が続いてしまう、ということもしばしばあるのです。

今回は、そんな生理中の腰痛で眠れない症状について解説します。なぜ生理中に腰痛が起きるのか、そしてなぜ眠れなくなってしまうのかを解説し、その改善方法をご紹介します。ここでご紹介する改善方法を実践すれば、生理中の腰痛と不眠を改善し調子の良い毎日を送れます。

生理中の腰痛で眠れない夜を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理中の腰痛の原因には何がある?

まずは、生理中の腰痛の原因いついて解説していきます。生理中の腰痛は、主にこういったことが原因で起きてしまっています。

骨盤の歪み

生理中は胎盤の元となった経血が体の外へ出ていきますが、女性の体はその経血をスムーズに排出するために骨盤を開きます。これは、主に妊娠時に分泌が増える「リラキシン」という女性ホルモンの働きで、骨盤の関節や靭帯をゆるませることで赤ちゃんが産道を通れるようにするといった役割があります。

生理中も経血を排出するためにこのリラキシンが分泌され、その作用で骨盤内の関節や靭帯がゆるみます。骨盤内の関節や靭帯がゆるむことで、体の中心である骨盤全体がぐらついてしまい、体は不安定な状態になってしまいます。

すると、不安定な状態の骨盤はふとした動きでも骨盤内を通る神経を圧迫してしまったり、骨盤をサポートするために骨盤周辺の筋肉に無駄な負荷がかかってしまうのです。こういった神経の圧迫や筋肉への負荷が、腰の痛みへとつながり腰痛を発症してしまいます。これが、生理中の腰痛の1つの原因です。

血流の悪さ

生理が始まるとなんだか体が冷えてくるという女性は多いと思いますが、この冷えは、生理中に「プロスタグランジン」という物質の分泌量が増えていることが影響しています。このプロスタグランジンは、子宮を収縮させることで生理中の経血を体外に排出する役割を担っていますが、この収縮の際に同時に周辺の筋肉も収縮させることになってしまいます。

腰周辺の筋肉を収縮させることは骨盤内の血流を悪くし、それに伴って腰周辺も血行不良になります。肩や首の血行不良で肩こりなどが発症することと同じように、血行不良になることで腰周辺に痛みが発生してしまうのです。これが、血流の悪さが腰痛を引き起こす原因です。

また、プロスタグランジンの影響で子宮の収縮が激しくなり過ぎると、子宮自体にも痛みが起きてしまいます。子宮の痛みは、背骨とつながっている骨盤にある仙骨の痛みに影響してしまうため、その痛みが腰痛と感じてしまっていることも原因となっています。

子宮内膜症や子宮筋腫などの病気

腰痛と感じているその症状は、実は子宮に関する病気である可能性もあります。腰痛と勘違いしてしまいがちな病気は「子宮内膜症」と「子宮筋腫」の2つです。

1つ目の子宮内膜症という病気は、子宮の内側を覆うように存在している子宮内膜や子宮内膜とそっくりの組織が、子宮以外の場所に発生してしまう病気です。主に、卵巣や卵管、腹膜や腸など様々な場所に発生してしまいます。その組織は子宮内膜と同じように出血を繰り返しますが、体外に排出できる子宮内膜とは違い、血液がおなかの中にたまってしまいます。そのたまってしまった血液が、強い痛みとなってあらわれてしまうのです。

もう1つの子宮筋腫は子宮の中にできる良性の腫瘍で、この腫瘍が内出血することで組織が壊死・変性し痛みとなってあらわれます。良性の腫瘍でガン化することはほぼないですが、妊娠しにくくなったり、流産しやすくなる場合もある病気です。

生理の度に腰痛が悪化していたり、生理痛の痛み止めが効かなくなってきているという人は、これらの病気を疑った方が良いでしょう。すぐに病院に相談してください。

生理中の腰痛で眠れない夜を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理中の腰痛と不眠症との関係

生理中の腰痛の原因はわかりましたが、なぜ生理中の腰痛が不眠症の発症を引き起こしてしまうのでしょうか。次は、生理中の腰痛と不眠症の関係について解説します。

生理中の腰痛と不眠症の関係には、先ほど解説した腰痛の原因である、血流の悪さと骨盤の歪みが大きく関係しています。なぜなら、血流の悪さと骨盤の歪みは身体的にも精神的にもストレスの原因となり、そのストレスが不眠症の原因となるからです。血流が悪くなることは、体の血の巡りが悪くなることであり、それは脳の血流にも影響を及ぼします。

脳の血流の低下は自律神経の乱れの原因であり、自律神経の乱れは不眠症の大きな原因です。また、骨盤の歪みは体のバランスを大きく崩す原因であり、体のバランスが崩れることは体の様々な不調の原因となり、ストレスを蓄積させてしまいます。このストレスも自律神経を乱す大きな原因であり、血流の悪さと同様に不眠症の原因となってしまうのです。

ストレスは、不眠症の大きな原因である自律神経を乱す大きな原因の1つです。このストレスを、生理中の腰痛の原因である血流の悪さと骨盤の歪みによって蓄積させることで、不眠症を引き起こしてしまいます。これが生理中の腰痛と不眠症との関係です。

生理中の腰痛を改善する方法とは?

ここからは、生理中の腰痛と不眠を改善する方法をご紹介します。生理中の腰痛と不眠を改善する方法は、この3つです。

腰痛と不眠症に効くツボを押す

「三陰交」
腰痛の原因である冷えを改善してくれるツボが三陰交です。生理中の様々な痛みや症状に効果のあるツボで、腰痛も軽減してくれます。三陰交の場所は、内側のくるぶしから指4本分上の場所にあります。すねの骨の内側です。体がじっくり温かくなることを感じながら、ゆっくり押しましょう。この三陰交にお灸をすることも効果的です。

「安眠」
名前の通り、安眠できるツボとして有名です。体の緊張をほぐしてリラックスする効果があります。
体を整えることで、自律神経を整えることにつながります。安眠の場所は、耳のすぐ後ろにある下に向けて出っ張っている骨から指の横幅2本分後ろの位置です。

不眠症の人はこの安眠を少し抑えると、硬かったり痛みを感じます。頭の後ろから反対側の手をまわして、中指で10秒から20秒程度押しましょう。この押し込みを5~10回ほど繰り返すことで効果が出てきます。

「完骨」
耳のすぐ後ろの下に向けて出っ張っている骨のすぐ後ろのくぼみにあるツボが完骨です。完骨は自律神経を整える効果のあるツボで、不眠症に効果が期待できます。完骨は、親指で上に押し上げるようにゆっくり押しましょう。5秒間ほどかけてゆっくり力を加えてください。これを10回ほど行うことで、睡眠を助けてくれます。

◆「安眠」と「完骨」

ハーブティーで自律神経を整える

ハーブティーには自律神経を整える効果があります。生理中に起こる腰痛が原因の不眠は、ストレスによる自律神経の乱れが大きな原因です。もっとも効果の見込めるハーブティーは、不眠症を解消できることで代表的なカモミールです。ハーブティーを飲むことで自律神経を整え、不眠症を改善しましょう。

◆カモミールのハーブティー

血行不良に効く漢方を飲む

生理中に起きてしまう血流の悪さ、血行不良は腰痛の大きな原因の1つでした。この血流の悪さや血行不良に効果的な漢方を飲むことで、生理中の腰痛を改善しましょう。特におすすめの漢方が、桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)という漢方です。血行不良を改善することはもちろん、骨盤内・下腹部の血行不良、生理痛などにも効果があります。また、冷えを改善する効果もあるため、生理中の腰痛にぴったりの漢方です。

◆桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)

生理中の腰痛で眠れない夜を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

生理中の腰痛を悪化させて不眠を酷くすることとは?

生理中の腰痛による不眠の改善方法をご紹介しましたが、これには注意点も同時に存在します。どれだけ効果のある改善方法でも、正しく行わなければ改善の効果は得られません。効果を得られないどころか、逆に症状を悪化させてしまうなど、逆効果になることもあります。生理中の腰痛による不眠の改善方法の行い方に間違いがないよう、最後に改善方法の注意点を解説しておきます。

改善方法の1つであるツボを押す際に注意点がいくつか存在します。ツボを押した後にツボから手を離す際、勢いよく離さないこと。勢いよくパッと話してしまうと、神経を過剰に刺激してしまうことになるため、ツボ押しの効果を得られません。むしろ、神経を刺激してしまうことで、自律神経を興奮させてしまい、余計に眠れなくなってしまいます。ツボを押す際はゆっくり押してゆっくりと離すことを心がけましょう。

また、ツボ押しは長時間やり過ぎてしまうことも逆効果になってしまいます。ツボは体への影響が非常に大きい行為のため、過剰に行うと筋肉を傷つけてしまうので注意しましょう。

また、ハーブティーを飲む際は、カフェインの有無に注意しましょう。基本的にハーブティーにはカフェインは含まれていませんが、ハーブティーと同じと思ってカフェイン入りの紅茶を飲んだり、お茶を飲むことは間違いです。カフェインは興奮作用のある成分のため、就寝前に飲んでしまうと不眠を解消するどころか逆効果となってしまいます。必ずカフェインの含まれていないハーブティーを飲みましょう。

【まとめ】生理中の腰痛で眠れない症状は改善できる?

以上のことから、生理中の腰痛が原因による不眠の症状を改善するためには、その腰痛の原因を解消する必要があります。腰痛の原因に、血流の悪さと骨盤の歪みですので、それぞれを改善する方法にまずは取り組んでみてはいかがでしょうか。

◆生理中の腰痛の改善方法
・「三陰交」「安眠」「完骨」などの腰痛と不眠症に効くツボを押す。
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)のような血行不良と冷えを改善する漢方を服用する。

また、生理痛の腰痛が原因による不眠であれば、ハーブティーを積極的に飲んで自律神経を整えると、不眠の症状を改善することが見込まれます。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ