GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

眠い上にだるくてめまいがするのはなぜ?

仕事中や家事をしているときに、眠気やだるさに襲われたことはありませんか?めまいがプラスされた時には立っていられないので、横になりましょう。めまいが起きたときに転んだり、倒れたりしてケガすることが多いので、無理をしないですぐに休むことも大切です。横になっても改善されない場合は、身体に異変があるかもしれないとを疑ってみましょう。今回は、眠気やだるさとめまいの原因とそれぞれの関係を明らかにしてみたいと思います。

体のだるさやめまいに関係なく眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

眠気とだるさとめまいの原因とは?

眠気・だるさ・めまいの3つが組み合わさる病気はいくつかあります。貧血、自律神経失調症などが原因で眠気・だるさ・めまいが起きている場合があります。女性は月に1度月経があるので、貧血の人が多いです。鉄欠乏になると、体内に酸素を行き渡らせられないため、酸素が足りなくてだるさ・めまいなどの症状が出てきます。また、身体の不調を改善しようと、身体が眠気を生むので、眠気・だるさ・めまいなどが起きやすいです。

自律神経失調症は、ホルモンバランスが乱れやすい女性に多い病気のひとつで、眠気、だるさ、めまいに加えて、冷え性、汗が異様に出る、動悸なども症状に現れます。食生活や生活習慣を整えることで改善することもあれば、通院しないと改善しないこともあるので、注意の必要な病気です。

めまいの原因は他にもあります。貧血や血圧の変化でも起きることがあり、血糖値が高くなっている状態、総コレステロール値が高くなっている場合は血液量に変化があるのでめまいの原因になります。

体のだるさやめまいに関係なく眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

眠気とだるさとめまいは血糖値との関係がある?

食後に眠くなるのは血糖値が上がるからだ、というのはよく知られていますね。食事によって血糖値が上がるので、脳脊椎液中のブドウ糖濃度が変化してオレキシンという脳内物質の分泌が止まります。オレキシンが分泌されているときは覚醒し、分泌されなくなると眠くなります。

空腹中枢を刺激されると血糖値は下がり、満腹中枢を刺激されると血糖値が上昇するのです。これを繰り返しながら、私たちの身体は栄養を身体に行き渡らせているのです。

血糖値を下げてくれるのがインスリンですが、インスリンの働きが良すぎると「低血糖」状態になってしまいます。血糖値の正常値は約70~110mg/dLなので、これ以下になってしまうと低血糖ということになります。低血糖の状態が続くと、身体を動かすのが億劫になる倦怠感やだるさが生じます。倦怠感がある状態で動こうとすると、めまいを感じることもあります。

食事をした後に血糖値が上昇して眠気が起き、だんだんと血糖値が下がってくると、今度はだるさやめまいが生じることもあります。低血糖の状態が続くと糖尿病などの病気になりやすかったり、意識障害などを起こしやすかったりと、身体に大きな負担を与えます。

食事をしてから眠気が起きたり、だるさやめまいが起きたりするときは血糖値が影響している可能性があります。また、低血糖状態では空腹を感じることがあるので、だるさやめまいと一緒に空腹を感じている場合は、血糖値が原因の可能性が高いです。

眠気とだるさとめまいはコレステロール値との関係がある?

人間の身体は血液の流れが悪くなると、だるさやめまいの症状が出ます。さらに、そういった不調を改善させるために、身体が意図的に眠気を誘うことがあります。

コレステロール値が高くなると、コレステロールが血管壁にへばりついてしまって、血液が流れにくくなります。コレステロール値が高い状態を放置してしまうと、身体のだるさやめまいなどの症状が出てきます。悪化すると、動悸や息切れが増え、動脈硬化の原因にもなってしまいます。動脈硬化が進むと狭心症、心筋梗塞などの発症割合も高くなっていくので、健康診断の時にコレステロール値が高くなっていないかをしっかり確認しましょう。

コレステロールが豊富な脂質の多い食べ物やジャンクフードを食べたり、ストレスを溜めたりするとコレステロール値は上がります。青魚に含まれるDHA、トマトに含まれるリコピン、大豆や卵に含まれるレシチンはコレステロール値を下げてくれます。特に、レシチンは血管壁にへばりついたコレステロールを取り除いてくれるので、動脈硬化予防にもなります。

体のだるさやめまいに関係なく眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

血糖値とコレステロール値を適正に保つ方法

体のだるさやめまいを改善するためには、血糖値とコレステロール値を適正に保つことが必要です。ここでは、血糖値とコレステロール値を適正に保つための方法をご紹介します。

(1)食事は低GIのものを選ぶ

空腹になると血糖値が下がり、満腹になると血糖値が上がるということは変わらないので、血糖値が上がりにくい食事を摂るようにしましょう。GIとは、Glycemic Index(グリセミック・インデックス)の略で、血糖値の上昇具合を表します。つまり、GIが高い食べ物を食べると血糖値が激しく上昇する、低GIのものを食べると血糖値の上昇を抑えることができるということです。GIが低いほうが糖質の吸収が緩やかなので、生活習慣病の予防や糖尿病の改善として注目されています。

・GI70以上(高GI)の食材:白米、食パン
・GI56~69の食材:パスタ、うどん、肉類
・GI50以下(低GI)の食材:そば、大麦、玄米、野菜

野菜などは低GIの代表なので、野菜中心の食事に変えることで血糖値の上昇を緩やかにして、正常に保つことが出来ます。野菜中心の食生活であれば、コレステロール値も高くなりにくいです。

(2)高たんぱく・ビタミンを豊富にとる

お肉を食べるときに、脂身の少ないささみなどの高たんぱくなお肉を食べるようにすることで、コレステロール値を正常に整えてくれます。また、たんぱく質とビタミンを同時に摂取すると血液が作られるので、血糖値の調整がしやすくなります。血液が作られるので、貧血の人も積極的にたんぱく質とビタミンを摂るようにしましょう。

(3)食物繊維も積極的に食べる

水溶性の食物繊維を食べると、コレステロールの吸収を抑えてくれるので、コレステロール値を適正にしたいという人には効果的です。にんにくやごぼう、オクラに水溶性の食物繊維が含まれています。納豆も同様なので、食事にプラスしてコレステロールの値を整えるようにしましょう。

(4)居酒屋やジャンクフードを避ける

居酒屋で食べられる食事や、ジャンクフード、コンビニの食事などは避けるようにすると、血糖値やコレステロール値を適正にすることが出来ます。居酒屋やジャンクフードの食事には悪玉コレステロールが多く血管壁にへばりつきやすいので、食事をする場所を変えるだけでも効果があります。

(5)生活習慣を整える

夜間に食事をする人は、コレステロール値が上がりやすい傾向にあります。不規則な生活であっても、食事の時間を決めるようにしましょう。早寝早起きなどを実践して、寝る時間を決めることで体のだるさやめまいでの不眠の対策にもなります。眠れないというときこそ生活習慣を整えていきましょう。

(6)漢方を飲む

漢方には血糖値を整えるものや、コレステロール値を整えてくれるものがあります。「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」には、血液の流れを整えてめまいを取り除く効果があります。ぐるぐる回るようなめまいにも、ふらふらしてしまうめまいにも効果があるため、めまいを感じたら飲んでみると改善が期待できます。

利尿作用もあるので、身体の中の不純物を体外に排出する効果や、消化器官の働きをサポートする働きもあるので、身体全体の調子を整えてくれます。漢方は身体に負担が少ない薬で、ドラッグストアでも購入することができます。眠気やだるさ、めまいなどが酷い場合は、漢方の「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」を一度服用してみると改善が期待できます。

◆漢方の「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」

【まとめ】眠い上にだるくてめまいがするのはなぜ?

以上のことから、眠気・だるさとめまいの原因には、血糖値とコレステロール値の変化があると言えます。血糖値とコレステロール値のコントロール方法は幾つかありますので、あなたにとって取り組みやすい改善方法から軽い気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

◆血糖値をコントロールするための改善方法
・野菜などの低GIの食材を中心とした食生活に変える
・居酒屋の食事やジャンクフードを避ける
・「苓桂朮甘湯(りょうけいじゅつかんとう)」のような漢方を服用する

◆コレステロール値をコントロールするための改善方法
・たんぱく質とビタミンを積極的に摂取する
・オクラや納豆のような水溶性食物繊維を多く含むものを摂取する
・血糖値同様に、居酒屋の食事やジャンクフードを避ける
・生活習慣を整え、食事の時間を規則的に保つ

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ