GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

肩こりで眠れない日々を改善するには?

肩こりとは、首や肩の辺りが重くなっていたり、だるくなっていたり、痛みを感じることをいいます。そういった症状を「肩こり」と呼んでいて、肩こりは改善しないとどんどん悪化することでも知られています。症状が悪化すると、肩こりの痛みで眠れない場合もあるほどです。今回は、この「肩こり」について、肩こりが起きる原因と眠れなくなるメカニズムを説明しようとと思います。

つらい肩こりに関係なく眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

肩こりが起きるメカニズム

肩こりが起こるメカニズムとしては、末梢神経に影響があると脳で興奮物質であるドーパミンが分泌されます。ドーパミンが分泌されると筋肉が緊張状態になってしまうので、肩こりを引き起こしてしまうのです。末梢神経に影響を与えることは、いくつかの原因があると考えられています。

・姿勢が悪く、猫背になりがちな人
・運動不足な人
・疲れている、過労の人
・ストレスが溜まっている人

こういった人は末梢神経に異常をきたしやすいので、注意が必要です。姿勢の悪い人は末梢神経に影響を起こしやすいため、肩こりがつらい時には腕を回したり、ストレッチをしたりすると改善されることがあります。運動不足の人は肩の周りの血流が悪くなり、肩こりの原因になりやすいです。また、過労や疲れ、ストレスが溜まっていると肩こりにつながりやすく、これはストレッチでは改善されにくいので、対策が必要になります。

長時間同じ姿勢でいるデスクワークの人や、パソコンやスマホを使っている人は、眼精疲労に悩まされているケースが多いでしょう。他にも、仕事内容が荷物を運んだり指先の細かい作業が多かったりすると、寒さによって肩こりが引き起こされることがあります。どれも末梢神経に影響を与えるので、ドーパミンが筋肉を緊張状態にすることによって肩こりが引き起こされます。

つらい肩こりに関係なく眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

肩こりで眠れないのはなぜ?

睡眠には自律神経が大きく関わっています。自律神経は、交感神経と副交感神経の2つに分かれていて、昼間に活動をしている時には交感神経が優位になっている状態です。興奮している状況では、どちらかというと交感神経が優位になっている状態です。それに対し、睡眠をとるときには副交感神経が優位になっている必要があります。副交感神経はリラックスしているときに優位になります。

肩こりが酷い時には、脳に興奮ホルモンであるドーパミンが分泌されて、筋肉が緊張している状態になっているので、交感神経が優位になってしまって不眠の症状が出てしまうのです。女性は男性よりも自律神経が乱れやすいので、肩こりからくる不眠の症状が出やすいのです。

さらに、肩こりが悪化しているときには、肩こりの痛みでうまく寝付けない、寝ている時でも痛みで起きてしまうということも起こり得ます。肩こりを改善しないと、根本的な不眠改善にはつながらないので、肩こりが酷くて眠れないという人は、肩こりが原因の不眠の可能性が高いです。

肩こりを改善して眠れるようになる方法

肩こりを改善することが出来れば、脳内のドーパミンの分泌も少なくなっているということになるので、副交感神経が優位になると考えられます。不眠の状態が続いていると、ストレスが溜まってしまい、さらに肩こりが悪化してしまうという悪循環に陥ります。肩こりの症状が出ている時には改善方法を実践してみましょう。

(1)適度に運動を行う

肩こりは肩の周りの血行不良によって引き起るので、適度な運動は大切です。ウォーキングをしながら腕を前後にしっかり動かすことで、肩こりの改善につながります。運動の時間が取れない人も、肩を回す運動を取り入れることや、ラジオ体操などを取り入れることで、運動不足を解消することが出来ます。

同じ姿勢でいることが多い人は、1時間に1度は肩を動かしてみましょう。お風呂上りに全身のストレッチを行うことも効果的です。肩周り・首周りを念入りにマッサージやストレッチを行うと肩こりに効果的なので、無理しない程度にほぐしていきましょう。マッサージを行うときにはクリームなどを使って行うとよいです。

(2)朝起きたら太陽の光を浴びる

太陽の光を浴びると交感神経と副交感神経が整いやすいといわれているため、朝起きたら太陽の光を浴びてラジオ体操をするなど健康的な生活を行うようにしましょう。生活リズムを整えることも効果的なので、食生活や睡眠時間を整えるようにしましょう。早寝早起き、健康的な食生活は身体によい効果ばかり与えます。

(3)リラックスする

緊張状態やストレスが溜まっている状態だと交感神経が優位になりやすいので、リラックスできるような環境作りも大切です。お風呂に入る時には湯船につかって全身のマッサージをしたり、お気に入りのバスボムを使ったり、お風呂でリラックスできるように心がけましょう。

お風呂では血行も改善されるので、ストレス解消もしやすいです。肩こりが酷い人は、お風呂の入り方を見直すだけでも効果があります。それ以外にも、アロマオイルを焚いてリラックス出来るように心がける、美味しいものを食べるなど、ご褒美を作ってストレスのない生活になるようにすることも大切です。

(4)マッサージを受けに行く

エステや全身のもみほぐしなどの施設で全身のケアをすることも効果的です。肩周りや首周りを中心にマッサージをしてもらうことで、肩こりは改善されます。肩こりの度合いによってはほぐしきれないということもあるので、複数回通う必要が出てくるかもしれません。

(5)肩こりに効果的なお灸を使う

最近家庭で簡単に出来るお灸が話題になっています。体に乗せるだけで簡単に肩こりを解消することが出来るというものです。家庭用なので熱くなく、じんわりと肩周りを温めてくれるアイテムなので、肩こりで悩んでいる人は実際に使ってみるとよいかもしれません。

◆家庭用の火を使わないお灸

お灸で肩周りを温めると、血行が改善されるので副交感神経が優位に傾きやすいです。リラックス効果や、実際に肩こりにきくツボにお灸を乗せると、肩が軽くなるほどの効果があります。

(6)ホルモンのバランスを整える市販薬を使う

女性は自律神経が乱れやすいので、自律神経を整える漢方を服用するという改善方法もあります。肩こりからくる自律神経の乱れは、自律神経が乱れやすい生活を行っている人が起きやすいです。そのため、ホルモンのバランスを整えてくれる漢方を服用することで、改善することが多いです。

つらい肩こりに関係なく眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

肩こりの悪化を防ぐには?

肩こりの改善のために運動を行う人は、いきなり過度の運動を行わないようにしましょう。筋肉痛になったり、逆に肩こりを悪化させたりすることがあるので、始める時はウォーキングや筋トレなどの簡単に始められるものを中心に選んでみましょう。

また、身体を冷やしてしまうと筋肉が冷えてしまい、肩こりが悪化することがあります。特に、夏場はクーラーなどで知らず知らずのうちに身体が冷えてしまって、肩こりが悪化してしまうということもあるので注意しましょう。職場の冷房が効きすぎているときには、肩周り・首周りだけ温められるようなネックウォーマーなどの着用を行うようにしましょう。

お風呂に入るときに、あまり熱いお湯に長時間浸かっていると、リラックス効果よりものぼせてしまうことが多いです。のぼせてしまうと交感神経が優位になってしまうので逆効果になります。せっかく肩こりの改善のために行う対策なら、悪化しないようにしていきたいですね。

いくつかの対策方法をご紹介しましたが、やりすぎは身体に負担をかけてしまうので、自分の身体に負担のないように改善していくことが大切です。

【まとめ】肩こりで眠れない日々を改善するには?

以上のことから、肩こりで眠れない日々を改善するためには、肩周り・首周りの血行改善が必要です。肩周り・首周りの血行は、末梢神経に異常が生じると脳で興奮物質のドーパミンが分泌され、筋肉を緊張状態に変えてしまうことが原因です。また、この筋肉の緊張状態は自律神経を交感神経優位にしてしまい、眠れない状態になってしまいます。改善方法は幾つかありますので、あなたにとって続けやすい改善方法から始めてみると良いでしょう。

◆肩周り・首周りの血行の改善方法
・ウォーキングをしながら腕を前後にしっかり動かすなど、適度な運動を行う
・エステや全身のもみほぐしなどの施設で全身をマッサージし、こりをほぐす
・家庭用のお灸を使う

◆自律神経を整える方法
・朝起きたら太陽の光を浴びる
・湯船に浸かってマッサージするなど、緊張状態を緩和しリラックスする
・自律神経を整える効果のある漢方薬を服用する

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ