GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

不眠で悩む高校生の不眠症状は改善できるのか?

高校生になると、不眠の症状を示す人が増えていきます。中学校は小学校の延長なので自宅から数分の場所に立地されていることが多く、小学校から中学校へ進学しても生活リズムはさほど大きく変わりません。しかし、高校生になると生活リズムが大きく変わるケースが多いのです。今回は、高校生と不眠症との関係を調べてみました。高校生の生活リズムを踏まえ、どうすれば不眠の症状を軽減できるのか、一緒に考えていきましょう。

高校生の不眠症状を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

高校生の生活と不眠症との関係

中学校から高校へと進学すると、電車通学・自転車通学など通学時間がかかってしまうこと、部活の時間が高校の方が長いこと、さらには高校生でアルバイトを始める人も多いことが原因で、生活リズムが乱れてしまいます。

自宅に帰ってから食事を摂る時間も遅くなり、深夜までテレビを見ていたり、スマホを操作したりと寝る時間もどんどん遅くなっていきます。そのせいで睡眠リズムも乱れてしまうので、不眠の症状が出る人がいます。

<不眠と呼ばれる症状>
「眠れない」と感じることが不眠の症状のひとつですが、不眠とはどういった症状を表すのかをご紹介します。

(1)入眠困難

入眠困難は、寝つきが悪く、布団に入っても眠ることが出来ない状況のことです。眠くなるのを待っている間に、睡眠時間が減ってしまうので眠れていないという意識が強くなります。最近ではスマホなどを操作しているとブルーライトが脳を興奮状態にしてしまうため、不眠の症状が現れてしまうということがわかっています。

(2)中途覚醒

中途覚醒は、寝ているときに途中で起きてしまうことです。頻繁に起きてしまうので、その度に眠れないと感じる人も多くなっています。

(3)早朝覚醒

早朝覚醒は、寝た時間に関わらず、早朝になると起きてしまう不眠の症状です。起きた後に二度寝などが出来ないので、もう少し寝たいと思っていても眠れないストレスが溜まりやすいです。

(4)熟睡不全

熟睡不全は、睡眠時間は長いのに、眠ったような気分にならないという症状です。他の症状とは少し色合いが異なる不眠の症状のひとつです。

このような不眠の症状が週に2~3回起きている、それが1ヶ月以上続いている場合は、不眠と診断されることが多いです。高校生の場合は、入眠困難、熟睡不全の不眠症状が起きやすい傾向にあります。

高校生の不眠症状を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

高校生が発症しやすい不眠症状

睡眠は、私たちの身体を休ませてくれるだけでなく、起きている間に動き続ける脳を休ませるために必要なものです。睡眠障害や不眠などの症状があると脳がうまく休めないので、日中の集中力の低下・イライラする・頭痛やめまいなどの症状を示すこともあります。

高校生は、中学生の頃よりも生活リズムが乱れやすいので不眠の症状を示しやすいのですが、その中でも高校生が発症しやすい不眠の症状をご紹介します。

(1)入眠障害

入眠障害とは、寝つきが悪いなど眠りに入るまでに時間がかかってしまうものをいいます。一般的に、ベッドに入ってから30分以上かかってしまう場合は入眠障害と診断されます。入眠障害の原因は、ストレスなどの心因的な問題、花粉症やぜんそくなどの身体的な問題、昼夜逆転や生活リズムが乱れる生理学的問題が挙げられます。

高校生の場合、生活リズムが乱れやすいので、生理学的問題が主な原因で眠れなくなる、寝付きにくくなることが多いです。友達とのトラブルやクラスになじめないなどのストレス、部活などで疲れていて身体的な問題が生まれるなど、置かれている環境の中に不眠になる原因が多いのです。特に、生理学的問題は、テスト前に一夜漬けのように勉強をしてしまう、といった勉強面でのストレスでも引き起こされてしまいます。生理学的問題が主な原因で入眠しにくいという点が高校生特有のものになります。

(2)概日リズム睡眠障害

概日リズム睡眠障害とは、高校生にとって発症しやすい睡眠障害のひとつです。私たちの身体は、「生活をして眠る」という生活にリズムがあります。今までは家に17時に帰ってきて、夕食や宿題などを済ませて23時に寝ている生活を送っていたとします。すると、「23時には寝て7時間後には起きる」というリズムが自然と出来上がっています。

しかし、高校に進学して生活リズムが乱れることによって、寝る時間が1時にずれ込んでしまった場合、どうなるのでしょうか。リズムは変わりませんので、その時間にならないと眠れない、寝てから7時間後にしか起きられない、というように生活リズムがズレてしまいます。このリズムのズレを概日リズム睡眠障害と呼んでいます。

高校生の場合、勉強量が多くなったり、通学に時間がかかってしまったりと、時間が後退する場合が非常に多いです。症状としては、深夜1時や2時にならないと眠れない、眠ったら起きようとしても起きられないという睡眠相後退症候群の症状が出ることもあります。

高校生が不眠症になりやすい原因

高校生が不眠になる原因は、メラトニンと呼ばれるホルモンが影響するといわれています。メラトニンの量が減っていると、寝付きにくくなってしまうようです。部活動や塾などに通うようになり、夕食やお風呂などの時間がどんどん遅くなっていくと、お風呂などが終わってリラックスするようになってからメラトニンが分泌され始めるので、寝付きにくくなってしまうのです。

また、お風呂に入った後も宿題や予習などを行う真面目な子ほど、メラトニンが分泌されにくくなってしまうので、眠りにくくなってしまう睡眠障害の症状を示すことがあります。

高校生からスマートフォンを持つ子供が増えていきますが、LINEなどのアプリを使っていることも不眠の原因になります。スマートフォンの画面から出ているブルーライトには、ラトニンの分泌を抑制してしまうメという効果があります。ブルーライトを1時間浴びると、太陽の下に1時間いるのと同じようなものです。その結果、身体が勘違いして「起きる」という信号を出してしまうので、眠りにつきにくくなってしまうのです。

高校生の不眠症状を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

高校生の不眠症を改善する方法

高校生の不眠を改善しようとする場合、生活リズムを整えることを考えましょう。もう寝る時間なんだ、もう起きる時間なんだと身体に覚えさせることで、メラトニンの分泌を定期的に行うことが出来るので、不眠が改善する可能性があります。

(1)同じ時間に寝て・起きる

今日は宿題が多いから、明日テストだからと寝る時間を変えてしまうと逆効果です。仮に宿題が終わっていなくても、その日は眠ってしまうような生活リズムに変えていきましょう。毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きてカーテンを開けることがとても大切です。

(2)食事は寝る2~3時間前に済ませる

身体の中の臓器が動いていると、メラトニンが分泌されにくくなります。食事をしてから消化されるまで2~3時間かかるといわれていますので、食事は早めに済ませるようにしましょう。

(3)寝る前にスマートフォンを使わない

ベッドに寝転がって、眠るまでスマートフォンを操作するのはブルーライトを浴びてしまい寝付きにくくなってしまうので、寝る30分前にはスマートフォンを使わないようにしましょう。スマートフォンだけでなく、パソコンもブルーライトを出しているので、寝る前にYouTubeなどの動画を見るのもやめましょう。

(4)リラックスタイプのアイマスクを使う

高校生はスマートフォンの操作や勉強で目をたくさん使います。市販のアイマスクを使うことで、リラックスをしながら眠りにつくようにしていきましょう。ベッドに入るときにアイマスクを使うことで、目元の血流をよくすることが出来ます。

すると、起きているときに活発になる交感神経から、リラックスしているときに優位になる副交感神経へ移り変わっていくので、心を落ち着けることが出来ます。メラトニンが分泌されやすくなるので、眠りやすくなりますよ。最近は、アロマタイプのアイマスクも販売されているようです。

◆蒸気でアイマスク

市販の睡眠導入剤などもありますが、高校生は出来るだけ薬に頼らずに生活リズムで身体を整えていくのがよいでしょう。生活リズムを整えて、身体を休めるように改善を心がけてみてください。

【まとめ】不眠で悩む高校生の不眠症状は改善できるのか?

以上のことから、不眠で悩む高校生の不眠症状は改善できると言えます。睡眠導入剤などの薬に頼ることなく、生活習慣を変えて生活リズムを整えるだけで、不眠症状の改善が見込まれます。いくつかの改善方法がありますので、やれそうなものから軽い気持ちで始めてみてはいかがでしょうか。

◆高校生の不眠症状の改善方法
・宿題の量やテストの有無に関係なく、毎日同じ時間に寝て起きる。
・夕飯は寝る2~3時間前に済ませ、メラトニンが分泌される環境を整える。
・ブルーライトを浴びないように、寝る30分前にはスマホやPCを触らない。
・副交感神経を優位にするために、アイマスクなどを着用して目元の血流を改善する。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ