GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

就職活動で内定が貰えず眠れない場合、どうすればいいのか?

就職活動は人生において誰もが一度は経験するライフイベントといえるでしょう。私たちは「働く」ことを通して、自分が誰かの役に立っていると感じ、自らの価値を実感していくのです。そのような非常に重要な位置づけにある就職活動ですが、なかなか内定が貰えないケースもよくあります。

就職活動は、今後の人生を大きく左右してしまうため、なかなか楽観的に考えられないもの事実です。人によっては、内定が出ないことを気にして眠れなくなってしまうこともあるようです。今回は、大学生の就職活動と不眠症との関係を調べてみました。非常に重いテーマではありますが、どうすれば就職活動中の不眠症状を軽減できるのか、手助けになれればと思います。

就職活動で内定が貰えずに眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

就職活動で内定が貰えないことが精神面に及ぼす影響

内定を貰えないことは、本人にとって大変な苦痛になります。大学生なら誰しもが就職活動にプレッシャーを感じ、少しでもいい会社から内定がもらえるように焦り、必死になっています。そういったある種独特な雰囲気の就職活動という中に長期間身を置くと、だんだん思考停止状態になってしまい、精神面で絶えずストレスを感じることになります。

常に周りと比較しながら、周囲の期待に応えようとするような環境では、まともな精神状態ではいられないでしょう。その症状として、不眠やうつ状態に陥ってしまうこともあります。そのときには既に、「思考停止」状態にあることが多いのです。

「何のために就職活動をするのか」という本来の目的をそもそも見失っており、ただ機械的に内定をもらうことだけに目的がすりかわってしまっているのです。ある種の中毒状態になり、就職活動こそが人生のすべてだ、という極端な考え方になってしまうこともあります。就職活動に失敗すれば、生きている意味がないとさえ思ってしまう人もいます。

第三者からしてみれば、無理に就職しなくても他に生きていく術はいくらでもあるのに、という冷静な判断ができるのですが、当事者の大学生はただ内定をもらうことに必死なので、自分の置かれた状況を客観的に把握することができないのです。

内定が貰えないことと眠れないことは関係するのか?

就職活動中の大学生の中には、不眠で悩んでいる人も少なくないでしょう。常に就職活動のことが頭から離れず、ストレスを抱え続けていると体が常に緊張状態になり、交感神経が優位な状態になります。すると、なかなか寝付けない、入眠障害の状態になってしまいます。

夜中に十分な睡眠がとれなくなると、日中の活動にも集中できなくなり、就職活動に影響を及ぼす可能性が出てきます。内定をとるための作業にも支障が出たり、面接中にぼんやりしてしまったりして、うまく就職活動が進まなくなってしまうことになりかねません。夜遅くまでエントリーシートを書いたり、面接の練習をしていたりすると生活リズムが崩れて、不眠になったり疲れが溜まってうつになったりします。

けれども、あまり深刻に考えないようにするのも大切なことです。というのも、こういった就職活動における苦悩は誰もが経験しており、就活生であれば皆ある程度はそうだからです。眠れなくなるのは当たり前、気持ちが沈むのもよくある話なのです。

実際のところ、しっかり起きていればいい(覚醒していればいい)のは、面接中だけでいいので、その間の待ち時間などに仮眠をとればいいのです。必ずしも夜眠る必要はないのです。足りない分は昼間に眠って補うこともできます。

世の中には、夜勤や芸能界などの多忙な仕事で、夜にしっかり眠らず昼間の睡眠でバランスを保つライフスタイルをとっている人も沢山いるのです。就職活動は、社会に出る前の予行練習にもなるといえるでしょう。忙しい中でどうやって体調を管理するか、という練習にもなっているのです。ですから、たとえ不眠やうつの症状があるからといって、不眠やうつは就職活動が上手くいかない直接的な理由にはならないといえます。

社会に出れば、自分の意に沿わなくても、多少体調が悪くても、断れない仕事が来るような場面は沢山あります。そのたびに不眠などで悩んでいる余裕はないのです。忙しくなれば、いずれ寝ている暇がない状態になります。

就職活動で内定が貰えずに眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

内定が貰えずに眠れなくなる大学生の特徴

不眠を抱えてしまう大学生は、もれなく真面目で深刻な考え方をしている人が多いです。誰でも辛いこと、嫌なこと、不利なことを社会に出れば沢山経験します。他人と比べて虚しくなったりすることもあるでしょう。それでも、生きていかなければなりません。

たとえ体調を多少悪くしたとしても、仕事のほうを優先させることはよくあることです。そういった現実に向き合うことも、大学生を卒業して社会人になることでもあります。大人として社会に出れば、たくさんの理不尽なことを経験することになり、またそれに慣れていかなくてはいけません。

そういった理不尽さと向き合うのが社会人である、という認識が不十分な人(ある意味では純粋な人)や、辛いことをさらっとかわす癖を持っていない人が、特に深刻に不眠やうつで悩むことが多いようです。真面目で頑張り屋さん、責任感が強い、そして完璧主義な人ほど、適当に力を抜くということができにくい傾向にあります。

また、両親の期待に応えようとする「良い子」であったり、相談できる友人が少なかったりして一人ですべてを抱え込みやすいなどといった人はリスクを抱えがちです。人生を必要以上に深刻に考えてしまい、自身を追い詰めることにもなりかねません。

内定が貰えなかったら人生終わる、のように極端な考え方をしている人も少なくないでしょう。将来について真面目に考えなさい、という人ほど実は何も考えていない場合があります。「ちゃんとしないとお先真っ暗だぞ」という周囲のプレッシャーを真に受けてしまう人でもあるでしょう。

数年先がどうなるか分からないこのご時世、「ちゃんとする」なんてことはたいして意味を持たないにも関わらず、他人の言うことを妄信してしまっているのです。どんな道を選んでも、リスクはあるし、完全に安定した進路というのも存在しません。むしろ、なにも考えないで適当に生きてきた、という人のほうがかえって人生を楽しんでいたりすることもあります。

実際、いくら考えても、いくら計算しても「大丈夫」な人生などありません。だからこそ、一見何も考えていない適当な人の方が成功してしまうのは当たり前といえるかもしれませんね。深刻になる意味は実はまったく無いのです。

就職活動で内定が貰えずに眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

内定が貰えなくても眠れるようになる方法

不眠の解消方法として一番大切なことは「無理に眠ろうとしない」です。眠れなくてもいいとする。例えば3時間だけでも眠れたら、それでよしとする。昼間、空き時間などがあれば、その空き時間に眠る、眠る前に就職活動について考えることをやめる、などがあります。

人は、眠くなればいつかは自然に眠れるものです。何日間か眠らなければ、いずれ自然に眠くなってきます。ですから、眠ることにこだわらないことが大事です。完璧主義をやめることが大切です。何事にも100%はないと割り切ることです。完全に上手く行っている人もいない、失敗するのは当たり前と考え方を変えて、無理に自分にプレッシャーを与えないようにすることです。

リラックスするのに効果的なのは、「香り」と「食事」です。私の場合、松屋で牛丼を食べて、アロマオイルを嗅ぐと安心できます。お腹を満たして、好きな香りで自分を癒してあげてください。

◆リラックス出来る「香り」のアロマオイル

また、普通の社会人であれば、眠る時間を削って仕事をすることなどよくあることです。就職活動中の不眠で悩まされる時期は、その練習にもなります。自分をコントロールして仕事を上手くこなしていくことは、内定をもらってからも必要なスキルです。

繰り返しますが、誰の人生も完璧ではありません。2人に1人はがんになる時代です。不眠やうつで悩んでいる人はたくさんいます。仕事に対するプレッシャーで自ら命を落とす人も少なくありません。視野を広げてみれば、生き方は一つではないことが見えてくるはずです。

世間の全員が大学を出て、就職活動をして、就きたい仕事に就いているわけではないのです。例えば今大人気のお笑い芸人、渡辺直美さん。彼女は高校進学に失敗し、中卒で、ファミレスでアルバイトをして貯金をしていました。

あなたにとって、一番大切なものは何でしょう。それを考えるのに就職活動はとてもいい機会だと思います。どんな人生を送りたいのか、何をしたいのか。就職活動がどうしてもうまくいかないのなら、やめてしまえばいいと決めることも一つの手だと思います。アルバイトをしてでも生計を立てることはできます。

生きる目的は「生きる」ことです。立派でなくても、内定がもらえなくても、生きてさえいればそれでいいのです。内定をもらうことが全て、と思わないようにしてください。もらえたらラッキー、くらいな気楽な気持ちでいることがぐっすり眠れるコツです。

【まとめ】就職活動で内定が貰えず眠れない場合、どうすればいいのか?

以上のことから、就職活動中に内定がなかなか貰えず眠れない大学生の不眠症状を改善する方法は、つぎのようなものが考えられます。基本的に、考え方を変える他に根本対策はありません。内定を貰うのは大事なことだと思いますが、人生の意味を考えると、それだけが全てではないと思います。

◆就職活動中に内定がなかなか貰えず眠れない大学生の不眠症状の改善方法
・無理に眠ろうとしない。例えば、3時間だけでも眠れたらそれでよしとする。昼間、空き時間などがあれば、その空き時間に眠る、眠る前に就職活動について考えることをやめる。
・無理に自分にプレッシャーを与えない。、「香り」と「食事」でリラックス。
・内定をもらうことが全て、と思わない。生きる目的は「生きる」こと、と捉える。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ