GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

デート前日に眠れない時に試してほしいこと

大学生になれば、苦しかった受験勉強から解放され、自由に恋愛をする機会も多くなることでしょう。デートに出かけることも増えると思います。中には人生で初めて男女交際を経験する人もいるでしょう。デートは一大イベントですね、とても緊張するものです。

デート前日、あまりの緊張や興奮で眠れない経験がありますか?私はもう随分前の話になってしまいますが、ほぼ眠れずにデート当日を迎えたことがあります。その結果がどうだったかは、聞かないでおいてください。どんな結果であれ、きちんと眠って当日を迎えた方が良いのは、誰の目に見ても明らかだと思います。ここでは、デート前日に眠れない原因について調べてみました。今まさにデートの前日のあなたはもちろん、デートなんて随分前のあなたは当時のことを思い出しながら読んでいただけたらと思います。

デート前日でもぐっすり眠れて本番を迎えられるサプリメントのレビュー記事はこちら。

デート前日に眠れない原因

デート前日は、リラックスしたほうがいいと分かっていてもついつい力が入ってしまいます。デート当日、失敗しないように、恥ずかしいところを見られないように、とガチガチになってしまいがちです。いつもならぐっすり眠れる人でも、デート前日になるとどうも寝つきが悪いという人がいます。

極端な緊張から、脳が元気な時の交感神経が活発になってしまい、リラックスする時に使われる副交感神経に切り替わらなくなってしまうので、眠れなくなってしまうのです。どんなに考えても、必ず明日はやってきます。緊張してもしなくても結果は変わらないのだから、リラックスしてデート前日は過ごした方が結果的に良いのです。

緊張は少しでも自分を良く見せたいという気持ちの現れです。特に女性は、デートでは綺麗にみられたい、という気持ちが強くなりがちであるため、緊張して眠れなくなる場合もあるようです。毎回毎回デートのたびにドキドキしていたら、実際は大変ですよね。着飾った自分を永遠に見せていくわけではないでしょう。少しずつ素の自分をデートでも出していけるようになると、彼との特別な時間が更に特別なものになるでしょう。

デート前日に眠れないと起きる悪影響

デートの前日によく眠れない時に起きる影響としては、デート当日に体調が万全ではなくなってしまうことがあります。下手をすれば、緊張やストレスから倒れてしまうことも考えられます。そうすればデートどころではありませんね。

テーマパークなどに行けば、実際かなりの体力を使うことになります。長い距離を歩いたり、激しいアトラクションに乗ったりします。途中で食事もとったり、場合によってはお酒を飲んだりすることもあるでしょう。いずれにせよ、寝不足で疲れが溜まっていけばデートの途中で休まなければならなくなるでしょう。特に大学生の場合は時間の自由がきくため、長時間のデートになる場合があります。

せっかくのデートなのに、万全の体調で挑めないのはもったいないことです。気持ちの面でも、最初は張り切っていても、だんだん疲れてきて最後には帰りたくなる、という本末転倒なことになりかねません。デート自体が重荷に感じられてくるのです。

楽しみだったはずのデートも、体調が悪ければ一変、軽い罰ゲームのような感覚になってしまいます。自身は具合が悪いのに、元気な相手に無理をして合わせてついていく、といった地獄を味わうことになってしまいます。

これは趣味や旅行にも言えることですが、楽しみが次第に苦痛にとってかわることは日常の中でもよくあることです。新鮮なうちはいいのですが、だんだん慣れてくるに従って苦痛になっていく。楽しみが楽しみではなくなっていくのです。どうやったら飽きずに、苦痛を感じずにデートをすることができるかを考えることは大切です。これからもずっと付き合っていく仲になるのならば尚更です。

デート前日でもぐっすり眠れて本番を迎えられるサプリメントのレビュー記事はこちら。

デート前日にドキドキしても眠れる方法

デートに緊張するほとんどの理由は「考えすぎ」です。相手から自分がどう思われるのだろう、と少し自意識過剰になっているのです。実際、相手はそこまであなたに期待していません。いつもの自然体でいてくれればそれでいいと思っています。

メイクや服装も「ばっちり」決める必要もありませんし、食事を制限したり、やたらお風呂に長く入ったりしなくてもいいのです。いつもと違うことを無理やり取り入れると、かえって緊張して眠れなくなってしまいます。「いつもどおりに」が大切です。それでも、どうしても緊張してしまうのであれば、何かデート以外のことを考えましょう。

例えば映画を観る、Youtubeでお笑い番組を見る、料理をする、など明日がデートであることを極力忘れられるようにしましょう。デート当日の朝起きたときに、「ああ、そういえば今日デートだった」と軽く思い出せる程度にまで緊張の度合いを落としていきましょう。

あまりにもデートを完璧にしようと意気込むと、まるで義務のようになってしまい、デートそのものが楽しめなくなってしまいます。意気込みを少なくする、いい意味で肩の力を抜くことが大切です。何度も繰り返しますが、相手はそこまであなたに対して完璧は求めていません。そのことを心に留めておいてください。ただ自分は過度に期待に応えようとしているだけなんだ、と冷静に自分の心理状態を分析してみてください。

どうしてもデートについて考えてしまうという人は、むしろ前日に思いきり妄想に浸るというのもいいかもしれません。眠る前に、理想のシチュエーションを想像しておくと、安心感でかえって眠りやすいという場合もあります。恋愛ものの漫画を読んだりして、こんな感じでデートしたいというイメージをふくらませておくといいですね。そんなのありえないだろう、というシチュエーションを考えるとワクワク感も増します。

もしかしたら、サプライズで思いもしない展開になるかもしれません。デートが楽しみになってきませんか?ただ時をやり過ごすだけでなく、実際にデートでやってみたいことをあらかじめ考えておくと緊張がほぐれて楽に眠れるかもしれません。

あくまでデートは「楽しむ」ためにあるのであって、緊張するようなイベントではないことを確認しておきましょう。緊張するということは、あなたが背伸びしているという証拠です。ありのままの自分でいいので、リラックスすることを心がけてください。初めに背伸びをしても後が辛くなるだけです。良い自分だけを見せようとするのではなく、だめな自分、格好良くない自分を正直にデートでは出せることを目標とするといいでしょう。

◆アロマオイルでデート前日もリラックス

デート前日でもぐっすり眠れて本番を迎えられるサプリメントのレビュー記事はこちら。

デート前日にやってはいけないこと

デートの前日において、禁物なのは「過度の緊張状態を維持すること」です。そうすると、からだのリズムを整える機能である自律神経が乱れてしまい、体調を崩す原因となってしまいます。デートの時に上手くやろう、失敗しないようにしようと焦るほど症状は悪化します。

少し失敗してもいいかな、くらいに軽く考えることができないと、時間通りに事を進めなきゃ、とかスケジュールをしっかり組まないといけない、とだんだん完璧主義になっていきます。そうすれば、プレッシャーをますます感じるようになり眠れなくなっていきます。

デートの下調べをしたり、予定を復習するのはできるだけ控えておきましょう。デート当日は何が起きるか予測できませんから、前日に考えて悩んでもほとんど意味がありません。起きてもいないことを考えて不安になる暇があるのなら、今目の前にあるリラックスできることに集中しましょう。好きなドラマを見る、アロマをたくなど探せばたくさんの行動の選択肢があるはずです。

わざわざ自分にプレッシャーをかけて追い込むようなことをしないように心がけておきましょう。完璧なデートも、完璧な一日もありません。だいたいはその時思いついたことを臨機応変にこなしていくのが、休日や特別な日の楽しみでもあると思います。決められたことをただマニュアル通りにこなすことは、さほど大切ではありません。

また、飲酒や喫煙などは絶対に避けましょう。緊張をまぎらわせようとして嗜好品に頼ってしまう気持ちも分かりますが、それらは癖になってしまいます。緊張する場面に出くわしたとき、常にそれらが必要になります。依存性があり、からだにも心にも良くないので極力控えるようにしましょう。

【まとめ】デート前日に眠れない時に試してほしいこと

以上のことから、デート前日に眠れない時に試してほしいことは、つぎのようなものがあります。何かをするというより、とにかくデートのことを考えないことが基本的な対処方法です。特に、どうして緊張してしまうのかというと、あなた自身を彼に対して良く見せようという背伸びがあるからです。

ありのままを見せるのは抵抗があると思いますが、これから将来に亘ってお付き合いしていく相手なら、いずれはあなたの素を見せていくことになります。背伸びはほどほどに留め、デートを楽しむ気持ちや心の余裕を忘れないでほしいです。

◆デート前日に眠れない大学生の不眠症状の改善方法
・デートのことを考えすぎない。
・普段通りを心掛けて緊張を遠ざける。
・デートは背伸びするものではなく楽しむもの、と心得る。
・思い切り妄想に浸り、理想のシチュエーションを思い描いて安心感を得る。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ