GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

恋をすると眠れないのはなぜ?

高校生になって新しい環境で生活するようになり、恋をする人も増えていきます。恋の病という言葉があるように、恋をすると眠れなくなってしまう人が多いようです。特に、中学生や高校生などが恋をするとこの症状が出やすくなっていて、ドキドキすることが多いようです。

このドキドキが日常生活に支障がないレベルなら何も問題ないのですが、中には眠れなくなってしまう人もいるようです。恋をして眠れないなんて、幸せな悩みに思えてしまいますが、当の本人には「眠れない」ことはとってもつらいに違いありません。ここでは、恋をすると眠れないことがある原因について調べてみました。恋をするとドキドキしてしまう理由についても併せて調べてみましたので、もしあなたが恋をして眠れないのなら、参考にしてみて下さい。

恋をしてどれだけドキドキしてもぐっすり眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

恋をするとドキドキしてしまう理由

恋をすると、相手のことを考えるだけで胸がドキドキしてしまって、体が熱くなるのを感じたことがあると思います。好きな人のことを考えると脳が一時的に興奮した状態になり、興奮物質であるアドレナリンが分泌して、体が緊張状態になります。その結果が、胸のドキドキに繋がるのです。

ドキドキしている状態は悪いことではありませんが、ドキドキしている状態はリラックスしている状態ではなく緊張している状態なので、眠りにくくなってしまうのです。中学生や高校生の場合、寝る直前まで好きな人と連絡を取っていることが多いので、返信を待っているときにドキドキしてしまったり、返事の内容で不安になったりと、心が揺れ動きやすいのも恋の特徴のひとつです。

ドキドキするとなぜ眠れないのか?

胸がドキドキしているときは興奮している状態だとご紹介しましたが、夜眠れない原因にはドーパミンという神経伝達物質が関係しています。神経伝達物質は、人の感情や精神に大きく影響するもので、記憶や睡眠に深くかかわっています。

その神経伝達物質であるドーパミンは、「快感」「やる気」に影響があります。ドーパミンが多く分泌しているとやる気が出たり、快感を求めたりするようになりますが、ドーパミンが減少すると逆にやる気を失ってしまう等のデメリットもあります。恋をしているとドーパミンは増加しやすいのです。

つまり、寝る時間になっても眠くならないのは、ドーパミンが大量に分泌されているのでやる気や快感に満ち溢れているため、心が落ちつている状態ではないためです。恋をしているとアドレナリンが分泌されて興奮したり、ドーパミンが分泌されてやる気に溢れたりと、入眠とはかけ離れたアドレナリンやドーパミンが出てしまうため、眠りにくくなってしまうのです。

睡眠には自律神経が大きく関わっていて、自律神経には活動的な時に優位になる交感神経と、睡眠やリラックスした時に優位になる副交感神経があります。アドレナリンやドーパミンが大量に分泌されていると、交感神経が優位になりがちなので、やはり眠れない状態になってしまいます。

恋をしてどれだけドキドキしてもぐっすり眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

恋をしてもきちんと眠れる方法とは?

高校生が恋をしてしまっても眠れる方法をご紹介します。恋をしているドキドキは、興奮しているものなのでリラックスをすることがポイントです。また、自律神経を整えて睡眠時に副交感神経が優位になっているようにすると、不眠を解消しやすくなります。

(1)就寝時の環境を整える

寝る前に好きな人と連絡を取ってしまうと、体が興奮状態になってしまいます。さらに、スマートフォンやパソコンから出ているブルーライト交感神経を刺激してしまうので、寝る1時間前には好きな人との連絡を取らないようにしましょう。眠れなくなったと自覚した時には、早めに連絡を切り上げて、1時間は寝るためにリラックスをして副交感神経を活発化させることが大切です。

(2)お風呂やアロマでリラックスする

興奮状態で落ち着かなくなりがちな体を、お風呂やアロマを使って改善していきましょう。お風呂は38℃程度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かって、お風呂の中でマッサージをするとリラックス効果が期待できます。特に、頭皮マッサージはリラックス効果が高いので、ぜひ行ってみましょう。お風呂に入る時には入浴剤を入れて、香りを楽しみながらリラックスしましょう。副交感神経が優位になりやすいです。

◆お風呂の入浴剤でリラックスし、副交感神経を優位に

(3)生活リズムを整える

起きる時間が日によって異なっていたり、寝る時間が乱れていたりすると、交感神経と副交感神経のやりとりがスムーズに進まないことがあります。起きる時間・寝る時間・食事の時間などは毎日同じ時間にするように心掛けることで、不眠の症状が改善されていきます。

(4)運動をする

運動をして体を動かすことで、全身の疲労に繋がります。体が疲れていると眠くなることが多くなるので、恋をして眠れないと思っていた人でも、運動を取り入れることで眠れるようになります。ウォーキングやジョギングではなく、バスケやバレーボールといった全身の運動を取り入れることが効果的です。

日頃運動をしていない人は筋肉痛になるくらい激しく動くことで、眠りやすくなります。眠れないから突然運動をするよりも、毎日運動をしている方が眠りやすくなるので、毎日コツコツ運動量を増やしていきましょう。

(5)思いを文章に書き起こす

手紙や日記といった文章を書いていると、思っていることをまとめることが出来るので興奮していた気持ちが落ち着きやすいです。興奮している時や、落ち込んでいる時でも、ノートに気持ちを書いているとオキシトシンというホルモンが分泌されます。オキシトシンにはストレスを解消させたり、リラックスさせたりする効果があるので、ドキドキして眠れないときには文章を書くということは効果的です。

(6)サプリメントを飲む

トリプトファンが含まれているサプリメントを飲むと、ドーパミンの働きを抑制するセロトニンが分泌されます。恋をするとドーパミンの量が増えてしまうので、トリプトファンが含まれているサプリメントを飲むことで、量を調節することが出来るので、眠れるようになります。サプリメント以外では、豆腐屋納豆、牛乳、ヨーグルトなどにトリプトファンが含まれているので積極的に食べるようにしましょう。

恋をしてどれだけドキドキしてもぐっすり眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

恋愛ホルモンって何?

恋愛をするときに分泌されるのが恋愛ホルモンです。特に女子高生が多く分泌されることが多いのですが、恋愛ホルモンであるPEA(フェニルエチルアミン)は、恋をすると多く分泌されます。ドーパミンの濃度を高める働きがあるので、ドーパミンの量が少なくても、眠れないと感じることが増えてしまいます。

恋愛ホルモンは恋をして追いかけているときに多く分泌するので、ラブラブなカップルよりも片思いで毎日ドキドキしている女性の方が恋愛ホルモンの量が多くなっていく傾向にあります。恋をしている間に恋愛ホルモンであるPEAが分泌していたら、眠れない日々がずっと続くのかと考えてしまいますが、一度発生した恋愛ホルモンには寿命があります。

PEAの寿命は約3か月から3年です。興奮状態を維持してしまいますから、身体的にもあまりよくないことなので、一定期間で消えてしまうようです。恋愛ホルモンは女性に分泌されるものだと考えている人も多いですが、男性のうち3人に1人はPEAの分泌が活発な人がいるのです。そういうひとほど「ひとめぼれ」がしやすいです。

恋愛ホルモンが分泌されたときの対処法としては、オキシトシンを分泌させることです。オキシトシンは幸せホルモン、信頼ホルモンと呼ばれていて、幸せだと感じているときに分泌されるホルモンのひとつです。リラックス効果や心を落ち着かせる効果があるので、恋愛でのドキドキから落ち着かせる方向へと変化させることが出来ます。

オキシトシンは性行為をしているときや、好きよりも「愛しい」と感じるときに分泌されるホルモンです。この人が好きだと感じるように気持ちを整えていきましょう。また、ノートなどに気持ちを書くとオキシトシンの分泌が多くなるので、眠れないなと感じたときにはぜひ行ってみてください。

【まとめ】恋をすると眠れないのはなぜ?

以上のことから、恋をすると眠れない原因には、寝る直前まで好きな人と連絡を取ってしまい、返信を待っているときにドキドキしたり、返事の内容で不安になったりと、心が揺れ動きやすい状態にあり、アドレナリンが分泌されて興奮したり、ドーパミンが分泌されてやる気に溢れたりするためです。

このような状態から少しでも眠れるようになるためには、次のようなものがあります。生活習慣を改善するものが殆どですので、取り組みやすいものから気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

◆恋をすると眠れない症状の改善方法
・寝る1時間前には好きな人との連絡を取らず、寝るためにリラックスをして副交感神経を活発化させる。
・お風呂は38℃程度のぬるめのお湯にゆっくりと浸かり、お風呂の中でマッサージをする。特に、頭皮マッサージはリラックス効果が高い。入浴剤を入れて、香りを楽しみながらリラックスする。
・起きる時間・寝る時間・食事の時間などは毎日同じ時間にするように心掛け、交感神経と副交感神経の切り替えサイクルを整える。
・ウォーキングやジョギングではなく、バスケやバレーボールといった全身運動で体を披露させる。
・ノートに気持ちを書いて、ストレス解消効果のあるオキシトシンを分泌させる。
・トリプトファンが含まれているサプリメントを飲み、ドーパミンの働きを抑制するセロトニンを分泌させる。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ