GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

高校生が発症しやすい起立性調節障害とは?

現代社会に生きる私たちは、毎日慌ただしい中で暮らしています。時間に追われ、心身ともに酷使することも少なくありません。あまりにストレスが多くかかりすぎると、人は「自律神経失調症」を発症してしまうことがあります。休んだり眠ったりしたいときには覚醒してしまい、活動すべきときに眠気に襲われるなど、からだの規則的なリズムが崩れてしまいます。

子供から大人への過渡期にあたる高校生の時期に、「起立性調節障害」と呼ばれる病気を発症することがあります。起立性調節障害は自律神経失調症の1つと言われていますが、その具体的な症状などは意外と知られていません。ここでは、起立性調節障害とその改善方法について調べてみましたので、もし起立性調節障害で悩んでいる場合は、参考にしてみて下さい。

起立性調節障害で眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

起立性調整障害は自律神経失調症の1つ

自律神経失調症の原因は、その多くが日常生活のストレスだと考えられています。何よりこの症状の辛いところは、「生活リズムが崩れてしまう」ところにあると言えます。日常的な活動に深刻な影響を及ぼしてしまうからです。

日中、勉強や仕事をバリバリこなさなければならないときには眠くなり、生産性が低下します。注意散漫になり、効率も悪くなりミスも多くなります。これが積み重なれば、学校生活に次第についていけなくなったり、退学など自身の将来に関わってくる場合もあるので、症状についての理解と早めの対処が必要です。
 
起立性調節障害も自律神経失調症の一種であるとされ、からだの規則的なリズムが崩れてしまうことで起こります。その主症状は、朝起きられない、寝つきが悪い、倦怠感などがあります。起立している状態でいると脳の血液がからだの下側に集まり、脳内の血液量が少なくなり、思考力や判断力が低下します。

朝は起きられない、夜は遅くまで眠れないなどといった所謂、「昼夜逆転生活」になりがちです。起立性調節障害では、からだを元気にさせる交感神経朝になっても活性化せず、働きが6時間以上後ろにズレるという現象が起こります。午後から本格的にだんだん元気になっていくわけです。眠くなる時間帯にぱっちりと目が覚めている状態になります。本来活動すべき時間帯に脳が働いていないことが、数々の症状の直接的な原因になります。

起立性調節障害で眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

高校生が起立性調整障害を発症しやすい理由

高校生になると環境が一気に変わります。勉強も難しくなり、部活動やアルバイト、進路について考えるなどやるべきことが増えます。年齢的にも大人に近くなり、背負うべき責任も中学生の頃と比べて大きくなることでしょう。つまり、様々な角度からプレッシャーがかかる時期がまさに高校生なのです。急激なストレスは、からだの自律神経系を簡単に崩してしまいます。

起立性調整障害は、心理的要因でも発症することが分かっています。精神面の影響をもろにうけてしまいます。学校になじめず、退学や留年をしてしまう人の中には、この起立性調整障害が原因である場合があります。仲間ができなかったり、勉強や授業についていけなかったり、体調がすぐれずに出席日数が足りなくなったりと様々な問題を抱える人も出てきます。

高校生活が人生のすべて、という訳ではありませんが、16歳から18歳あたりの年齢は人生のなかでも多感な時期だと思います。肉体的にも、精神的にも急激に成長し、すでに仕事を始めて社会に参加している人もいる年齢です。

他人と比べて劣等感を抱きはじめるのも、ちょうど高校生くらいではないでしょうか。偏差値や順位付けなどで優劣がはっきりと示されるようになります。あの人は有名大学を目指している、彼氏彼女がいる・いない、芸能界の仕事をしている、友達が多い・少ないなどあげればキリがないですが、他人と比べる機会が圧倒的に多くなることは確かでしょう。

そんな中、起立性調整障害を発症しやすいのは、心理的にデリケートな人、つまり人と自分を比べたときに劣等感を抱きやすい人、周りについていこうとする気持ちが強い人だといえるでしょう。誰しもがその傾向は持っていますが、特に心理的に追い詰められやすい人は、常に「他人に勝たなければ、優位に立ちたい」という気持ちが強い人です。

確かに優秀であることは良いに越したことはありませんが、最終的な目的は他人と比べて勝つことではなく、自分なりの夢や目標を持って生きていけることではないでしょうか。ということは、大人になれば徐々に分かってくることですが、高校生の頃にはまだ若いため長期的な視野で物事を考えにくいので、目先の勝ち負けにこだわってしまいます。結果として起立性調整障害などの何かしらの症状が起きるまで頑張り続けてしまうのです。

起立性調整障害を改善する方法

起立性調整障害を改善する方法として一番大切なのは、規則正しい生活リズムを整えることです。早寝早起きを心がけて下さい。場合によっては睡眠薬を使うことも一つの手段です。また、勉強を行う際は、夕方や夜中ではなく、朝や日中にしましょう。

眠る前には何か新しいことを勉強したり頭を使うような行動は避けてください。勉強したいのであれば、すでに覚えたものや日中行ったものをもう一度繰り返すような単調作業に切り替えてください。退屈な作業をしているときには眠気が起こりやすくなります。頭を使わなくていい雑誌などを眺めるのも効果的でしょう。

◆眠る前には雑誌を眺めて眠気を起こす

また、起立性調整障害においては横になっているほうが楽という感覚がありますが、実際は少し運動を取り入れることが効果的です。1日数分散歩するか、運動が難しければせめて横になるのはやめて、座っているか、立っているかの姿勢を維持するよう努力してください。

起立性調整障害は自然と治っていく症状なので、日ごろから体を慣らしていくことが大切です。今は高校生でも、いずれ大人になれば社会に出てなんらかの職業につくことになります。その際に症状を理由に休むことは、学生時代と違ってなかなかできにくくなります。

ですので、早めに症状が出てもそれを理由に休む回数を減らしていく努力が必要です。これは半分は気持ちの問題なので、サボり癖や自分に甘くすることが習慣にならないよう、自分をコントロールする術を身に着けることが重要です。

起立性調節障害で眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

起立性調整障害を悪化させてしまうこと

不規則な生活は厳禁です。夜遅くまで起きていて、朝起きることができないといった悪循環をつくらないように心がけましょう。これは習慣の問題なので、毎日繰り返せば必ず定着します。それを続ける意思を持てるかどうかが大切になってきます。起立性調整障害を悪化させないためにも、強い決意をもって改善に挑んでください。

規則正しい生活を、何度も何度も繰り返すしか治す方法はありません。魔法のように突然治るような薬は存在しません。勉強やスポーツと同じで、上手く(良く)なりたければ何回も練習する必要があるのです。起立性調整障害は、あなたの将来の進路にも大きく関わってくることを忘れないでください。もしあなたが、夜眠れなくて朝起きれないというライフスタイルを改善できなければ、勉強や仕事でいい結果を出すことができなくなります。

「時は金なり」と言いますが、時間の大切さを一旦知ったならば、無駄に寝ごしたりダラダラと遅くまで起きていることはなくなるでしょう。人生の時間は限られています。人生はなにもしないままではあまりに長いですが、何かをするにはあまりに短いのです。目的もなく使われた時間で、どれだけのことが達成できるでしょうか。考えたことがありますか?起立性調整障害を放置していれば、いずれ無駄にされただけの時間がどんどん蓄積されてしまいます。

夢や目標の達成には徹底した自己管理が欠かせません。起立性調整障害を克服して、自己コントロール能力を身に着ければ、社会人になってからの生活が圧倒的に楽なものになっているでしょう。

【まとめ】高校生が発症しやすい起立性調節障害とは?

以上のことから、高校生が発症しやすい起立性調節障害の具体的な症状とその改善方法には、次のようなものがあります。生活習慣を改善するものが殆どですので、取り組みやすいものから気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

◆起立性調節障害の症状
・交感神経が朝になっても活性化せず、活性化するのが6時間以上後ろにズレ、からだの規則的なリズムが崩れてしまう。
・朝起きられない、寝つきが悪い、倦怠感など。
・起立している状態でいると脳内の血液量が減少し、思考力や判断力が低下。

◆起立性調節障害の改善方法
・早寝早起きを心掛け、規則正しい生活リズムを整える。
・眠る前には、何か新しいことを勉強したり頭を使うような行動は避ける。寝る前にどうしても勉強するのであれば、単調な作業のみにする。
・1日数分散歩する。運動が難しければ座る、あるいは立つようにし、極力横にならない。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ