GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

育児で疲れているのに眠れないのはなぜ?

育児疲れの症状は沢山あります。赤ちゃんは全くもって、自分勝手な行動をしてくれる生き物です。親の思うようには動いてくれないのです。特に長時間子供と一緒にいる母親は、自分の時間がとれず精神的にバランスを崩してしまうことがあります。

でも、育児で疲れているのに眠れない母親が多数いることをご存知でしょうか?疲れているならぐっすり眠れそうなものですが、逆に眠れないというのです。一体どうして育児疲れで眠れないことがあるのか、ここでは、育児疲れの具体的な症状やそのメカニズムを明らかにしていきます。

育児疲れで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

これだけある育児疲れの症状

仕事をしているほうが育児をしているより楽だと感じる母親もいます。仕事であれば、何時から何時までと決まった時間内だけ働けばいいわけなので、空いた時間に好きなテレビ番組を観たりと自分の時間をつくることができます。仕事での疲れは、簡単にリフレッシュしやすいといえるでしょう。また、社会との関わりがしっかりあるので、孤独も感じにくく、精神面でも健康な状態が維持しやすいです。

しかし、子育ては24時間フル営業です。仕事などで感じる普通の疲労とは比較できないくらい、とにかく休む暇がありません。自分の持てる全ての時間を、赤ちゃんに注がなければなりません。そして、子育て中は社会と関わる機会が圧倒的に少なくなるので、本人が気をつけていないとイライラしたり不眠に陥ったりと、精神面で悪影響が出てきてしまいます。

母親にはこなすべき仕事がたくさんあります。そのすべてを自分ひとりでやろうとすると、どこかでプツンと糸が切れたように突然無気力になってしまう場合があります。力尽きた、何もかも嫌になった、逃げだしたい、一人になりたい、など精神的に追い詰められやすくなっていきます。

誰かに相談することも出来ずに一人で抱え込んでいると、症状は悪化するばかりです。そのうち、子育て自体を放棄してしまう可能性もあります。また、自ら命を絶ってしまう母親もいます。いずれも、適度に手を抜くことができず、すべてを完璧にやろうとした結果引き起こされてしまう現象です。本来、子供は親だけでなく地域全体で育てていくものです。自分一人で全てを抱えこまなくてもいいのです。

育児疲れで眠れない原因とは?

毎日の育児疲れが重なり、疲れているはずなのに何故か眠れないという母親がいます。原因としては、疲労が溜まりホルモンバランスが崩れて、からだのリズムが崩れてしまっていることにあります。常にからだが緊張状態になっていて、リラックスしたり休むことができにくくなっています。24時間育児に追われている状況では、リラックスできない・休めないようになっても仕方ないかもしれません。

育児の最中に眠れない状況が続く場合は、産後うつや育児ノイローゼの可能性を疑ってもいいでしょう。多くの場合はストレスが原因となって引き起こされる症状です。疲労は解消しないと、どんどん溜まっていくものです。最終的には倒れてしまうことになりかねません。ですから、日常的に少しでも「休む」癖をつけておくことが大切です。

子育て中の母親は、自分自身のケアが疎かになります。特に睡眠時間を削る、気分転換をしない、食事の手抜きをしないでいると、産後うつ・育児ノイローゼは悪化しやすくなります。疲れていてもそれを毎日リセットすればさほど問題はないのですが、リセットするような余裕を持たないまま毎日子育てをしていると、どこかでお子さんもお母さんも共倒れになってしまうことを覚えておきましょう。

お母さんの性格として、完璧主義・真面目・几帳面だったりすると、育児中のストレスは溜まりやすくなります。疲れているはずなのに眠れないという状態に簡単になってしまいます。育児に真面目に取り組むあまり、自分自身にプレッシャーをかけ過ぎて休みをとることができなくなっています。休めないとかえって効率は落ちてしまいます。日中、母親としてのいいパフォーマンスを発揮するために休息はかかせません。

とはいえ、相手は24時間休む暇を与えてくれない子供ですから、実際には不眠やストレスと戦いながらの子育てになることでしょう。子育てで失敗したくない、上手く育って欲しいという気持ちが強すぎるのは問題です。子供はただでさえ自由な存在です。何をやらかすかは全く分かりません。現実的には色々やらかすのが子供です。

適度に母親自身や子供に甘くしておかないと、「絶対に失敗したくない」という完璧主義に追われる子育てになってしまいます。常に不安と緊張を抱えてピリピリとした空気の家庭になってしまいます。温かくて面白味のある家庭ではなく、殺伐とした雰囲気が漂ってしまうことが想像されますね。厳格な家庭といったところでしょうか。これでは子供がすくすくと育つのは難しくなるでしょう。

育児疲れで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

育児疲れでも眠れるようになる方法

育児において一番大切なことは「完璧を求めない」ということです。育児疲れは、考え方を変えて頑張りすぎないことで改善することができます。何もかも100%完璧にこなさなければならないわけではありません。家事や育児は、全部自分でやらなければならないというルールもありません。お金を払って、他人に全部任せてしまっている人もいます。思い切って、誰かに母親としての仕事を任せてしまって、母親自身は気分転換をしていくといいでしょう。

気分転換をするのが苦手な人もいると思います。四六時中、子育てについて悩んでしまう人もいると思います。そういった人に、悩まないで気分転換をしたほうがいいと言っても難しいかもしれません。そのような場合は、インターネットを活用することをお勧めします。発言小町のようなネットの掲示板では、同じような悩みを抱えた人たちが交流しています。簡単に情報を集めることができて、気持ち的にも楽になると思います。
 
また、Youtubeで「情熱大陸」などの番組を観て、人がどのような時間の使い方をしているかを参考にするのもいいでしょう。大体の場合、時間の使い方をあいまいにして生活している人が育児疲れになりやすいと言えます。適度な休息や生活リズムが整っていないためです。人が何かしらの目標を達成する場合、時間管理はとても大切なスキルになってきます。時間の使い方が上手ければ、どんなに忙しくても疲れることはありません。

◆時間の使い方次第で、忙しくても疲れることはない

はじめから完成した生活スタイルを持っている人もいません。思考錯誤しながら、世界で一つだけの自分なりの生活リズムを確立していくことを目指しましょう。まずは何時に起きて何時に寝る、というところから始めるといいでしょう。日々の積み重ねが将来をつくっていきます。毎日繰り返すことで結果は出てきます。子供の将来のためにも、生活のリズムを意識していきましょう。私の場合、夜8時に寝て朝6時に起きることが定着しています。10時間しっかり寝ることで、日中はしっかり活動ができます。

育児疲れで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

育児疲れで眠れないときの禁止事項

育児疲れで眠れないときにやってはいけないことは、「生活リズムを崩してしまうこと」です。禁止事項として中心となるのが、昼夜逆転状態です。これだけはしっかり守りましょう。多少無理をしてでも、昼間はしっかり起きているようにしましょう。

家にいるとつい布団に入りたくなる気持ちも分かりますが、それでは悪い癖が定着してしまいます。人は圧力が掛からないと、どんどん怠ける方向へと傾いていってしまいます。そのため、適度なストレスは必要なものだと言われています。

私たちは何をするにしても、限られた時間の中で何かをこなしていかなければいけません。学生時代でも、社会に出ても変わらないことです。そして、優先順位をつけて物事を行うことも同じくらい大切なことです。自分なりのこれらの尺度を持っていないと、人生そのものが過ごしづらくなってしまいます。

育児疲れも、大きな原因としては自分なりの優先順位や時間尺度が無いことで起きると言えるでしょう。よく「自分を持っている」と表現されますが、会社や学校が無ければ人は時間を持て余してしまうのです。何か制約がなければ、無限に流れる時間をうまく使うことができません。

子育ては時間の制約が無く、全てを自分で決めていかなければなりません。それが難しいところだと思います。子育ては割に合わない仕事です。損得で考えることができないことでもあります。だからこそ、自分なりに「ここまで出来ればよしとする」、できなくてもいいこと、を決めておくことがとても大切になってくると思います。

仮に子育てが上手くいかなかったとしても、子供を産むことが出来ただけでもよかった、などと考え方を変えていくことです。損をしても苦しんでも、最後にはお金では買えない成果が手に入ることだって多いのです。「優先順位、自分軸を持つ」。これが育児疲れを解消するためのキーワードと言えるでしょう。

【まとめ】育児で疲れているのに眠れないのはなぜ?

以上のことから、育児疲れで疲れているのに眠れない理由は、次のようなものがあります。母親の性格や考え方に拠る部分が大きいですが、育児に対する完璧主義の基準を和らげることがポイントになります。自身や子供に対して多少甘くても、子供はしっかり育ちますので大丈夫です。

◆育児で疲れているのに眠れない原因
・疲労が蓄積しホルモンバランスが崩れ、からだのリズムが崩れてしまう。
・からだが常に緊張状態にあり、リラックスしたり休むことができにくい。

◆育児疲れでも眠れるようになる方法
・育児に完璧を求めない。考え方を変えて頑張りすぎないことで育児疲れは軽減される。
・出来るなら積極的に気分転換する。難しい場合は、ネットの掲示板で同じような悩みを抱えた人たちと交流し、精神的な安定を図る。
・適度な休息をとる時間を予め決めるなど生活リズムを整え、時間の使い方をある程度きちんと決めて生活する。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ