GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

育児で眠れない日々はいつまで続くのか?

赤ちゃんが生まれて育児をしていると、お母さんは眠れない時期が増えます。特に、第一子の場合は経験がないので、すべてのことが手さぐりになってしまい、お母さんにかかる負担が大きくなっているのです。そのため、ストレスも多くなっています。

そんな育児の影響で眠れない時期は、一体いつまで続くのかご存知でしょうか?1日や2日、数週間ではないことはお分かりだと思いますが、実際に育児をする・これから育児を始めるお母さんにとって、出来ることなら眠れない時期は短くあってほしいものです。ここでは、意外と知られていない育児で眠れない期間について、明らかにしてみたいと思います。

育児で眠れない日々を少しでも眠れるように改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

育児で眠れない原因とは?

それではまず、どうして育児期間中に眠れなくなるのか、その原因を幾つか挙げてみたいと思います。

(1)赤ちゃんの体内リズムが整っていない

生まれたばかりの赤ちゃんは「夜眠るものだ」という体内リズムがありません。そのため、起きたいと思ったときに起きて、眠くなったら寝るような生活をしています。お母さんとの生活リズムがズレてしまうと、眠れない状態が続いてしまうのです。

赤ちゃんが「夜は寝る」というリズムを覚えるまでは、24時間いつでも泣いたり、授乳を求めたりします。お母さんは自分のことよりも赤ちゃんを優先することが多くなるため、どうしても眠れない日々が続いてしまうのです。出産後、1日1時間もまとまって寝ることが出来ないという人がいるくらい、育児で睡眠時間が削られてしまうことが多いのです。

(2)家事と育児の両立

育児をしていると、昼間は赤ちゃんと昼寝をしていると思われがちですが、実際は赤ちゃんの物音で起きてしまうことが多くなります。お母さんは、赤ちゃんの首が座るまでは、赤ちゃんがうつぶせにならないように注意しなければいけません。

赤ちゃんが寝返りをうったタイミングで身体を仰向けに変える必要があるため、お母さんはぐっすりと眠る時間というのは取れなくなります。赤ちゃんが寝ている間に家事をしなければならないことが多く、食事の支度やお風呂掃除などの家事も、赤ちゃんの様子を見ながらになってしまうので目が離せません。

(3)ホルモンバランスの乱れ

女性の身体は、妊娠・出産に向けて女性ホルモンが大量に作られます。しかし、出産するのと同時に女性ホルモンが急激に減ってしまうのです。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、母乳の有無が変わってきて、乳房に痛みを感じてしまうことが増えたり、ホルモンバランスが乱れることでセロトニンの生成が不安定になったりします。

セロトニンとは、睡眠ホルモンとも呼ばれるもので、身体をリラックスさせたり、眠気を引き出したりする効果があります。女性ホルモンが豊富に作られているとセロトニンも多く分泌しますが、出産後は女性ホルモンが減少するのでセロトニンも減少してしますのです。セロトニンが減少している場合、眠っていたとしても眠りが浅くなってしまうので、物音や赤ちゃんのことを気にして神経質になっているとすぐに起きてしまうということにつながるのです。

育児で眠れない原因とその期間

育児で眠れないお母さんに起きる不眠の症状には、2つの種類があります。「中途覚醒」と「早朝覚醒」です。中途覚醒は、眠っている間でも赤ちゃんの動きや物置で起きてしまって、睡眠の途中で覚醒してしまうという症状です。それ以外にも、早朝の3時や4時には目が覚めてしまって眠ることが出来なくなってしまう早朝覚醒があります。

中途覚醒はセロトニンが影響していて、神経が過敏になっている状態だからこそ起きる不眠の症状です。早朝覚醒はどちらかというと育児のストレスを感じていて、ストレスによって長時間眠ることが出来なくなっているときに起こります。

育児で眠れない期間は、早いお母さんで2~3か月で眠れるようになるようです。ホルモンバランスが戻るのが3か月から半年くらいが一般的のようなので、ホルモンバランスが整っていくことでセロトニンが生成されていき、だんだんと睡眠をとれるようになります。

しかし、育児で眠れない期間が長いお母さんでは、子供が2歳になる頃までは長時間の睡眠が出来ない人もいます。赤ちゃんは1歳頃に断乳することが出来るので、それから夜寝るものだという赤ちゃんの体内バランスが整うのが大体2歳の頃なので、それと同時に眠れるようになります。このように、同じ母親でも育児で眠れない期間は個人差があるようです。周りの人に合わせる必要がないので、自分のペースで育児をしていきましょう。

育児で眠れない日々を少しでも眠れるように改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

育児で眠れない日々の過ごし方

育児で眠れないという状態を夫に理解してもらえないお母さんも多いようです。特に第一子の場合は、母親が自分で育児を出来ないと「母親失格」のような気がしてしまい、気負いすぎていたり、頑張りすぎていたりします。

ストレスも不眠の原因になることがあるので、一人で頑張りすぎないようにしましょう。ここでは、育児で眠れない日々が続いているときの過ごし方をご紹介します。

(1)昼寝を活用する

育児をしていると、昼寝も1時間から2時間になってしまうことが多いので、短い時間で寝付けないという人もいるかもしれませんが、出来るだけ昼寝の時間に横になるようにしましょう。眠れなくても、何度も深呼吸をして心を落ち着かせるようにすると、自律神経の副交感神経が優位になるので寝付きやすくなります。

(2)一人で頑張りすぎない

一人で育児をしていると、産後うつなどになりやすくなるので、家族を頼るようにしましょう。夫に1日育児を頼んでその間寝たり、リラックスできるようなマッサージを受けたり、自分を甘やかす日を作ることも大切です。実家を頼るのもいいですし、、一時保育などを利用することもおすすめです。

毎日眠れない日々が続いていると、お母さんへの負担が大きくなってしまうのでしっかり自分の身体をケアしていきましょう。眠れない日々は長い人で赤ちゃんが2歳になる頃まで続いてしまいます。さすがに2年間も睡眠不足のまま過ごすことは難しいので、適度に人に頼って息抜きをするようにしましょう。

(3)リラックスアイテムを使う

アロマや入浴剤などを使って、自分だけの時間を取ってゆっくりとするようにしましょう。自律神経は、活動的な時に優位になる交感神経、リラックスしているときに優位になる副交感神経があります。副交感神経が優位になっていると寝付きやすくなります。

お風呂にゆっくり浸かる時間がない時は、足湯などでも効果的なので、ぜひ利用してみてください。目元や首元を温めると血行が良くなって寝付きやすくなるので、市販のリラックスアイテムを使うのも効果的です。

◆首や肩に貼るだけのリラックスアイテム

(4)セロトニンが含まれたサプリを飲む

ドラッグストアでセロトニンが含まれているサプリメントが販売されているので、服用することで不足しているセロトニンをサプリメントで補うことが出来ます。眠れないと感じているときはサプリメントの服用も効果的ではありますが、母乳に影響を与えることがあるので、薬やサプリメントの服用については医師に確認するようにしましょう。

育児で眠れない日々を少しでも眠れるように改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

育児で眠れない日々が延々と続いてしまう原因

育児で眠れない日々が続くと、心が荒んでしまって、赤ちゃんにもイライラしてしまうことがあります。子供はお母さんの表情で感情を読み取っているので、眠れなかったり、ストレスが溜まっていたりすると表情が硬くなってしまいます。そんな表情では赤ちゃんも泣いてしまうので、笑顔を心がけましょう。

育児で眠れない状態が続いている時の禁止事項がいくつかあるので、チェックしてみてください。
・一人で何とかしなければと思わない
・辛かったらひとりで抱え込まない
・家族や夫を頼る
・子供に八つ当たりをしない
・睡眠薬の服用はしない

>子育てで眠れない時期がある人は非常に多いですので、辛い時には周りを頼るようにしましょう。睡眠薬の服用は母乳にも影響があるので使用しないようにしましょう。あまり眠れない時には医師に相談して薬を処方してもらうことも可能ですが、まずはアロマやリラックスアイテムで少しでも身体を休めるように心がけてください。

【まとめ】育児で眠れない日々はいつまで続くのか?

以上のことから、育児で眠れない日々は個人差がありますが、早いお母さんではお子さんが生後2~3ヶ月、遅いお母さんでは2歳頃まで続きます。それだけ差が開いてしまう理由は次の通りです。

◆生後2~3ヶ月で母親が眠れるようになる理由
・出産後のホルモンバランスが元に戻るのに3ヶ月から半年かかり、その頃から体内でセロトニンが生成されやすくなり、睡眠がとれるようになる。

◆生後2歳ごろまで母親が眠れない理由
・赤ちゃんの断乳を出来る時期が1歳頃であり、その時期から漸く「夜は寝るもの」という生活リズムが赤ちゃんに作られ始め、2歳頃に完成するため。それまでは、夜泣きなどに悩まされることが多い。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ