GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

子育てのイライラで眠れないとき、どうすればいいのか教えます。

子育ては人生において大きなイベントです。子供の成長を見守るのはとても喜ばしいものです。しかしながら、一方で子育てに過剰にストレスを感じてしまう人もいます。なぜ大好きな子供を育てるなかでイライラしてしまうのでしょうか。

イライラだけならまだしも、そのイライラが募って眠れなくなるお母さんもいます。眠れないと、毎日の子育てや家事にとても支障が出てきます。子育てでイライラしてしまうのは仕方ないとしても、眠れないのは何とかしたいと思うことでしょう。ここでは、子育てのイライラで眠れないときの対処方法について、詳細に見ていきたいと思います。

子育てのイライラで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育てでイライラしてしまう原因

子育てにおいて過度にストレスを感じてしまう原因としては、「頑張りすぎている」ことがあげられます。完璧に子供を育てなければと自分を追い込むあまりに、どんどんストレスが溜まっていってしまいます。少しくらい失敗してもいいやと軽い気持ちで物事を考えることができず、何でも真面目に引き受けてしまう性格の人が陥りやすい状況だといえます。

子供はあくまで人間なので、育児書に書いてあるようにそのまま育つわけではありません。何でも思い通りには動いてくれない存在です。夜泣きもしますし、大人の持てる時間を平気で奪っていきます。ぎゃんぎゃん騒がれると、余裕もなくなり次第にストレスも溜まってしまいます。簡単に大人は子供にコントロールされてしまいます。泣けば相手にしてもらえると思って、子供はますます騒ぐこともあります。そんな中では当然イライラも募ることでしょう。

相手が思い通りには動いてくれない存在だと認めることで気持ちが楽になるのですが、どうしてもマニュアル通りに、平均的に育って欲しいという思いが強すぎると子育てに悪影響を及ぼすこともあります。子育てに正解はありません。誰もが自分の子供にはうまく育って欲しいと思っています。

よく自転車に乗った主婦の人が「どうやったらお宅の○○くんみたいに背が伸びるようになるの?」と聞いていることがあります。お母さん同士で子育てについて相談しあうこともあるでしょう。他人と比べてうちの子はあれが遅い、うまくいかないという考え方は、子育てを楽しくなくする原因になります。発達には個人差があります。ついつい焦って子育てがうまくいかないのは、自分の頑張りが足りないからだと思い込んでしまうこともあります。

子育てに100パーセントはありません。頑張っても頑張らなくても結果はそんなに変わりません。そう思って「割り切る」ことができれば、ストレスを感じることも少なくなってきます。また、子供はこうあるべきだという固定観念を持たないことも大切です。固定観念に縛られてしまうと、のびのびとした子供の成長を妨げてしまうことになります。

子育ての期間は限られています。その中で最善を尽くすしかないのです。英才教育をして優秀な子供に育てようとする親御さんもいますが、実際はどんなに熱心に教育をしても、大人になってからの本人のポテンシャルのほうが大切になってきます。ですから、子育てに対する過度な心配はほとんど意味を持ちません。

「良い子に育って欲しい」という気持ちはわかりますが、それが強すぎるとかえって子育てで強いストレスを感じてしまう結果になります。心配してもしなくても子供は勝手に育っていくものです。

子育てのイライラで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育てのイライラと不眠との関係

常に子育てについて悩んでイライラしていると、からだのホルモンバランスが崩れてしまいます。産後うつの症状が出ることもあり、気持ち的に不安定な状態になっていきます。精神面でのバランスの崩れは不眠を引き起こします。

特に自分の子供の将来は大丈夫だろうか、という悩みはお母さんにとっては代表的なものではないでしょうか。ちゃんと学校に行ってくれるか、就職活動がうまくいくか、という不安は常につきまといます。できるだけ良い大学、企業に進んで欲しいという考え方のお母さんは、特にその傾向が強くなりがちです。

不眠は常に悩んでいることで体内のリズム、時間感覚が狂ってしまうことで引き起こされます。朝・昼・夜の規則正しいリズムが次第にとれなくなっていってしまいます。常にストレスがかかった状態でいると、リラックスすることができなくなり、ずっと起きている状態(緊張状態)が続くことになります。結果的に眠れないという症状につながります。

人のからだは本来、緊張状態とリラックス状態が交互に入れ替わるようにできています。そのメリハリがあるおかげで、仕事や勉強をするときは集中できて、夜中にはぐっすり眠ることができます。しかし、過度にイライラしたりしてストレスが溜まると、生活にメリハリがつきにくくなってしまいます。からだのリズムが崩れてしまうのです。

子育てでイライラしても眠れる方法とは?

子育てにおける不眠を改善する方法としては、生活のリズムを整えることがあげられます。まずは日中にしっかり起きていること、そして夜中には眠れるようにすることです。リラックスできる環境を整えることも大切ですね。たまには夜ご飯は買ってきて済ませて、ゆっくりとお風呂につかる時間を持つなど、ゆったりできる環境をつくりましょう。

ネイルサロンに行ったり、入浴剤は500円以内で色々と良い商品が出ているので、使ってみるといいでしょう。お母さん自身のケアも大切です。子育てはいつか終わるものですから、ずっと続くわけではないと割り切りましょう。子育てを頑張り続けていては続きませんので、手を抜けるところは極力手を抜くスキルを身に付けましょう。

◆入浴剤でリラックスタイム

辛いことはなかなか続きませんし、途中で嫌になってしまいます。毎日繰り返す家事も楽しく行う技術を持っていないと、結婚生活や子育てにおいて満足感を得ることも難しくなります。「いかに楽しく継続できるか」が大切です。そのためにお母さん自身をどのようにコントロールできるかは、人生で大切なスキルではないでしょうか。

今がどんなに辛くても、それは永遠に続くわけではありません。そのことを忘れないでください。人生はいつか終わるものです。子育てという短い期間のなかで、一時的に不眠になっているだけなのです。長い人生から見れば大したことではありません。状況を深刻に捉えすぎないようにしましょう。イライラしても状況は変わりません。できないことは極力夫や他人に任せて、お母さん自身でやらなくて済むように工夫しましょう。
 
あえてお母さん自身を忙しい環境に身を置く、というのも一つの手です。悩んでいる暇がないくらい何かに打ち込むことで悩むことが自然に少なくなり、眠れるようになる場合があります。暇を持て余していると、悩んで思い詰めてしまうこともあります。

子育てだからしっかり休みをとって、という環境に身をおくと不眠になってしまうケースがあると考えられます。子育てに集中するあまり、お母さん自身を追い込んでしまいやすいのです。没頭できる趣味や仕事を見つけることも大事かもしれません。外の世界との関わりを自発的に持つようにしましょう。

子育てのイライラで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育てのイライラが悪化してしまうこと

子育てを丁寧にすればするほど上手くいくというのは間違いです。子育てに手をかけすぎると、逆効果になる場合があります。子供はいずれ外に出て色々な経験をして学んでいくものですから、囲いをつくらないようにすることが大事です。失敗させないようにしようと神経質になればなるほど、不眠・イライラなどの症状は悪化します。

所謂、過保護という状態ですが、親が先回りして何でもやってしまうと、子供は何も学ばなくなってしまいます。安全な道を歩ませたいという気持ちはわかりますが、それは逆効果になることを覚えておきましょう。挑戦して、失敗するからこそ人は学ぶものです。痛い思いをしなければ分からないことも沢山あります。

優秀な子供に育って欲しいという気持ちは、早めに捨ててしまいましょう。親の過度な期待、手をかけすぎた子育てのせいで、多くの子供たちが精神的に病んでしまっています。子供のできる範囲で満足するようにしましょう。英才教育はかえって子供を傷つけてしまう可能性も高いので危険です。

お母さんの子供たちへの要求水準が高いほど、お母さんはストレスが溜まりやすくなります。理想が高すぎればそれに伴い、できないことへのイライラが増えます。不眠になってしまうほど悩むお母さんは、子供の人生こそわが人生、と抱え込んでしまうのですが、子供の人生は子供の人生です。あなたの人生ではありません。混同しないよう注意しましょう。

【まとめ】子育てのイライラで眠れないとき、どうすればいいのか教えます。

以上のことから、子育てのイライラで眠れないときは、次のような改善方法が考えられます。お母さん自身の考え方を変えなければならないため、すぐには眠れるようにならないかもしれませんが、だからこそ早めに取り組み始めなければ、いつまでたっても眠れるようになりません。

◆子育てのイライラで眠れない原因
・イライラしてしまうことで、からだのホルモンバランスが崩れる。精神的に不安定な状態に陥りやすく、その状態が続くと産後うつになる可能性もある。
・常にイライラし、悩んでいることで体内のリズム、時間感覚が狂う。生活の規則正しいリズムが次第にとれなくなり、常にストレスがかかった状態になってしまうことで、緊張状態からリラックス状態への切り替えが出来なくなる。

◆子育てのイライラで眠れない状態を改善できる方法
・日中にしっかり起きて、夜中には眠れるようにするなど、生活のリズムを整える。
・状況を深刻に捉えすぎず、イライラしない心理状態を作り出す。できないことは極力、夫や他人に任せて、お母さん自身でやらなくて済むように工夫する。
・お母さん自身を忙しい環境に身を置き、悩んでいる暇がないくらい何かに打ち込む。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ