GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

子育ての不安や悩みで眠れなくなるのはなぜ?

現代の日本には、様々な便利な機械や道具がそろっています。子育てをする際にも、ベビーカーなどがない時代はずっと抱っこをしていなければいけなかったので、今よりも子育てが大変だったことが想像できますよね。

ですが、昔は道具がない代わりに、家族や近所の人たちなどで助け合いながらの子育てが一般的でした。現在は、インターネットの普及や道具の普及により、結婚後は夫婦と子供だけの核家族化が進んでいます。
核家族化が進んだことで、母親が育児の負担の多くを背負うことになり、子育ての不安や悩みを感じる頻度が圧倒的に増えてしまっています。ここでは、子育ての不安や悩みで眠れなくなる原因について、明らかにしたいと思います。

子育ての不安や悩みで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育ての不安や悩みには何がある?

まず、子育ての不安や悩みにはどのようなものがあるでしょうか?核家族化により、頼れる家族が近くにいないケースが増えていたり、地域との助け合いというのが希薄になっていたりと、母親にかかる負担が大きくなってしまっています。そのため、子育ての不安や悩みは「母親だけのもの」になりつつあり、そのせいで不眠などの症状を表してしまうケースも少なくないです。

<子育ての不安や悩み>
・肉体的疲労、疲れがたまっている
・子育てにかかる出費や、そのやりくり
・家事と子育ての両立
・自分の自由な時間がない
・仕事との両立が難しい
・子供から目が離せないので休める時間がない
・子供が病気になることが多い、その病気への看病などの対応
・一人で子育てをしているため精神的な負担も大きい

夫が働きに出ている間、母親は子供の世話をしながら家事を行う必要があります。乳児から幼児までは目が離せないことが多いので、集中して家事をする時間も取れません。とにかく効率よく家事をこなす必要があり、家事が終わったら子供の世話をする必要があるので、休める時間が少ないのです。

最近では「育メン」と呼ばれる子育てに積極的な男性も増えていますが、それでも母親にかかる負担は大きいです。特に初めての育児だと、母親は子供の夜泣きでも四苦八苦してしまいますし、精神的・肉体的に感じる疲労は想像を絶するものがあると思います。

子育ての不安や悩みで眠れなくなる原因とは?

子育てをしているうえで、不安や悩みを持つことは多くなります。子供の年齢によって、眠れなくなる原因が変わってくるのでそれぞれご紹介します。

(1)乳児の子育ての不安や悩みによる不眠

生まれて間もない赤ちゃんは「夜になったら寝る」という生活リズムが整っていません。そのため、いつでも眠れるし、いつでも起きて泣いてしまうのです。母親は赤ちゃんのリズムに合わせて生活するので、今まで寝ていた夜も起きて赤ちゃんの世話をすることが増えるため、眠れないと思うことが多くなります。

子育てにおいて圧倒的に不足するのが睡眠時間です。母親は細切れの睡眠時間をつないで眠ることしかできないので、肉体的な疲労や精神的疲労が重なります。また、女性ホルモンの影響ですぐに寝付きにくくなってしまいます。

本来であれば、赤ちゃんが寝ている間にお母さんも休んだ方がよいのですが、乳児の場合は乳幼児突然死症候群というものがあるため、赤ちゃんが寝ているから安心して眠れるということにはつながりません。乳幼児突然死症候群の6割は睡眠中の赤ちゃんに起きるものなので、母親は赤ちゃんが寝ている間も定期的に赤ちゃんの状態を確認する必要があります

(2)子育ての不安や悩みによるマイナス思考

子育てをしているときに、不安や悩みが増えます。それを誰に相談してよいかわからずに、一人で抱え込んでしまうお母さんが多く、一人で悩んでいるうちにマイナス思考になってしまいます。精神的なストレスが重なっていたり、日常生活に不安があると眠れなくなったり、大きな子育てや家庭での悩みも不眠の原因になります。

ストレスだけでなく、子育てをしているときに生じる精神的負荷が母親の睡眠に影響を与えます。子育てをしていると、「自分はダメな母親だ」とマイナス思考になることも、不眠につながります。

(3)子供のイヤイヤ期などのヒステリー

子育てをしていると、赤ちゃんとの生活に慣れてきたと思ったらすぐに赤ちゃんが成長してしまい、新しい悩みが生まれてしまうものです。特に、赤ちゃんの頃は手探りだった子育てになれてきたところで、2~3歳で訪れるイヤイヤ期に悩まされるお母さんも多いです。

それまでは母親の言うことを聞いてきた幼児が、何をするにもイヤだと主張したりするのがイヤイヤ期です。「お腹空いた、ご飯食べるのイヤ!」というような理不尽な否定が多いため、イライラしてしまうお母さんも多いです。2~3歳になると走り回ることも覚えるので、精神的な疲労に肉体的な疲労がプラスされてしまいます。

疲れているところに毎日イヤイヤと泣かれて、ついヒステリーになってしまうことも。そして、ヒステリーに叱ってしまってから自己嫌悪に陥ってしまうと、より眠れないという症状につながってしまいます。

子育ての不安や悩みで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育ての不安や悩みがあっても眠れるようになる方法

(1)夫婦で協力する

子育てをしていると、父親は育児の手伝いをする、というイメージが強いですが、ふたりの子供なので育児もできるだけ分担するようにしましょう。母親の育児を手伝うのではなく、ふたりで育児をするというチーム意識を持ち、不安や悩みなどは共有するようにしましょう。

父親がフォローできない場合は、両親などの協力を仰ぎ、母親がひとりで頑張りすぎないようにすることも大切です。周りにフォローできる親族がいない場合は、行政などのサービスを利用することも大切です。

あまりにも眠る時間が取れないときには、一時保育に預けることも方法のひとつです。「子供を預けるのはちょっと」という人もいますが、子育ての期間は長いので、無理をしないようにしていくことも大切です。

(2)1日にリラックスタイムを作る

子育ては肉体的にも精神的にも疲労が溜まりやすいので、母親がリラックスタイムを持つことは不眠改善に効果的です。例えば、父親が仕事から帰ってきたら、子供を預けて一人でゆっくりお風呂に入る。これだけでもリラックスすることが可能です。

疲労がたまっていたり、子育てでバタバタしていたりすると、自律神経が活動的な交感神経に偏りがちです。リラックスタイムを持つことで副交感神経が優位になるので、寝付きやすくなります。お風呂にはリラックスできる入浴剤などを使うようにしましょう。

◆入浴剤でリラックス

(3)自分だけではないと認める

子育てをしていると完璧な母親を目指してしまいがちですが、実際は完璧になることは不可能なので悩んでいるのは自分だけではないと思うようにしましょう。ママ友や友人に相談することも大切です。悩みは共有しておくことが大切です。最近では、SNSで育児の悩みや不安を吐き出している母親もいるので、相談する人がいない時にはそういったツールを使うことも大切です。

子育ての不安や悩みで眠れない状態を改善できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育ての不安や悩みを悪化させてしまうこと

子育ての不安や悩みを一人で抱え込んでしまうと、不眠の症状が悪化します。いわゆるワンオペ育児(ワンオペレーション育児)のように、母親が自分一人で子育てをしてしまうと、ストレスの掃き出し口がなくなってしまうので、できるだけ避けるようにしましょう。

ワンオペ育児の場合、ストレスや疲労が溜まってしまって子供に八つ当たりをして自己嫌悪に陥る、ネガティブになるなどの逆効果が多いことも特徴のひとつです。育児は、子供が小学校にあがる頃までバタバタすることが多いです。その期間一人で育児をしないように、周りの助けを借りながら育児をしていくようにしましょう。

また、子供の様子が変わってきて、ストレスを感じる人も多いですが、それは子供が成長しているからなので、負担に思うのではなく成長を喜べるように、夫婦で協力しながら育児をしていくようにしましょう。

【まとめ】子育ての不安や悩みで眠れなくなるのはなぜ?

以上のことから、子育ての不安や悩みで眠れない原因には、次のようなものが考えられます。女性ホルモンの影響だけはどうしようもありませんが、他の原因は、夫や両親などの周囲の協力を得られれば、ある程度は軽減できるものばかりです。ですので、子育てを1人で背負うことを止めさえすれば、きっと眠れるようになります。

◆子育ての不安や悩みで眠れない原因
・母親は赤ちゃんのリズムに合わせて生活するように変わり、眠りたいときに眠れない。
・細切れの睡眠時間をつないで眠るため、肉体的な疲労や精神的疲労が重なる。
・女性ホルモンの影響で寝付きが悪くなっている。
・睡眠中の赤ちゃんに起きる乳幼児突然死症候群。
・一人で悩んでいるうちにマイナス思考になり、度重なる精神的なストレスや日常生活への不安でと眠れなくなる。
・2~3歳で訪れるイヤイヤ期に加え、子供が活発になり、精神的な疲労に肉体的な疲労がプラスされてヒステリーを起こし、自己嫌悪に陥る。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ