GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

子育て中に不眠や頭痛の症状がつらい時どうすればいい?

慣れない子育ては思い通りにいかないことが多くあります。妊娠前のように自由に生活することができず、ミルクをあげたりオムツを替えたりしなければなりません。普段通りにできないことが増えると次第にそれがストレスになっていきます。

ストレスは、自律神経などのからだを安定させる機能を崩すことになり、結果的に頭痛などの症状を引き起こします。普段から完璧に家事をこなさないと気が済まない人、働いている人、趣味の時間を持っている人などは、子育てにより自分の時間が減ってしまいよりストレスを感じやすくなるといえます。ここでは、子育て中に不眠や頭痛の症状がつらい時の対処方法について考えてみたいと思います。

子育て中でもしっかり眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育て中に頭痛が起きる原因

子育て中は、お母さんはどうしても睡眠不足になります。夜中に頻繁にミルクをあげたり、オムツを替えたりしなければなりません。睡眠不足は、からだのバランスを整える自律神経を乱してしまうため、結果的に強い頭痛が現れる場合があります。

肩こりもお母さんにとっては重大な問題です。赤ちゃんは生まれたときは3キロほどですが、成長すると10キロも超えます。授乳期間中は赤ちゃんを抱きかかえて授乳することになるので、赤ちゃんがミルクを飲みやすい姿勢を維持することによって強い肩こりが生じます。肩こりによって神経が圧迫されて、結果的に強い頭痛を引き起こします。

冷えも大敵です。からだを冷やしてしまうと、血液の巡りが悪くなり、筋肉が縮こまってしまうため、神経が圧迫され肩こり、頭痛が起こります。薄着だったり、冷たい飲み物を飲みすぎたり、授乳中に肌を露出することで冷える、お風呂にゆっくりつかる時間が無い、などが原因となります。

授乳中は、幸せホルモンと言われるオキシトシンというものが分泌されます。本人を幸福な気持ちにさせてくれる一方で、ホルモンバランスが崩れて分泌過多になったりすると、頭痛を引き起こす可能性があります。出産後数週間で落ち着く場合が多いとされています。

水分不足も頭痛の原因となります。人間のからだの6割は水分ですが、水分不足になると血液の巡りが悪くなり、頭痛が起こりやすくなります。母乳も水分であるため、授乳後は水分不足になりやすくなります。授乳する前にはしっかり水分補給をしておかないと、水分不足で頭痛が起こりやすくなります。

同様に鉄分不足にも気をつけましょう。母乳は水分であり、実際には血液が変化したものです。赤ちゃんにとって多くの栄養素が含まれるのですが、母親自身の栄養も一緒に外に出て行ってしまいます。結果的に鉄欠乏症になり、頭痛をはじめ、めまい・ふらつき・イライラなどの症状が出ることもあります。

子育て中の頭痛と不眠との関係

子育てはとにかく色々なことが思い通りには運びません。自分の持てる時間をすべてといっていいほど赤ちゃんに注がなくてはなりません。産後は毎日が睡眠不足、不眠症の傾向が続きます。子供の世話を完璧にしたい人ほど、神経が張り詰めた状態のままで、疲れが溜まりやすくなります。

また、ストレスによりホルモンバランスが乱れることで、からだのリズムを整える自律神経のバランスが崩れ、精神的にも不安定になりがちになります。そうしたストレスの蓄積が日常のなかで続いていくと、やがて頭痛の症状が出てくるようになります。頭痛によって寝つきも悪くなり、不眠症の症状が悪化するという悪循環に陥ります。

常にからだは緊張状態・戦闘モード。このような育児疲れを放置していると、産後うつや育児ノイローゼに発展してしまう場合もあります。不眠症、頭痛、精神的にイライラしてきたら危ないと心得ておきましょう。子育て中は24時間にわたり、ずっと赤ちゃんの様子を見ていなければならず、心が休まる暇がありません。神経質な人は夜中に寝付くことができないことも多くなります。

子育て中でもしっかり眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育て中の頭痛や不眠の症状を改善する方法

子育てを自分一人で抱え込まず、夫をはじめとして周囲の人に頼るようにしましょう。美容院に行くときなどは、長時間預けられる一時保育を利用することもできます。自分だけのリラックスタイムを作って気分転換しましょう。

また、赤ちゃんと一緒に昼寝をしてしまうことも有効です。昼の10分の仮眠は、夜の1時間の睡眠に相当するといいます。これで不眠の状態をカバーすることができます。たった20分のうたた寝でも効果があります。

マグネシウムには、からだを落ち着かせて、眠りやすくする効果があります。過度に興奮した神経系を落ち着かせることができます。子育て中のピリピリとはりつめた神経も柔らかいものに変えることができます。
 
マグネシウムのリラックスとストレスに対抗する役割を考えると、マグネシウムは不眠症の改善に効果があるといえます。入眠を助け、眠りの質を上げる効果も期待できます。マグネシウムが多く含まれている食品としては、あおさ・あおのり・わかめなどがあります。

また、ビタミンのなかで欠乏しやすいと言われているのがビタミンB群です。ビタミンB群は、ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ナイアシン・パントテン酸・葉酸・ビオチンの8種類をまとめた呼び名です。

特にB12は、睡眠・覚醒に関わるビタミンで、夜更かしなどによる不規則な生活で乱れた体内時計を戻す手助けをしてくれます。また、神経機能を落ち着かせる作用もあるので、ストレスの多い人は積極的に摂りたいビタミンです。B12が多く含まれる食品は、シジミ・赤貝・アサリ、牛レバーや鶏レバーなどです。

子育てには正解はありませんから、気長にリラックスして楽しみながら子育てに取り組めるといいですね。ストイックになりすぎず、お菓子を食べたり、コーヒーを飲んだりしつつ休息をはさみながらやっていきましょう。

◆子育ての合間にコーヒーブレイク

子育て中でもしっかり眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

子育て中の頭痛や不眠を悪化させること

子育ての際に頭痛や不眠が悪化しないようにするための注意点としては、すべてを自分一人で抱え込まないようにするということです。赤ちゃんが生まれたばかりの頃のお母さんというのは、ほとんど初心者で、育児について全く何も知らない人が多いと思います。そんな中、夫やおばあちゃんなどに頼める環境ではなかったり、専門家にも相談せずすべてを一人で行おうとするとかならずどこかで爆発してしまいます。

生活リズムを崩すことも厳禁です。不眠症を悪化させないためにも、規則正しい生活リズムを身に着けることはとても大切です。昼間はしっかり起きて、夜はしっかり眠る・リラックスモードに切り替えることで次第に不眠症は良くなっていきます。

朝・昼・夜のリズムをしっかり作りましょう。1日3食はしっかり食べるようにして、日中はちょっと疲れるくらいの活動を取り入れましょう。昼寝も寝すぎないことがコツです。ズルズルと怠けていると不眠症は悪化してしまいます。生活リズムのリセットは初めは大変かもしれませんが、一度定着してしまえば日中の作業効率もアップして一石二鳥ですよ。

また、赤ちゃんが眠ってしまったタイミングで、ここぞとばかりに家事や仕事をこなそうとする人もいますが、それは逆効果です。その時は、赤ちゃんと一緒に眠って休んでしまったほうが良いのです。昼間はゆったり休んで、夕方から残っている仕事や家事をささっとこなすほうが効率的です。休息をはさみながら作業をすることで効率が上がるというのは、仕事でも育児でも重要なことなので覚えておきましょう。

【まとめ】子育て中に不眠や頭痛の症状がつらい時どうすればいい?

以上のことから、子育て中の不眠や頭痛の症状を改善するための方法には、次のようなものが考えられます。昼寝やマグネシウムの効果は、ご存じない方が結構いらっしゃったのではないかと思いますので、やれそうなものから取り組んでみて下さい。

◆子育て中の不安や頭痛の症状を改善する方法
・子育てを自分一人で抱え込まず、夫をはじめとして周囲の人に頼り、自分だけのリラックスタイムを意識して作る。
・赤ちゃんと一緒に昼寝する。昼の10分の仮眠は、夜の1時間の睡眠に相当。
・入眠を助け、眠りの質を上げる効果も期待出来るマグネシウムを積極的に摂取する。あおさやわかめなどの海藻類にマグネシウムは豊富に含まれている。
・夜更かしなどによる不規則な生活で乱れた体内時計を戻す手助けをしてくれる、ビタミンB12を積極的に摂取する。貝類やレバーにビタミンB12は多く含まれている。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ