GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

【会社のストレス】後輩の妬み・いじわるが原因で寝付けない夜が続く

TAKEBE160224300I9A0331_TP_V
私は現在40歳、介護職をしている女です。私に初めて不眠の症状が表れたのは、2007年です。それから3年ほど不眠の症状は続きました。

寝付きの悪さで疲れがピークに

不眠の症状としては、寝つきがとても悪い、眠りが浅く夜中に目が覚める、朝方目が覚めると眠れなくなるなど色々ありましたが、一番辛かったのは寝つきが悪かったことです。早めにベッドに入るよう心がけ、テレビを見て眠くなったらそのまま寝られるようにしていましたが、1時間以上寝付けないことが多く、それが徐々にエスカレートしていき、夜中の2時、3時まで寝付けない日が増えていきました。

しかしながら翌朝にはきちんと起きて会社へ出社。勿論頭は働かず体もだるい、精神状態は疲れきっていました。そんな寝付きの悪い日々が続いたことで、夜が怖くなり、寝るのが怖くなっていったのです。ベッドに入っても、また眠れないのかと思うと辛く悲しく、疲れはピークに達していました。

寝付きの悪さの原因は職場のストレス

こんなに寝付きが悪くなったのは、当時の職場が原因です。8年以上勤めた職場でしたが、部署が変わったことや上司が変わったこと、後輩の態度が変わったことが原因です。無理な仕事をおしつけられ、わからないうえに仕事量が多く毎日残業、おまけに後輩からの妬みが私に向けられていたことです。

後輩は、入社した頃は私を慕ってくれていましたが、私が上司から褒められたり、男性社員と仲良く話をしていると、それを見た後輩が妬んでいじわるをしてくるのです。過度のストレスと、会社へ行きたくないという思いが睡眠を妨害していました。

眠れない辛さが限界に達した時、すがるような思いで薬局でドリエルを購入し飲んでみたところ、すぐには寝付けないものの、飲まないよりは眠れるといった感じで効果もみられたため、1年ほど飲み続けました。しかしながら金銭的にも無理がきてドリエルの購入を止めたのです。その後は眠れない辛さと体の疲れからか、涙を流すことが多くなり、精神状態がおかしくなっていきました。

睡眠導入剤と依存症

どうしたらいいのかわからず途方にくれていた頃、知人が診療内科へ通っていたのをきっかけに、病院を紹介してもらい心療内科へ通う決心をしました。そこで睡眠導入剤を処方してもらうようになったのです。ハルシオンとマイスリーという睡眠導入剤を処方してもらい、どちらが自分に合うか試しながら飲み続けました。

その頃、睡眠導入剤と併用して入眠時に聞くとリラックスするという音楽を流してベットに入るようにしていました。2年ほど睡眠導入剤にお世話になり、音楽と併用することで寝付けない辛さからは解放されるようになりました。

しかしながら、睡眠導入剤を飲むことで眠れる、飲まないと寝られないという思いが強くなり、薬がないと不安で仕方がなくなっていました。すっかり睡眠導入剤に依存してしまっていたのです。無意識のうちに、薬の依存症になっていたのです。

そんな生活が続く中、結婚を機に会社を退職することになりました。それからは医師の判断のもと、徐々に睡眠導入剤の量を減らし、自然に寝付けるようになっていきましたが、そんな経験を経た現在も悩み事、不安事、過度にストレスがたまったりすると、以前ほどではありませんが、時折寝つきが悪い時があります。不眠を完全に治すには、もう少し時間がかかるようです。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ