GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

授乳期間中に咳で眠れない場合、どうすればいいのか?

授乳期間中の母親は絶えず赤ちゃんの様子を見る必要があり、休む暇がありません。そんな中でも、風邪をひいてしまったり体調を崩してしまうことがあります。普通の風邪であれば自分ひとりで済むので自由に休息をとることができますが、授乳期間中の場合は母親一人だけの時間を作るのが難しく、風邪を治すのにも時間がかかりがちです。ここでは、授乳期間中に咳が酷くて眠れない時の対処方法について考えてみたいと思います。

授乳期間中の咳が酷くても眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

授乳期間中の風邪・咳の症状

咳が出てしまう原因としてはいくつかの原因があると考えられます。単に総合病院の内科などで見てもらうだけでなく、特に授乳中の場合は、別の病気にかかっている可能性も視野に入れておく必要があります。大切な赤ちゃんを守るためにも早めの対処が望ましいですね。

乳腺炎という病気があります。これは授乳期間中の初期に起こりやすいもので、感染症の一種です。普通の風邪のような発熱、悪寒といった症状が出る場合があります。一般的な風邪との違いは、おっぱいに痛みを感じることが挙げられます。

高熱が出ているときは、普通の風邪と区別がつかないことがあります。乳腺炎でも時にインフルエンザのような症状が出るケースもあります。内科に診察に行けば「ただの風邪」で済まされてしまうかもしれません。

授乳期間中になかなか発熱だけが治らないという場合、乳腺炎の可能性が高いので、助産院や乳腺外来にかかってみましょう。乳腺炎は、「母乳が多量に作られて、外に排出しきれないこと」が原因として起こります。激しい痛みを伴う場合もあり、しっかり授乳して母乳を体外に出さないと、どんどん症状が悪化して、最後には切開が必要となる場合もあります。

授乳期間中の咳で眠れないのはなぜ?

授乳期間中に咳が酷いと眠るのも一苦労ですよね。急性気管支炎という病気があります。急性気管支炎はウイルスに感染してしまうことが原因で引き起こされます。感染の原因となったウイルスがインフルエンザである場合は、筋肉痛や全身の痛みを伴う場合があります。

急性気管支炎にかかるとまず、痰の絡まない乾いた咳が出るようになります。咳は症状の中でも一番治りにくい症状だと言われています。完治するまで2~3週間以上かかることがあります。このようにして、体の痛みと止まらない咳によって眠りにつくことが困難になっていきます。乳腺炎でも同じように高熱や風邪のような症状が出て、寝苦しくなる要因になります。

安心して眠るためには、心身をリラックスさせて楽な状態にすることが不可欠ですが、急性気管支炎や乳腺炎といった病気の症状によって痛み・不快感が出てしまい、十分に眠れない状況を引き起こしてしまいます。普通の風邪でも、咳が絡んで苦しい・からだの悪寒や怠さで眠れないことはよくあります。眠るには快適な環境・十分な精神的ゆとりが必要だ、とお分かりいただけたでしょうか。

授乳期間中の咳が酷くても眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

授乳期間中の咳を静める方法

授乳期間中は、母親の自分だけでなく赤ちゃんのことも考えて栄養を摂取していかなければなりません。咳を治すために、むやみに薬に頼るのは危険です。医師に確認して、赤ちゃんに害がないかしっかり確認するようにしましょう。

薬で治したいという場合、安全なものをいくつか紹介します。まずは、「アセトアミノフェン」です。解熱・鎮痛剤です。授乳期間中に飲んでも安全とされています。市販薬も沢山出ていますので、ドラックストアなので探してみるといいでしょう。

また、漢方薬も有効です。有名なものをいくつか紹介します。麦門冬湯(バクモンドウトウ)乾いた咳が続くときや、痰が切れにくい咳、空咳などのような症状があるときに使われます。麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ)は、気管支炎やぜんそくに使われてきました。風邪にも効きます。麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)は、からだの弱い人や高齢の方、病み上がりの風邪に効果があるとされている薬です。

咳で眠れない症状を薬ではない手段で改善したい場合、いくつか方法があります。まずは水分補給をしっかりすることです。特にからだをあたためてくれる飲み物がいいでしょう。缶コーヒーやカルピスのペットボトルには、実はかなりの量の砂糖が入っていますので、日ごろから摂取する場合は、白湯や薄めたコーヒーなどがいいでしょう。

からだの巡りをよくすることが大切です。十分な休息をとりましょう。授乳中はからだのリズムを整える良いチャンスになります。極力手を抜いて休む癖をつけてしまうと、赤ちゃんが育ってきた段階でだいぶ楽になります。

少し話はそれますが、「がん」や「冷え性」などは、からだの巡りが悪いことで引き起こされると私はは考えています。乳腺炎も、原因としては母乳の「詰まり」、つまり体内の循環が上手く行っていないことで起こります。イメージとしては川の流れのように人のからだは循環しているのです。
 
体における出す・入るの循環がしっかりできていないと、途中で「詰まり」が起きてしまいます。健康管理においても、風邪になってしまうのは、この自然な循環力がどこかで滞ってしまうことで引き起こされやすくなると思います。

咳も十分に体内での循環(水分や排泄)が出来ていないことにより、引き起こされやすくなるのではないでしょうか。まずは水分補給を徹底してからだの巡りを良くしてください。そして「時間をゆったりと使う」ように心がけてみてください。タイトなスケジュールだと人は休息しにくく、効率の悪いライフスタイルになってしまいます。

仕事量を減らすというのも重要です。時間の使い方をゆったりにすることで、ひとつひとつの行動の効率が良くなり、健康寿命も長くなりやすくなります。1日の使い方をゆったりにしてしまうことは効果的です。

私自身の例で言えば、水分補給だけはしっかりして、1日1食にすることがあります。そして、昼にだけ好きなものをガッツリ食べたりしています。元々の性格が真面目な方なので、ストイックさを少なくするようにしています。1日スイーツだけ、という日もあります。毎日健康でいなければ!と自分を追い込むより、かえって健康でいられる秘訣です。

◆1日スイーツだけの日ならこんなものを食べる

授乳期間中の咳が酷くても眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

授乳期間中の咳を悪化させないためには?

授乳期間中に咳で眠れないときの禁止事項は「無理に眠ろうとすること」です。人はただ横になっているだけでも、休めているということが分かっています。私は眠れないときはいったん起きて、家事をやったり溜まっている雑用をこなす時間にあてたりしています。普段は忙しくてできないことを、眠れない時間を使ってやってしまうのはとても効率的ですよ。

さすがに夜中の2時や3時になれば、自然と眠くなってきます。無理に眠らなくても人は意外と生きていけます。本当に眠くなれば勝手に眠ってしまいます。ストイックに絶対眠らなきゃ、と思えば思う程、眠れなくなっていきます。

また、咳は環境に左右されやすいので、空気が乾燥した状態を避けるようにしましょう。エアコンを扇風機に変えることや、濡れタオルをかけるなど工夫しましょう。眠るときに、仰向けになるのも避けましょう。仰向けで寝ると、鼻水がのどに流れて、刺激となって咳が起きる場合があるので、寝るときは「横向き」を心がけましょう。

寝具を不潔にしたままにするのもやめましょう。直接顔やからだが触れる部分ですから、清潔にしておかないとホコリやゴミなどを吸い込むことになり、咳を悪化させる原因となります。同じ理由で空気清浄機を使うことも有効です。咳を悪化させないためには、快適で清潔な環境を維持することが大切です。

【まとめ】授乳期間中に咳で眠れない場合、どうすればいいのか?

以上のことから、授乳期間中に席で眠れない場合の改善方法には、次のようなものが考えられます。主に薬を用いた改善方法と薬以外の改善方法があります。即効性があるのは薬かもしれませんが、母体や赤ちゃんへの影響を気にするのであれば、薬以外の改善方法を中心に試してみると良いでしょう。

◆授乳期間中に咳で眠れない症状を改善する方法
・咳を治すために薬を用いる場合は、必ず医師に相談する。市販薬を使うのであれば、「アセトアミノフェン」が主成分のものだと安全。
・漢方薬は次の3種類が効果的。
 ①麦門冬湯(バクモンドウトウ):乾いた咳が続くときや、痰が切れにくい咳、空咳などのような症状に効果あり。
 ②麻杏甘石湯(マキョウカンセキトウ):気管支炎やぜんそくに効果あり。風邪にも効く。
 ③麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ):からだの弱い人や高齢の方、病み上がりの風邪に効果あり。
・体をあたためる飲み物を意識して摂取し、水分補給をしっかりする。
・時間をゆったりと使うように心がけ、休むことを意識する。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ