GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

週1回のヨガで眠れる幸せを感じています

a0027_001862
40歳の専業主婦です。私は過去、2006年頃から昨年くらいまで、不眠症にかなり苦しみました。不眠の症状を自覚したのは、30歳頃からだと思います。

入眠障害で眠れないまま4時間をベッドで過ごす日々

私の不眠の症状は、入眠障害でした。ベッドに入っても一向に眠れないのです。夜になると眠気を感じるのですが、ベッドに入ると目が冴えてきてしまうのです。普通でも、ベッドに入ってから4時間くらい眠れない事はよくあり、ひどい時は、途中ウトウトしながら完全に熟睡することなく、夜が明けてしまうということがありました。

眠らずに4時間もベッドで過ごしてしまうと、何もせずに4時間過ぎてしまったと思い、なんて駄な時間を過ごしてしまったんだろう、と更に落ち込んでしまいます。おそらく、眠れないことが更にストレスになり、「眠らなくては!」という焦りに似た気持ちが余計に眠れないようにしていたのかもしれません。

性格的に何も考えないことは無理

不眠を解消するために本やWebサイトで調べたところ、何も考えないことが一番と知り、何度もやってみようと思いました。でも、それは無理でした。眠れない時間は、ふと気付くと、今日の出来事から始まり、過去のことにまで遡り、色々と頭の中を考えが巡ってしまうのです。

当然のことながら、考え事をしていると、更に目は冴えてきます。そして、眠れなくなるという悪循環を繰り返していました。不眠解消のツボ押しや、ストレッチなどもやってみましたが、残念ながら私には効果はありませんでした。

ヨガにより入眠障害を改善

「この不眠の原因は何だろう?」と考えたのですが、正直、あまり思いあたるところがありません。もしかしたら、日常の生活で知らない間にストレスを感じていたのかもしれません。ある時、ヨガをして不眠が改善されたという話を聞きました。そこで、モノは試しに何ヶ月か前からヨガを始めることにしたのです。

ヨガをやってみると分かるのですが、全身の筋肉を使ったゆっくりとした動作で、すごく血行も良くなり、良い感じの疲労感もあります。そして、最後の「シャバアーサナ」という休む状態の時に、なんと、ぐっすりと眠りに入ってしまいました。後で周りの方から聞いた話では、イビキまでかいてしまったようで、自分でもビックリしてしまいました。恥ずかしさもありましたが、ちょっと嬉しかったです。ヨガによって、すごく体がリラックスできていたんだと思います。

その夜は、不思議なほどぐっすりと眠れました。眠れないと感じる間もなく、眠りに落ちました。そして、その後も週に1度のヨガを続けています。時々、以前のように眠れない日もありますが、今は、ぐっすりと眠りにつける日が多くなりました。今まで眠れなかった時に比べ、気持ちも体も軽くなり、大げさなようですが、眠れることの幸せを感じています。

不眠は、本当に辛い症状です。眠れない時間がどんなに長く感じることか、こればかりは実際に経験しないと分からない感覚だと思います。私の場合は、ヨガをすることで、気持ちと体がリラックスできたようです。このまま、不眠症が完全に治ることを願っています。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ