GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

酷い中途覚醒の原因は毎日5~6杯飲んでいたコーヒー

NKJ56_coffeecok_TP_V私は現在50代の主婦ですが、もともと規則的な睡眠のできない生活が長く続いていました。睡眠を妨げていたものは、家族の生活時間があまりに違ったことです。

娘と夫の生活リズムの違いで睡眠時間がなくなる

娘のお弁当を作るために朝5時には起きなければならず、娘が7時に学校に出た後、主人が9時半頃に起きてきて12時すぎに出社。それから午後6時頃に娘が帰ってきて、深夜2時すぎに主人が帰ってくる、という1日のタイムテーブルです。

この隙間をぬって家事やコツコツやっている仕事、息抜きの趣味などをしてきました。しかし、肝心の睡眠は主人が出かけてから娘が帰ってくるまでの間しかまとまった時間が取れず、それも娘が学校から午前中だけで帰ってくる日もあったりで、十分な睡眠時間が取れず、慢性的な睡眠不足が続いていました。そのため、眠るときはほんの1分かからずに眠れていたのですが、2014年の秋ごろから上手く眠れなくなりました。

何をやっても眠れない日々/h2>

ちょうどその頃から、まとまった量のお仕事を受けるようになっており、余計にしっかり眠ることは重要なのに、寝入ってから30分もすると目が覚めてしまうようになってしまったのです。その後、いくらまた眠ろうとしても眠れません。右に左にごろごろと寝返りを繰り返すばかりでどうもダメです。

それならと読み進めるのが困難な純文学系の小説を開いてみたのですが、それでも眠れません。お子さんをお持ちの主婦ならよくお分かりだと思いますが、眠らなければお弁当を作ることも、家事をこなすこともできません。

でも、いくら焦っても寝つけず、とうとう起きて仕事に取りかかったりしていました。寝不足の冴えない頭でやっていい仕事ができるはずもありません。頭が冴えないだけでなく、目も体も休みたいと訴えるように重くてだるいのです。

これじゃ仕事にならないからと、コーヒーを淹れて無理やり仕事をしていました。そんな状況でもなんとかなっていたのだから、どこかで眠っていたのでしょうが、わたし自身はとても辛かったですね。主人は「年だな」などと言いますし、わたしの母親がやはり夜に眠れないといつも言っているので内心「まさか・・・」と不安になりました。

飲むコーヒーの量を減らして深い眠りに

でも、あるときすごく単純なことに気がついたのです。わたしはそれまで、細切れの睡眠でなんとかやりくりするために毎日5~6杯のレギュラーコーヒーを飲んでいたのです。コーヒーに腸が過敏に反応するのか、お通じが快調になるのもあり、長く愛飲しています。

それを起きてからの1杯だけコーヒーにして、それ以降はカフェインレスのハーブティーに変えるだけで短時間で目が覚めることはなくなりました。もともと何杯コーヒーを飲んでもすぐに眠れていたので気がつかなかったんですね。

今はノンカフェインタイプのスティックコーヒーを愛飲しています。カフェインはコーヒーだけでなくお茶にも紅茶にも入っているし、意外とわたしのようなそそっかしい経験のある方も多いかもしれないですね。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ