GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

漢方薬「酸棗仁湯」は転職ストレスが原因の不眠を治してくれました

d7d0599cf98642e9455a736e41e5cf3f_s
36歳の専業主婦です。2014年の夏頃から2015年の冬頃にかけての話です。私はもともとぐっすり眠れるほうでしたが、その頃初めて睡眠不足で困っていました。不眠の症状としては、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまうものでした。

寝つきは良くても2時間後に目が覚める

朝が早いので毎晩11時頃に布団に入ります。寝つきは案外すっと眠れるのですが、眠っても2時間後には目が覚めてしまいます。一度目が覚めてしまうと、今度はなかなか眠れず困りました。

眠れずに布団の中でもぞもぞしていると落ち着かなくて、トイレに行きたいような気がして何度もトイレに行きました。一晩に5回くらいトイレに行ったこともあります。本当に尿意を感じているわけではなく気のせいなのです。今度は水を飲みたくて水を飲みに行き、・・・と家の中をウロウロして落ち着きませんでした。明け方の3時頃にようやく眠れても、2時間後の5時には起きなければなりません。

そんな不眠の状態が毎日続くので、寝不足で体も心も疲れていました。仕事に行っても、なかなか頭が冴えずにぼーっとしてしまいます。お昼寝をして睡眠時間を取り戻しているわけでもないので、ずっと眠さが続いていました。日中はそれだけ眠気に見舞われているのに、夜は途中で目が覚めてしまい、ほとほと困っていました。

中途覚醒の症状改善を実感できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

不眠の原因は転職による環境変化

不眠の原因は、その頃転職したことが大きいと思います。慣れない環境で日中緊張していて、夜になってもなかなかリラックスできずにいたのかもしれません。眠っていてもどこか頭が冴えているような落ち着かない感じがありました。

そんな折、たまたま知り合いが飲んでいた漢方薬「酸棗仁湯」を私にも勧めてくれました。酸棗仁湯には神経の興奮を鎮める働きがあって、不眠症によく処方されるとのことでした。眠れない原因は人それぞれですが、私の場合は環境の変化で神経が高ぶっている状態が夜まで続いているのかなと思っていたので、神経の興奮を鎮めると言う酸棗仁湯は合っている気がして、飲んでみることにしました。

漢方薬「酸棗仁湯」で不眠症を解消

酸棗仁湯を飲み始めてしばらくは何も変化がありませんでした。漢方薬は一般的な睡眠導入剤などとは違って、効き目が緩やかなので飲み続けないと効果が出てこないです。飲み始めて2週間か3週間経った頃、やっと効果が表れはじめました。寝ついた後、2時間後には起きていたのが、3時間眠れるようになり、その後4時間眠れるようになり、といった具合に、少しずつ眠れる時間が延びていきました。

ぐっすり眠れる日が続くと、精神的にも落ち着きます。また、徐々に環境に慣れていったこともあって、オン・オフの切替が自然とうまくできるようになりました。今では酸棗仁湯を飲まなくても眠れるようになっています。

中途覚醒の症状改善を実感できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ