GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

人間関係に悩まされて睡眠導入剤が手放せない生活に

a0150_000139_m38歳のフリーランスです。不眠症は、2006年頃から2016年の今現在まで続いており、症状は入眠までに時間が掛かり、寝ても早期覚醒してしまう、というものです。

寝付きの悪さと早期覚醒で普通の仕事ができず

入眠するまでの時間はおよそ2時間で、早期覚醒も早いと5分後には目が覚めます。よく寝たとしても、平均睡眠時間は2時間あるかないかです。覚醒したあとにもう一度寝られる時もあるのですが、だいたいはそのまま起きてしまいます。

トラブルとしては、仕事をしている勤務時間帯や、用事があって出掛けなければいけない時間になって突然寝てしまうことがあります。これは眠気がきて寝てしまうのではなく、気を失うように記憶が飛んでしまうような状態で、非常に困っていました。

この症状の他にも一切寝られなくなることも多く、眠れるのは2~3日に一度の1~2時間程度というもので、せっかく寝れると思っても、「変な時間に寝てはいけない」という思いから寝るタイミングを逃したりしていました。身体的・精神的にはトラブルらしいものはなく、疲れもなく頭もスッキリしていることの方が多かったです。この症状のため、外での勤務はできなくなました。

不眠の原因は人間関係の悩み

はっきりと「睡眠がおかしい」と感じ始めた頃、プライベートでの人間関係に悩んでいました。その悩みも2年ほど続いていたので、その事ばかりを考えていたことが私の不眠症の原因だと思います。精神的に凄くやられていて、どうしたらよいのか人に相談することさえも出来ないような状態でした。

不眠の症状に加え食事もあまり喉を通らなくなってきたので、このままではいけないと思い、心療内科に通うことを決めました。その心療内科で処方された睡眠導入剤を飲み始め、しばらくは30分ほどで入眠できるようにはなったのですが、薬に慣れてきてしまうとやはり入眠までの時間が長くなってきます。その度に違う睡眠導入剤を心療内科で処方してもらい、自分に合うものを探しています。

ちなみに、これまで処方された睡眠導入剤は、ハルシオン、マイスリー、デパス、レンドルミン、アモバン、ロヒプノールと、有名な睡眠導入剤は一通り服用した経験があります。

睡眠導入剤の他にも飲んでいる薬があるので、効果の強いものや睡眠薬系のものは処方してもらっていません。それでも睡眠導入剤を飲み続けていたら、ほぼ毎日寝ることは出来るようになりました。たまに寝られない時がありますが、昔ほどではなくて1~2ヶ月に一度ある程度にまでかなり減りました。

睡眠導入剤の服用で徐々に不眠症を改善

睡眠時間は相変わらず2時間程度ですが、覚醒した後に2~3回寝ることが出来るようにもなってきました。覚醒後の睡眠も1回1時間~2時間程です。睡眠時間は短いですが回数が増えているので、日中に突然寝てしまうことはなくなり、状態は改善されてきています。

今はまだ自分に合ったものを探しながら様子を見ているので、睡眠導入剤の量を減らして、薬を飲んでいない時にも寝られるように体を慣らしています。入眠にはまだ少し時間は掛かってしまうこともありますが、早いうちに眠れることも増えてきました。いつか睡眠導入剤に頼らずに眠れるようになりたいと思い、諦めずにゆっくりですが調整していきたいです。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ