GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

カフェインの摂り過ぎとスマホのブルーライトは寝付きを悪くします

a0002_008270_m
私は年齢33歳で、職業は介護福祉士として障碍者支援施設で勤務をしています。勤続年数は4年ほどになりますが、この業界に転職してから睡眠が不規則になり体調を崩していました。時期としては、2013年4月から2015年10月ごろまで続いており、今でもたまに寝付けない、十分寝たつもりでも頭が重い、ずっと眠たそうに周囲から見えるなどの症状が出ておりました。

不規則な勤務体系で睡眠時の寝付きが悪化

勤務体系として、早出出勤がある時は朝の5時には起きて職場へ向かわねばならず、また夜勤のある日は16時から翌朝の昼近くまで現場にいる、といった不規則な勤務で仕事をしています。また、有給休暇が使えず休日も不定な状態です。勤務してしばらくの間は、多少無理をしていても大丈夫だったのですが、最近では寝付けないことから疲れが取れない、また休日に十分な睡眠を確保しても休んだ気にならなかったりと、勤務日・休日問わず倦怠感がありました。

私が経験した睡眠に関する悩みとしては、寝付きがとても悪く、すぐに眠れなかったことです。寝付きが悪いことが原因で疲れが十分取れずに仕事に行ってしまい、朝から晩まで睡魔に襲われるような状態でした。酷い時はフラフラとめまいに近い症状が出たり、気分的に優れず感情的にもうつ状態になったり、会議の時もボーっとして倒れそうになったりしました。

寝付きの悪さはカフェインとFX取引とスマホのブルーライトが原因

なぜ、こういった不眠のトラブルを抱えるようになったか考えてみましたが、昼休憩や夕食後に「眠気覚まし」という意味でコーヒーを飲んでカフェインを頻繁に摂取していたこと、寝る前にFX取引をしていたので、スマホで為替のチェックをしていて損失が出るのではないかと不安になっていたこと、メールやLINEを夜遅くまでやっていたこと、等があります。

そこで、まずは睡眠リズムが狂ってしまっているのではないかと考え、睡眠リズムの改善を試みました。まず、コーヒーは量を1日3杯飲んでいたものを1杯に減らしてみてカフェイン量を抑え、慣れてきたらノンカフェインのお茶に替えてみました。また、夜遅くまでスマホを触ることでブルーライトによる刺激を無くすため、スマホの使用を睡眠1時間前には辞めてみたり、今まで精神的負担を感じていたFX取引を辞めたりしました。

睡眠リズムを整えて寝付きの悪さを改善

更に、睡眠リズムを整えていくという意味で、早出出勤の時間帯である5時には休日でも起きるようにして、眠たくなっても昼寝は絶対にしないようにしました。そうすることで夜にきちんと眠れるようになると思っていたため、一旦起きたら日中に眠くなっても昼寝をせずに、何か取り組めるものを見つけて昼寝をしないようにしました。外に出て1時間ほど散歩をしてみたり、読書をしてみたりして、何とかして昼寝をしなくても大丈夫な体を作っていきました。

また、入浴後が一番疲れが出る時間帯なので、入浴後は間食を控えてすぐに布団に入れるように準備をしました。そうすると、眠気が益々強くなっていき、夜遅くまで眠れないという症状も改善してきました。その結果、仕事中も途中で眠たくなったり、頭が重たく感じることも減りました。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ