GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

市販薬のパンセダンは依存性がなく睡眠リズムの回復に効果的でした

a0150_000137_m36歳の女で事務職をやっています。2008年の夏頃に、不眠症で3ヶ月ほど苦しみました。

精神的なストレスで一晩中眠れず

具体的な不眠の症状は、布団に入っても、目がしっかりと冴えているので、朝まで全く眠りにつくことができませんでした。眠れていないと感じていても、実際のところは少しは眠れているものだ、なんて話を聞くこともありますが、明らかに意識が一晩中ずっとあるので、少しも眠れていません。夜にベッドに入っても、朝まで一睡もできない状態でした。

不眠の原因は、精神的なものでした。当時、大きなストレスを抱えていたことは自覚していました。怒りの感情も強かったのですが、出すわけにもいかない状況だったことが、眠ることができなかった理由です。
ストレスで眠れない不眠の症状改善を実感できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

心療内科への通院を勝手にやめ不眠が再発

強い不眠の状態が一週間続いたことで、身が持たないと思った私は、心療内科の受診を決めました。不眠によって眠れないことで、精神的にも疲れて、体力も回復せず、疲労感がとても強かったからです。全く眠ることができなかったので、体も痛かったです。痛みの原因は多分、疲労回復していないからだと思いました。

心療内科では、睡眠薬が処方されたので一時的に眠ることができました。治ったと思って、そのまま自分勝手に通院をやめてしまったので、またすぐに眠れなくなってしまいました。自業自得ではあるのですが、身勝手に通院をやめたことで再び心療内科に通いにくくなった私は、市販薬に頼るようになりました。私が購入した市販薬の名前は、佐藤製薬のパンセダンです。

市販薬のパンセダンで不眠症を改善

パンセダンは静穏剤ですが、服用することですぐに眠りにつくことができました。副作用も少ないとされている市販薬なので、安心して飲むこともできました。私はパンセダンを一箱服用し続けましたが、副作用も依存症も起きていません。パンセダンを飲んでからは、不眠の症状が治ったので、それからは不眠に関する薬を何も飲んでいません。パンセダンは、習慣性がないということなので、一度パンセダンを飲んで眠りにつく癖がつけば、この薬がなくても眠ることができるようになります。

パンセダンにはパッシフローラエキスが配合されているので、怒りやストレスという感情の昂ぶりにうまく効いてくれたのかもしれません。パンセダンに入っているパッシフローラエキスは、副作用もないとされているので、安心して飲めました。この成分は、緊張やイライラや睡眠障害にも効いて依存性がないので、一度、眠りにつく習慣になってしまうと、何度も飲む必要もないほど回復しました。

不眠は依存性のない市販薬であれば、薬の力のおかげだとしても、楽に眠ることができます。数日程度、薬に頼っても寝られるということを体のリズムとして取り入れてしまえば、すぐに不眠症を改善できます。パンセダンは、睡眠リズムの回復にもとても効果的でした。
ストレスで眠れない不眠の症状改善を実感できるサプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ