GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

入浴すら怠ったネットゲーム三昧の生活で睡眠障害に

GREEN_HO20140125_TP_V
ネットゲームが三度の飯より大好きな24歳の無職・男です。2015年11月から2016年1月までの3ヶ月間、睡眠障害のおかげで日常生活が多いに楽しめませんでした。

ネットゲーム三昧の日々に突然訪れた睡眠障害

自慢ではありませんが、起きている時間の全てをネットゲームに費やしているので、眠るべき時間がやって来ると頭も体もネットゲームで疲れ果てていて、あっという間に眠れる体質でした。ところが、突然寝付きが悪くなってしまいました。ネットゲーム上の仲間たちにお別れの挨拶してからパソコンの電源を落とすと、真横にあるベッドへ潜り込んで眠るという生活スタイルでした。

当時は夜の9時ごろに眠るように心がけていましたが、それから一向に眠ることができず、新聞配達のバイクの音が聞こえるぐらいの時間帯になって、ようやく入眠できるようになっていました。一方で朝の7時には目が覚めてしまい、それ以上は眠ることができませんでしたから、成人としては明らかに睡眠時間が不足していました。

ネットゲーム三昧で短い睡眠時間でもぐっすり眠れるサプリメントのレビュー記事はこちら。

市販薬を色々試すも睡眠障害に効果なし

あまりの寝不足に困り果てていようとも、ネットゲームの世界で待っている仲間たちとの冒険を再開する約束の時間に遅れるわけにはいきませんでしたから、頭も体も疲労状態のままパソコンの電源を入れて無言で操作する毎日が続きました。

今にも倒れそうな雰囲気を醸し出している私の様子を見かねた両親は、睡眠に効果がありそうないろいろな市販薬を買ってきてくれました。私は藁にもすがる思いで飲んでみましたが、何を飲んでも効果が出ることはなく、睡眠障害の症状は続いていく一方でした。だんだんと食欲もなくなり、頬が明らかにこけてきたとき、睡眠障害の原因となることに気がつきました。

毎日入浴することで睡眠障害を改善

結論から言うと、3週間に1回程度しか入浴していないことが原因でした。ネットゲームに没頭している以上、身だしなみに無頓着でもゲームの世界で活躍できていれば、他のプレイヤーから賞賛されました。ということは、入浴する時間を削ってでも頑張ってプレイするのが正しいユーザーの姿だと勝手に思っていました。

そうは言っても、ずっと入浴しないわけにもいきません。そして、入浴した日に限って、すぐに入眠できていることに偶然気付きました。試しに入浴する予定がない日に湯船に浸かってからすぐ布団に入ってみたところ、入眠もあっという間、しかもぐっすり朝まで眠れました。その事実が嬉しく感じましたから、その日から連日のように入浴することを決めました。

毎日入浴することで睡眠障害が改善されたのですが、なぜ眠れるようになったのか原因がわかりませんでした。ネットゲーム上の仲間に経験した不眠の出来事を話してみると、入浴することによって血流が良くなって入眠しやすくなる、という知識を教えてもらいました。その理論に納得したと同時に、ネットゲームの素晴らしいプレイヤーとして生きていくためには入浴が必要なのだということを痛感しました。それからというもの、寝る前には風呂に入ることを大切にしています。

入浴による血流改善と一緒に試したい不眠症状の改善サプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ