GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

不眠の友は「メラトニン」と「酔い止め薬」です

N811_toridashitajyouzai_TP_V
不眠症との付き合いの長さには自信があります。母によれば、「小さいときから寝ない子だった」そうで、「眠れない歴」は相当なものです。現在、海外の日系企業で通訳を担当してる54歳です。

入眠障害と付き合い続けて10年が経過

通訳は体調がよくないと仕事に影響してしまうので、大事な通訳の前日は早く寝るようにしているのですが、そういうときに限ってなかなか眠れず困っています。また、月曜のことを考えているわけでもないのに、毎週の日曜日の夜も決まって眠れなくなります。過去にも転職した初日・前日や、長距離ドライブの前日に一睡もできなかったことがあり、入眠障害歴は10年以上になります。

現在の仕事に就いたのは2014年11月からですが、通訳を始めてから入眠障害の症状のレベルが上がったような気がします。私は寝る寸前までスマホをいじっているわけでもありません。それなのに、寝付くまでに1時間、2時間、それ以上かかることはざらです。あえて時計を見ないようにしたり、夜中に起きないように就寝前はトイレに行ったりと、できることは色々とやっています。

それでも眠れないときはまったく寝られず、一睡もできずに朝を迎えてしまうこともしばしばです。ただ単にいろいろと考えすぎるからではないかと思うのですが、考えないようにしようと考えると、かえってそれがプレッシャーとなってしまう有様です。
入眠障害の症状を改善できたサプリメントのレビュー記事はこちら。

メラトニンと酔い止め薬の服用でも入眠障害は抑えられない

入眠障害の対策としては、気休めにここ半年は「メラトニン」というサプリを飲んでいます。これは当地では医師の処方箋なしで買えるので、平日は毎日寝る前に飲んでいます。何となく効いているような気がしますが、このメラトニンも万能ではなく、飲んだにもかかわらず寝つきが悪く、結局「徹夜」になってしまうこともあります。

ちなみに私は飛行機の機内でも眠れない方で、長時間のフライトで移動する際は酔い止めを必ず飲みます。酔い止め薬を服用すると機内では少し寝られますが、目的地に到着後、時差ボケで夜眠れない日々が大体1週間続きます。この間、大変つらいので毎日就寝時に酔い止めを飲むのですが、それすら効かない日もあり、時差ボケ中は2日間続けて眠れないこともあります。

メラトニン服用量の増加を検討中

今のところ、平日夜は「メラトニン」、時差ボケ対策には日本の酔い止め薬を使っていますが、いまだ「これが入眠障害に対する特効薬」と言える薬に出会っていません。眠れないときは「寝ないで会社に行ってもなんとかなる」と思うことにしていますが、不眠翌日の通勤の運転時がとにかく危ないので、眠気・だるさ対策用の「カフェロップ」必携で出勤します。

「メラトニン」は睡眠ホルモンだそうですが、調べたところ、1日あたり最大10㎎まで服用して良いそうです。特に寝つきが悪くなる日曜の夜だけは、平日は1錠3㎎を服用しているところ、倍の2錠にしてみようかと思案中です。寝つきの悪さは加齢のせいなのか、などと悩み出すとまた眠れなくなりそうなので、できるだけ考えないようにはしていますが、この入眠障害は、もう一生続く悩みとなりそうです。
入眠障害の症状を改善できたサプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ