GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

仕事のストレスで夜中に目が覚めていたのをドリエルが救ってくれました

N811_toridashitajyouzai_TP_V
45歳の男性会社員です。2015年9月頃から2016年5月頃まで、夜布団に入ってもなかなか眠れなくて、それでいて朝3時から4時頃には目が覚めて、もう眠れなくなってしまう時期が続きました。当然眠りの程度も相当浅いものでした。

仕事のプロジェクトが軌道に乗らず夜中に目が覚める

ひどい時には2時頃に目が覚めてしまって、ひどく焦ったことが何度もありました。これではいけないと、日頃は10時頃布団へ入るのですが、それを9時にしたり8時にしたりしてみました。でもかえって「眠らなくては」という気持ちの焦りを誘って、余計眠れなくなりました。

睡眠不足は仕事にも良い結果をもたらしません。大きなミスを誘発します。健康面でも新陳代謝が衰えて風邪をひきやすくなったり、体調に良いわけがありません。実際にお腹が痛くなったり、だるくなったり吐き気がしました。体温も普段安定して36.5度あったものが35度台に下がってしまいました。

精神的にも前向きな気持ちが段々起きなくなって来ました。これではうつ病になってしまうと思い、病院にも行きましたが、医師はストレスが原因でしょうと言って神経症の薬をくれました。確かに、仕事の面で新製品の開発プロジェクトを任されていた頃で、プロジェクトがなかなか軌道に乗らなくて悩んでいたことも確かです。

妻の友人がきっかけの「ドリエル」との出会い

医師からいただいた神経症の薬を飲みましたが、残念ながらあまり変わりはありませんでした。相変わらず眠れないし、朝早く目が覚めてしまいます。睡眠薬のことも考えましたが、妻から「睡眠薬は作用が強いから一度飲むとクセになるよ」と言われたので、睡眠薬は飲みませんでした。

そんな時、妻が「ドリエル」という薬のことを友人から聞いてきました。「ドリエル」は、エスエス製薬から出ている睡眠改善薬というものだそうで、一時的な睡眠障害に良く効くらしいと言うことです。早速薬局で購入してきました。開けてみると、カプセル形状の薬でした。

薬局の薬剤師さんが「1週間くらい続けて飲めばきっと症状は改善しますよ」と言ってくれたので、その言葉を信じて1週間飲み続けました。そうしたら、本当に嘘のように寝つきも良くなり、7時間くらい睡眠がとれるようになりました。

「ドリエル」で仕事も体も順調に

おかげで体調も良くなり、お腹の痛みもなくなりました。精神的にも見違えるように気持ちが明るくなり、仕事に対する意欲も出てきました。「ドリエル」を早く知っていれば、こんなに苦しむこともなかったのにと思いましたが、それは贅沢と言うものです。

それからは仕事も体も順調です。この「ドリエル」という薬を知ったので、これからはまたあの時のような睡眠障害が起こっても安心です。ドリエルを薬局で購入して飲めば、また元のように眠れるようになることを、身をもって経験出来たのですから、これ以上心強いことはありません。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ