GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

夜の仕事で生活リズムが昼夜逆転すると睡眠の質が悪化します

NKJ56_jyoseitokanpai_TP_V
40代後半の、パソコンの入力系の仕事をしています。私が不眠に関して悩みを感じるようになったのは、子供の頃にさかのぼります。幼少時代から寝入りばながよくない子供だったらしく、なかなか寝ないで困ったという親の話などを聞くと、私の不眠体質は幼少期からだったのだろう、と感じますね。

もともとの寝入りが良くない体質に加え夜の仕事を始めて生活リズムが昼夜逆転

しかし、子供の頃や学生時代はとても規則正しい生活をしていたので、不眠体質と言っても、実際は寝入りばなが良くないと感じつつも、ある程度の睡眠をとれていました。だから、不眠が原因で健康面や精神面に不安を感じたことはありませんでした。しかし、社会に出て働くようになってからは違います。

最初、一般企業で勤務したのち、夜にお酒を扱う飲食業に就いていましたので、その当時から思えば益々不眠症、というよりも寝る時間が劇的に変化しました。仕事から帰宅するのが午前1時過ぎでしたので、そこから普通の人と同じ食事や入浴、趣味の時間を取ると、眠りに就くのは一般の方が通勤しているような時間帯でした。住宅事情や周りの環境、電話や宅配便その他の玄関ホーンなどの音で睡眠を邪魔され、眠りが浅く不安定だったといえます。
昼夜逆転の睡眠でもしっかり眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

結婚・出産後に不眠体質が更に悪化

そのような昼夜逆転の生活を数年間続けた後に、めでたく結婚して家庭に入り、子育てをすることになりました。最初の5~6年(2000年~2006年ごろまで)は、本当に夜に眠れない不眠体質が酷くなり、眠れたとしても睡眠が浅く短いので、日を追うごとに情緒不安定になりました。意味もなく涙が出たり、頭にきたり、感情の起伏がとても激しく、夫ともかなり衝突しました。

浅い睡眠は子育中の方ならば誰もが経験するのかもしれませんが、私の場合、子育ての時期がとても長く感じ、「本当にこのまま子育てできるのかな?」と思ってしまうくらいに不安定な気持ちだった時がありました。また、夜にきちんと眠れていないので、昼間や夕方に体がだるくなったり、眠くなってうとうとしたり、を繰り返す日々で常にぼーっとしている自分がいました。

ハルシオンとマイスリーで良い睡眠を手に入れる

私の場合は、体質的に寝入りばなが良くないとか、眠りが浅いといった部分がありますが、夜にお酒を扱う飲食業に長い間就いていたこともあり、完全に生活のパターンが夜行性になっていたことが不眠を悪化させた一番の原因ではないかなと感じました。

治療方法は、気持ち的に不安的だった時期があまりに続いたので、クリニックを受診しました。ハルシオンとマイスリーという睡眠導入剤を処方され、医師の指示通りに服用しました。どうして今まで本当に辛い時に、薬に頼らなかったんだろうか?と後悔すら覚えるほど、一気に私の不眠の悩みは解消されました。現在も上手に睡眠導入剤を使いながら、より良い睡眠をとれるようにしています。
睡眠導入剤を服用する前に試したい、眠れるようになるサプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ