GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

【睡眠不足と居眠り運転】居眠りで道を間違えて開始に間に合わなかった従妹の披露宴

PAK86_koutuujyuutai20130815_TP_V
47歳の男で職業は会社員です。2015年8月のことです。今では笑い話ですが、家内の従妹の結婚式に遅れたことがあります。家内が親戚の中で、一番仲の良い従妹の結婚式に、私達夫婦が招待されました。披露宴では、家内が親戚代表でスピーチや余興も頼まれ、色々な準備していました。

前日深夜まで仕事が続き夜中に高速道路を飛ばす

結婚式は土曜日の午前10時、披露宴は12時からでした。結婚式場は、地元である長野県の県南の披露宴会場です。普通なら、私と家内は金曜日に仕事を休んで実家に戻り、ゆっくりと身支度をして披露宴に臨むところですが、こんな時に限って前日まで私の仕事が深夜まで続いてしまい、自宅を出発するのが遅れたのです。

長野県までの移動手段は、高速バスか車が一番便利なのですが、出発したのは金曜日から日付が変わった深夜の2時でしたので、おのずと移動手段はマイカーになりました。この時に、居眠りに近い状態で実家まで運転をしていったのです。高速道路を飛ばして走ることになりましたが、中央自動車道を走行し、正しいコースは諏訪湖インターチェンジを名古屋方面に進まなければなりません。しかし、頭がボーっとしていて、なんと北信方面(長野)方向に行ってしまいました。

居眠り運転一歩手前の状態で道を間違ったことに明け方まで気づかず

ここで普通なら、すぐに道を間違ったことに気づいて元のコースに戻るのですが、このときの私は正しい判断ができなかったのです。また、深夜出発ということもあり、助手席に座っていた家内も熟睡状態でした。本当に信じられないことですが、長野市を過ぎてもなお、私はずっと走り続けていたのでした。

夜が明けて、ようやく家内が目を覚まし、「アナタ、どこ走ってるの?」の一言が、私の意識を冷静にしてくれたのです。慌てたものの降りられるインターチェンジはまだ先でした。結局、長野市を過ぎて、妙高近くで引き換えすことになりました。

この週は、たまたま私の仕事も忙しさがピークで、睡眠不足が続いていたことも居眠り運転一歩手前の原因でもありました。仕事のことで頭がいっぱいになり、帰宅してもベッドの中で考えていたことは、翌日の仕事の段取りのことばかり。気付くと朝6時になっていて、もう出社しなければなりません。毎日まともに眠れていない状態で、ずっと睡眠不足が続いていたのです。

結局披露宴の開始時刻には間に合わず

高速道路を逆戻りして走ったのですが、長野県は南北に長く、披露宴会場に着くまでには2時間程かかります。また、この日は何故か滅多にない交通渋滞に捕まり、ノロノロ運転だったのです。残念なことに、披露宴の開始には間に合いませんでした。披露宴が始まって、家内のスピーチ直前に式場に着いたくらいです。

披露宴に出席するための衣装は、移動中の車の中で着替える始末。家内は何とかスピーチはできたものの、余興は前準備ができずに披露を断念しました。今では笑い話になっていますが、披露宴に時間通りに出席していた義母からは「事故がなかっただけ、よかったのよ。」これが唯一の慰めです。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ