GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

【ストレスと睡眠】一定の睡眠サイクルとストレス解消の一人カラオケで睡眠を取り戻す

IRIS16011932_TP_V
31歳の女性で、パートタイマーをやっています。私が眠れなくて仕事に支障をきたしたのは、2015年の5月頃からです。具体的には、夜眠れないことで居眠り運転をして、前方を走る車に追突しそうになったり、自転車やバイクに気付かず、接触しそうになりました。また、頭がぼーっとして、対向車線にはみ出してしまい、危うく正面衝突しそうになりました。

寝る前の考え事や仕事へのプレッシャーで眠れない

仕事中もぼーっとしてしまい、大切な話を聞き逃したり、データを本来入力しなければならないファイルとは違うファイルに入力したこともあります。最も酷かったときは、仕事中トイレに行き、そのまま個室で寝てしまって、気が付いたら30分以上経っていたこともありました。

こんなにもぼーっとしてしまうほど夜眠れなかった原因としては、夜寝る前に考え事をしたり、ミスをしたらどうしようと無意識に自分にプレッシャーをかけたり、どうせ眠れないならとイヤホンをつけて大音量で音楽を聞いていたことがあると思われます。

心療内科で寝る前のストレッチと睡眠サイクルを一定に保つことを教えられる

眠れずに日中ぼーっとしてしまう日があまりにも続いたので、心療内科を受診しました。お医者様の診断では、原因はストレスだそうです。確かに思い返してみれば、その頃の職場は人間関係がギスギスしており、いつも「行きたくない、辞めたい」などと考えていました。

お医者様から、対処法を幾つか教えていただきました。まず、夜眠る前の30分はスマホや音楽プレイヤーなどの電子機器を触らないことです。そして、お風呂の湯船に浸かっているときや寝る前に簡単なストレッチをして、寝る体制を整えることも教えて貰いました。ここで注意した点は、ストレッチをあまりやり過ぎないことです。あまりにも身体を動かしすぎると、脳神経の働きが活発になり、逆に眠れないようになると教えてもらいました。

それから、睡眠剤を処方して貰いました。処方された時に、なるべく睡眠サイクルを一定に保つように心掛けるよう言われました。要するに、寝る時間と起きる時間を毎日同じにするように、とのことです。この、寝る時間と起きる時間を毎日同じにすることが私には結構難しくて、もともと夜型人間だったこともあるのですが、せめて寝る時間は一定に出来なくても、薬を飲む時間は一定にしようと頑張りました。

睡眠サイクルも大事だけれどストレス解消法を見つけることはもっと大事

すると、意外だったのですが、夜も大体同じ時間に眠くなり、朝も同じ時間に起きることが苦ではなくなりました。眠る時間を毎日一定にすることで、居眠り運転をすることもなくなり、毎朝安全運転で通勤できるようになりました。また、朝スッキリを起きて準備ができるので、時間に余裕もできました。仕事中もぼーっとすることなく、仕事に真剣に取り組めるようになりました。人の話を聞き逃すことや、トイレでの居眠りもなくなりました。

自分の力だけではどうすることも出来ない場合は、お医者様の力を借りること、薬に頼ることも大事だなぁと実感しました。でも、一番良いのはストレスを溜め込まないことなので、自分なりのストレス解消法を見つけて、こまめにストレス解消するのが一番だと思います。ちなみに、私のストレス解消法は、一人カラオケです。誰に気兼ねすることなく、大声をだすことで、随分ストレス解消になりました。やっぱり、自分が一番好きなことをするのがベストだと、改めて感じました。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ