GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

【仮眠と運転】タクシーの売上記録を狙って仮眠を取らなかったら大事故に遭いかけた

tafu-tax0I9A5485_TP_V
30代男性で無職です。睡眠に問題がでたのは、人生において2回あります。1回目は2006年の6月頃と、2回目は2013年10月頃から今現在までです。今回は、1回目の出来事をお話しします。

梅雨前の時期はタクシー運転手の多忙な季節

2006年当時、私は東京都の郊外でタクシー運転手として働いていました。タクシーの業務は、お客様を目的地まで安全にかつ速やかに送迎することです。就業時間は会社により違うと思いますが、私の勤務していた会社は一日20時間でした。1日のノルマを達成すれば、その時間よりも早く帰っても構いません。勤務は月に12回で、週のうちに1日働いて1日お休み、その翌日が出勤で2日お休みというシフトです。輸送関係の仕事だと1日8時間というのは有名無実の業界です。

入社して3カ月が過ぎ、仕事にも慣れてきたころのお話です。その頃は6月で、梅雨に入る前に特有の時折ゲリラ豪雨のような強い雨が降ったりして、一日を通して本降りの雨が降っていました。駅のロータリーにも乗客を待つタクシーが一台もなく、外を回っていてもすぐ手を挙げて呼び止めるお客様がいたり、コンビニで休憩していてもコンコンと窓をたたかれ、乗車希望をされることも。お客様を降ろしてすぐ無線での配車指示があるなど、とても忙しい一日でした。

仮眠を取らずに売上の記録を目指す

会社からは毎日ノルマを課されます。平日は45,000円で休日は40,000円という売り上げです。そのうち会社の取り分は60%で、タクシー運転手の取り分は40%です。そのひどい雨の日は就業開始から終業まで、たった半分の10時間でノルマを達成しました。

でも私にとっては、お客様がひっきりなしにいるという状況が初めてなので、「もし今日休憩をとらずにいたら、いったいどこまで売上を伸ばせるのだろう?」という思いがありました。お手洗いの休憩の他、一日で許されている3時間の仮眠の時間も取らずに、ただひたすらハンドルを握りしめていました。

疲労と緊張感のゆるみからあわや大事故に

確か夕方が過ぎる頃だったと思います。東京郊外にある大きな水源地の近くまでお客様をお送りして駅まで帰る途中でした。見通しの悪い山道から片側1車線の道を右折しようとする時のことでした。そこはミラーが設置されておらず、目視で車がくるかどうかを確認しなければならない道です。その頃には流石に疲れが出てきて、お客様を乗せていなかったこともあり、緊張感がゆるんでいました。

右折をするためにそ~っと右からくる車を確認し、左を確認し「よし、今なら行ける」とアクセルを踏んだ瞬間でした。信号が青から黄色に変わるまえに交差点を突っ込んできた車が、私の目前を猛スピードで走ってきました。キキーっ!!と急ブレーキをかけて、身体が大きく前にのけぞってしまいました。あと5㎝前に出てたら大事故になっていたかもしれません。完全に私の確認ミスです。

事故にはならず済みましたが、そのあわや大事故の経験から、無理をせずに疲れたら休むことを心掛けるようにしました。ですが、以前から痛めていた腰痛が再発してしまい、結局退職してしまいました。タクシー運転手は、人の命を一時的に預かる仕事でもありますので、運転に支障が出るような無理は絶対にしてはいけません。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ