GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

【不規則な勤務と不眠】激務のトラック運転手が酒や睡眠剤に頼り幻覚まで見るようになった話

OHT76_usuguraitonneruwohasiru_TP_V
私は40代の普通の主婦です。今から20年ほど前の話です。若かった私はトラックの運転手をしていました。女性と言えども荷物の積み下ろしから配送まで男並みにやらなくてはならなく、正直辛い仕事でした。それに勤務は昼夜問わずありました。これが悲劇の始まりだったのです。

トラック運転手の激務で疲れているのに眠れず、酒や睡眠剤に頼るようになる

トラック運転手をはじめた頃は疲れていたこともあり、帰宅すると食事も摂らずに眠ってしまうこともよくありました。そんな生活が数年続いた頃、物凄く疲れているはずなのに眠れない、という日々が続くようになりました。

最初は眠気を誘うために酒に頼るようになり、ついには薬に頼るようになってしまいました。この薬は、病院で処方されたごく普通の睡眠剤でした。睡眠剤ははじめのうちは効果がありよく眠れていましたが、だんだん体が慣れてきてしまったせいか、薬を飲んで眠いのに眠れないという症状が続くようになりました。
睡眠薬に頼らず不眠症の改善効果を実感できたサプリメントのレビュー記事はこちら。

50キロあった体重が不眠で気づけば38キロまで落ち、幻覚まで見るようになる

眠れない症状は次第に悪化していき、食事もまともに取れなくなっていきました。50キロあった体重は、気が付けば38キロまで落ちてしまいました。友人からは細くて羨ましいとよく言われましたが、痩せているというよりは”やつれている”という表現の方が合っていたと思います。次第に私の体は、心身ともに疲れ果ててしまいました。しまいには夜中に幻覚まで見るようになってしまいました。

「一人暮らしのはずなのに、壁の前に人が立ってる」「壁の隙間から誰かが覗いている」など、あり得ない幻覚が見えるのです。きっと、体は疲れていて起きているのに、脳が眠っている状態だったのでしょうね。

ついには仕事にも支障が出るようになりました。トラックで高速道路を走行中、突然睡魔に襲われました。時間に余裕があるならばパーキングで休みたいと強く思いましたが、そんな時間はありませんでした。ふと気がつくと、壁がすぐ目の前に迫っていました。「危ないっ」。私は慌ててハンドルを切りました。間一髪のところで衝突は免れましたが、これで他の車を巻き込んでいたらと思うとゾッとします。

トラック運転手を辞めることで規則正しい生活と眠りを取り戻す

今思うと、昼夜問わず働くトラックの運転手は勤務時間が不規則なので、それが不眠の原因だったのだと思います。その後転職し、規則正しい生活を送るようになり、睡眠薬も止めることができました。食欲も戻り、今では元の体重プラスαくらいになりました。でもいいんです。よく食べてよく眠れるのが何より幸せです。

最近は夜寝る前に大好きなスマホをやろうと思うのですが、画面を開くか開かないうちに眠ってしまうことがよくあります。このように過去を振り返ってみると、やはり規則正しい生活が大切なんだなぁ、と思いました。
睡眠薬に頼らず不眠症の改善効果を実感できたサプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ