GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

【仕事と不眠】仕事のことで頭が興奮しすぎて眠れずに交通事故を起こしました

tsu85_koucyanotpod_tp_v
私は40歳女性で会社員をしています。私は不眠となったのは、2013年2月から4月の間です。その時に不眠となったのは、仕事がかなり忙しかったということがあります。仕事が忙しくて、眠れないというのは、不思議な感じがしますね。

翌日の仕事が気になり興奮して眠れない日々が続き、赤信号なのに突っ込んで交通事故

ところが、翌日の仕事のためにいざ寝ようとすると、仕事のことを思い出して興奮状態となり、眠ることができないのです。毎日そのような感じなので、不眠状態なのですが、不思議と眠れないという状況が続いていました。そのため、とても困ってしまって、どんな風にしたら眠れるのだろうと不安になったのです。眠剤を飲むことも考えましたが、眠剤を飲むことによって、今度は起きれなくなると困ると感じ、飲むこともできなかったのです。

そんな時、いつも眠い状態が続いていたので、車の運転をしている時に赤信号なのにそのまま走ってしまったのです。そのため、青信号で進んできた車とぶつかってしまいました。交通事故を起こしてしまったのです。怪我はなかったので、不幸中の幸いです。しかし、頭がぼうっとしたまま運転をしていたことを、とても反省をすることになりました。

お茶のカフェインが原因で眠れないことに気づく

交通事故を起こしてから、眠れない原因をしっかりと考えることが必要と思い、必死で考えたのです。そこでひとつ思ったことがあります。私は、お茶を飲むことが多いのです。そのため、飲んでいるお茶に含まれているカフェインが原因で眠れないのではないかと感じたのです。調べてみると、お茶には相当な量のカフェインが含まれていることがわかりました。

そこで、夕食の時にお茶を数杯飲んでいたので、それをやめることにしたのです。やめるというのは、カフェイン入りのお茶ではなく、カフェインを含まないお茶に変えるということです。すると、お茶をノンカフェインに変えた日から少しづつ眠れるようになりました。以前は、2時間ぐらいしか眠ったという感じがしなかったところ、6時間ぐらい眠れるようになったのです。それ以後は、だんだんと睡眠時間を伸ばすことが出来て、最終的には7時間ぐらい眠ることが出来るようになったのです。

7時間眠ることで体と頭を休めることができる

交通事故をきっかけに、睡眠の重要さを改めて感じています。人によって、睡眠時間が違っていると聞きます。私の場合は、7時間の睡眠時間がベストです。そのため、毎日7時間は睡眠を取ることが出来るように、時間をしっかり確保しています。

体が疲れているのに、眠ることができないというのは本当に辛いです。体も休むことができず、とても疲れます。また、頭も休むことが出来ていない状態なので、いつも頭がぼうっとしている状態なんです。不眠の恐ろしさを、実際に経験したので、その後は睡眠についてとても重要に考えるようになっています。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ