GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

「ドリエル」は不眠症に効果があるのか?

drewell

もくじ

1.「ドリエル」の成分は不眠症に効くのか?
2.「ドリエル」の不眠症への効果は臨床試験結果にあり
3.「ドリエル」の飲み方と飲みやすさの口コミ
4.【まとめ】「ドリエル」は不眠症に効果があるのか?

主婦にとって、毎日はやらなきゃいけないことが山積みで「気付けば1日が終わっていた」「ふとした時に疲れをどっと感じる」という方が多いと思います。毎日を乗り切るためには、その日の疲れを翌日に持ち越さないよう、疲れをしっかり回復させることがポイントです。でも、真面目な主婦の方にありがちですが、夜眠りながら翌日のことを色々と考えてしまい、目が冴えてしまって眠れない、眠ったはずなのに疲れが上手く取れない、という不眠の症状を感じたことはありませんか?実は、意外と不眠の悩みを抱えている主婦の方は多いのです。

一時的な寝付きの悪さや眠りの浅さを改善する効果があると言われている市販の睡眠改善薬に「ドリエル」があります。不眠の改善を謳っている市販のサプリメントは実に多くのものが販売されており、まるで睡眠薬のような効果を発揮するものもあれば、飲まない場合と何も変わらない効果のないものもあり、今まさに寝付きの悪さや眠りの浅さで毎日苦しんでいる方にとっては、少しでも寝付きを改善し、深く眠れるように変えてくれるサプリメントを今すぐ欲しいという想いが強いと思います。ここでは、「ドリエル」が不眠症の改善に効果があるのか、独自に調査した結果をお伝えします。

「ドリエル」の成分は不眠症に効くのか?

「ドリエル」は市販の睡眠改善薬ですので、含まれている成分がきちんと開示されていますので、そもそも不眠症の改善に効く成分が含まれているのか、確認することができます。最初に、「ドリエル」に含まれている成分について、具体的に見てみましょう。

◆2錠(1日あたりの摂取目安量)における成分量
ジフェンヒドラミン塩酸塩 50mg

「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という成分ですが、これは脳におけるヒスタミンの働きを抑制する効果があります。「ヒスタミン」とは、脳にある神経伝達物質で、ヒスタミンが脳内でヒスタミン受容体(レセプター)に結合すると、脳が覚醒状態(目が冴える、頭が冴える状態)になります。そのヒスタミンがヒスタミン受容体(レセプター)との結合を防ぐような働きをジフェンヒドラミン塩酸塩が果たすのです。具体的な効果のメカニズムが製造元のエスエス製薬のWebサイトに記載されています。

◆エスエス製薬 睡眠改善薬ドリエル Webサイト
160203_drewell_01

また、ジフェンヒドラミン塩酸塩は、睡眠薬に含まれている成分ではなく、風邪薬や鼻炎薬に配合されている成分です。主に、くしゃみや鼻水などのアレルギー反応を抑える効果がありますが、個人差はあるものの併せて強い眠気も誘発します。風邪薬を飲むと眠気に襲われることがあると思いますが、その眠気を誘う成分が、まさにジフェンヒドラミン塩酸塩なのです。

「ドリエル」の不眠改善メカニズムは、「睡眠薬」とは異なる成分を利用した眠気の誘発になりますので、依存性や副作用は市販の風邪薬や鼻炎薬と同じですから、服用における安全性を気にする必要はないと思います。ただし、前述のように誘発する眠気は、個人差があるものの決して弱いものではなく、集中力にとても影響が出てきます。

そのため、主婦の方であれば日中の買い物やパートに向かう時や、夕方の子供の習い事の送り迎え時に車を運転する場合は、服用を避けた方が良いでしょう。もともと「ドリエル」は日中に飲むのではなく、睡眠前に飲むべきものですので、服用の用法は正しく守りましょう。

「ドリエル」の不眠症への効果は臨床試験結果にあり

「エスエス製薬」という製薬会社の名前を聞いたことがありますか?CMも流れているような、結構有名な会社ですよね。「ドリエル」は、この「エスエス製薬」という大手製薬メーカーのお薬です。その効果を科学的に検証するために、臨床試験も実施されています。エスエス製薬のWebサイトには、試験結果に対する医師の評価および被試験者の実感のそれぞれの割合が掲載されています。

その掲載された臨床試験結果は、下記のようなものです。
・睡眠改善効果に対する医師の評価: 82.1%が有効性を認める
・被試験者の実感: 79.2%が効果を実感

客観的な判断を行う医師、実際に服用した被験者いずれも約8割の人が、ドリエルには睡眠改善効果があった、と言っています。割合だけを見れば、8割という数字はかなり高いものだと思います。しかし、大事なポイントは割合ではなく、データの信ぴょう性です。

単純に8割と言っても、10人のうち8人なのか、100人のうち80人なのか、データの全体数を見なければ、8割の信ぴょう性が分かりません。10人のうち8人が効果を感じたとしても、別の10人の場合は3人しか効果を感じなかったかもしれません。試験の対象人数が少ないと、そのデータの信頼度が大きく下がってしまうのです。

◆エスエス製薬 睡眠改善薬ドリエル Webサイト
160203_drewell_02

「ドリエル」の飲み方と飲みやすさの口コミ

次に、「ドリエル」を毎日飲むとなった場合に気になる、飲みやすさや1箱あたりの内容量、1日の摂取量などのような、不眠に対する効果以外のポイントを見てみましょう。特に飲みやすさや価格は、口コミ情報をついつい見てしまうほど気になる点ではないでしょうか。

◆ドリエルの内容量、価格など
・6錠入り、または12錠入り
・フィルムコーティング錠
・1日の摂取目安量:2粒
・6錠タイプ:1,080円(税込)、12錠タイプ:2,052円(税込)

◆ドリエルEXの内容量、価格など
・6カプセル入り
・軟カプセル剤
・1日の摂取目安量:1カプセル
・2,376円

ドリエルは、実は2種類があります。1つは昔からあるフィルムコーティング錠の「ドリエル」、そしてもう1つは液体が入った軟カプセル剤の「ドリエルEX」です。両者の大きな違いは、錠剤の形状です。ドリエルは一般的な錠剤ですが、ドリエルEXは液体の入ったカプセルです。

錠剤の場合は、体内に入ると溶けて消化されて初めて効果が表れますので、効果を感じるまでに少し時間がかかります。一方液体カプセルの場合は、ジフェンヒドラミン塩酸塩を液体のまま体内に取り込むことができますので、溶ける一手間が省かれ、効果がすぐに表れます。口コミでも、即効性はドリエルEXの方があるという声が見られました。

ドリエルおよびドリエルEXは、一時的な寝つきの悪さや眠りの浅さを改善するために、1日あたりドリエルは2錠、ドリエルEXは1カプセルの摂取が必要です。それぞれ12錠入り、6カプセル入りであれば、6日間分の内容量です。少ないように感じるかもしれませんが、あくまで「一時的な」不眠症状に対する改善のためのお薬ですので、長期の継続使用を前提としていません。ドリエルを6日間服用しても不眠の症状が改善しなかった場合は、それ以上悪化させないためにも、すみやかに医師の診察を受けるべきです。

◆エスエス製薬 睡眠改善薬ドリエル・ドリエルEX Webサイト
160203_drewell_03
160203_drewell_04

また、形状は錠剤やカプセルです。カプセルはややサイズが大きく、飲み込むのに少し抵抗があるかもしれません。即効性が要らないのなら、錠剤タイプを選んだ方が良いでしょう。一番気になる価格ですが、12錠で2,052円(税込)または6カプセルで2,376円ですので、1錠当たり171円、1日2錠で242円(1日1カプセル当たり396円)の計算になります。

これは高いですね。セブンイレブンのコーヒーを朝と夕方の2杯飲んでも、お釣りが出ます。毎日200円以上を払うと考えると、主婦の金銭感覚とはだいぶ違いますよね。口コミでも価格に対する評価は結構厳しいものがありました。私も思わず頷いてしまうほどでした。

毎日のやりくりの中で頑張って節約したお金がこれで消えてしまうのは、なんだか寂しい気がします。でも、毎夜眠れない苦しみから解放してくれるお薬やサプリメントなら、少しぐらい高くても購入してもいいかな、と思われるかもしれませんね。

◆エスエス製薬 睡眠改善薬ドリエル・ドリエルEX Webサイト 
160203_drewell_05

【まとめ】「ドリエル」は不眠症に効果があるのか?

以上のことから、「ドリエル」は次のようなお薬だと言えます。
・ジフェンヒドラミン塩酸塩という、くしゃみや鼻水などのアレルギー症状を抑える成分が眠気を誘発します。鼻炎薬や風邪薬に用いられる成分のため、睡眠薬のような依存性や副作用の心配はありません。
・寝付きの悪さや眠りの浅さに対する改善効果は、臨床試験結果に基づき報告されています。
・ただし上記の臨床試験結果は試験母数が曖昧で、客観的に「不眠症に改善効果あり」と断言できません。鼻炎薬や風邪薬が効きにくい人もいるわけですから、その効果は絶対ではないと思われます。
・1日当たりの単価は、2錠で242円と価格設定はかなり高めです。毎日摂取するとなると、主婦の金銭感覚には大きく外れているように感じます。

鼻炎薬や風邪薬の眠気誘発成分がドリエルの主成分ですので、その効果は試さずとも想像ができますね。風邪薬や鼻炎薬を服用すると眠気に襲われる人には効果があると思われますが、それにしても高いです。試しに飲んでみようかと軽い気持ちでは購入に踏み切れません。「ドリエル」と同等の不眠改善効果があり、価格も抑え目のサプリメントが他にありますので、わざわざ「ドリエル」を試そうとは思いません。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ