GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)は不眠に効果があるのでしょうか?

tsymura_83_02

漢方薬には実に様々な種類がありますが、漢方薬のメーカーとして有名なツムラは、漢方薬に番号を付けて管理しています。例えば、01番は風邪の引きはじめに服用すると良いと言われている「葛根湯(かっこんとう)」です。漢方に馴染みのない方でも、1度は見たことがあるかもしれませんね。

◆ツムラの漢方薬 01 葛根湯(かっこんとう)
tsumura_83_01

そして、83番は「抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)」という漢方薬です。抑肝散加陳皮半夏という名前は、聞きなれない漢方薬だと思います。実は私も初めて目にしました。それにしても「抑肝散加陳皮半夏」って長い名前ですよね。ちなみに、抑肝散加陳皮半夏は心療内科等でよく処方される漢方薬ですが、そもそもどのような効果があるのでしょうか?また、不眠に効果はあるのでしょうか?

抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)のように不眠症の改善効果を実感できたサプリメントのレビュー記事はこちら。

◆ツムラの漢方薬 83 抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)
tsymura_83_02

「抑肝散加陳皮半夏」の効果とは?

早速ですが、「抑肝散加陳皮半夏」の効果を見ていきましょう。抑肝散加陳皮半夏は、一般的に次のような効果を持っていると知られています。

◆抑肝散加陳皮半夏の効果
神経の昂ぶりやイライラ、不眠の改善
・筋肉のこわばりの改善
・小児の夜泣きやひきつけの改善

このように抑肝散加陳皮半夏は、高揚した気分を落ち着かせ、同時に身体をリラックスさせる効果があるようです。赤ちゃんの夜泣きやひきつけにも効果がある、という点はすごいですね。私にも子供が2人いますが、小さいころは夜泣きが酷くて、何をしても効果がなく、とても苦労した覚えがあります。抑肝散加陳皮半夏に含まれる成分ですが、ツムラの83番を例に挙げると次の通りです。

◆ツムラ抑肝散加陳皮半夏(83番) 成分(7.5g中)
・ハンゲ 5.0g
・ソウジュツ 4.0g
・クリョウ 4.0g
・センキュウ 3.0g
・チョウトウコウ 3.0g
・チンピ 3.0g
・トウキ 3.0g
・サイコ 2.0g
・カンゾウ 1.5g

抑肝散加陳皮半夏には、色々な成分が含まれていますね。漢方薬は、漢方の専門家でなければ適切な処方が出来ないと言われています。ご自身でどの漢方を服用するか判断せず、心療内科などで漢方の専門知識を保有する医師に相談しましょう。

また、漢方薬には「証」という独特の考え方があります。「証」とは、漢方薬を服用する人の体の状態によって、効果を発揮する漢方と効果のない漢方がある、という考え方です。「実証」とは、何らかの要因で体の外から有害物質が入ってしまい、体が本来持つ機能を発揮できない状態を指し、「虚証」とは、自身の体力や抵抗力が低下し、体が本来持つ機能を発揮できない状態をそれぞれ指します。

ここで取り上げている抑肝散加陳皮半夏の証ですが、「虚証」に効果がある、とされています。体が弱っている方や体力が落ちてしまっている方であれば、迷わず抑肝散加陳皮半夏を服用して良いでしょう。「実証」の方は、抑肝散加陳皮半夏ではない別の漢方薬を探した方が良いでしょう。それこそ、漢方の専門医に相談すると、適切な漢方薬を処方して貰えると思います。

「抑肝散加陳皮半夏」の副作用や注意事項とは?

漢方薬は一般的に副作用がない薬だと思われているようですが、あなたも実はそうではないでしょうか?実際のところ、漢方薬は薬ですので、全く体に害がないわけではありません。そうはいっても、西洋薬の副作用よりは随分と軽い症状ですので、あまり神経質になる必要はないと思います。今回取り上げている抑肝散加陳皮半夏の副作用には、次のようなものがあるとされています。

◆抑肝散加陳皮半夏の副作用
・だるさ、むくみ、体重増加
・手足のしびれや痛み
・食欲不振、吐き気、下痢

これらの症状は、抑肝散加陳皮半夏の成分として含まれているカンゾウによるものです。過去にカンゾウを含む漢方薬を服用して同様の副作用が辛かった場合は、抑肝散加陳皮半夏の服用は控えた方が良いでしょう。また、服用にあたっては、次のような状態に当てはまる場合は、服用してよいのか(または服用を続けてよいのか)、医師や薬剤師に相談しましょう。

◆抑肝散加陳皮半夏の服用に相談が必要な人
・消化器系(胃腸)がとても弱い人
・食欲が元々なく、下痢等を起こしやすい人
・カンゾウを含む他の漢方薬と併用する予定の人

抑肝散加陳皮半夏は成人だけでなく、小さな子供も服用できるため、もしお子さんに服用させようとする場合は、胃腸の状態をよく確認しましょう。また、カンゾウを含む他の漢方薬と併用する場合は、カンゾウの摂取量が増加してしまうため、副作用の表れる可能性が高くなります。カンゾウへの反応は個人差もあるため、専門の医師に判断を仰いだ方が良いと思います。

続いて抑肝散加陳皮半夏の服用方法ですが、ツムラの抑肝散加陳皮半夏の場合は、成人の場合、1日に7.5g(3包)を2、3回に分けて食前または食間に口から服用する、とされています。

ツムラの抑肝散加陳皮半夏は、42包入りで定価が5,246円(税込)です。成人の場合は、1日に3包を服用しますので、42包入りだとちょうど2週間分になり、1日当たり約375円です。主婦の金銭感覚からすると、だいぶ高い価格設定ですね。私の大好きなコメダ珈琲で、コーヒーが1杯飲める程度の価格です。ちょっと購入には腰が引けてしまいますよね。

でも、この価格はネット通販やドラッグストアで購入した場合の価格です。繰り返しになりますが、漢方薬はあなたの「証」に合わせた処方がとても大事なんです。ですから、心療内科などの医療機関で診察を受けることで、間違いなく効果のある漢方を処方して貰えます。

さらっと書きましたが、医療機関で漢方薬を処方して貰うことは、実は抑肝散加陳皮半夏を安く購入する方法なんです。心療内科などの医療機関を受診すると、健康保険が適用されますよね。この健康保険は受診者の負担を3割に減らしてくれます。診察料は別途掛かってしまいますが、ご自身の「証」に合った漢方を処方してもらうための手数料と思えば、決して高いものではありません。

ここでは診察料を除いて考えると、健康保険が適用されることで、1日当たり約113円で済むようになります。ただし、漢方薬は長期間に亘る服用が必要となりますので、1日当たりは100円程度と安く感じるかもしれませんが、それなりの費用になることは理解しておいて下さいね。

【まとめ】抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)は不眠に効果があるのでしょうか?

以上のことから、漢方薬の「抑肝散加陳皮半夏」は不眠改善の効果を期待できると思われます。その理由としては、下記が挙げられます。
・抑肝散加陳皮半夏の効能は、気持ちの高ぶりを鎮めて安静にするのと同時に、体の緊張もほぐします。結果的に脳が眠りに落ちやすい状態へと体を整えることになるため、不眠を改善する効果があると言えるでしょう。
・気持ちの落ち込みではなく、イライラや昂揚感に対して効果があるため、気持ちが塞いでしまって十分眠れないという方には効果がないかもしれません。また、「虚証」の方に合う漢方薬ですので、ご自身の「証」を良く確かめたうえで服用すべきでしょう。

気持ちの浮き沈みが激しく、不眠がちな状態が長く続くと、うつ病を発症するリスクが高まります。不眠もしくは気持ちの高揚やイライラに悩まされている方は、早めに心療内科等を受診し、抑肝散加陳皮半夏のようなご自身の「証」に合った適切な漢方薬を処方してもらいましょう。

抑肝散加陳皮半夏(よっかんさんかちんぴはんげ)のように不眠症の改善効果を実感できたサプリメントのレビュー記事はこちら。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ