GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

不眠の女性が当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)で不妊を治しながら不眠も治せるのか?

ws000001

もくじ

1.「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」に含まれる成分と不妊改善効果
2.「フルニトラゼパム」の不眠改善効果
3.「テトラミド」の不眠改善効果
4.【まとめ】不眠の女性が当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)で不妊を治しながら不眠も治せるのか?

漢方薬に当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)があります。当帰芍薬散は、生理不順の改善効果がある漢方薬なんです。「妊活」という言葉が流行るくらい、世間では積極的な妊娠を目指す女性が多いようです。私も2児の母ですが、子供がいるだけで家の中が明るく(騒がしく)なりますし、子供が成長していく過程を見ているのは楽しいものです。

ただ、不妊に悩んでいたり、妊活している・あるいは妊活しようとしている女性が不眠に悩んでいるケースも多いようです。人間がストレスに対して弱くなったのか、それとも受けるストレス量が増えたのか、理由はいくつかあると思いますが、現代社会で生きていくにはストレスと必ず向き合わなければなりません。女性も例外ではなく、働いていようが主婦だろうが、何らかのストレスを感じない日はないと思います。ストレスを感じ続けた結果、不眠に陥ってしまう女性は多いのです。

◆日本人の約4割は不眠症の疑い 日経Woman Online
tokisyakuyakusan_01
tokisyakuyakusan_02

実際に20歳代から70歳代に行われたアンケート結果では、不眠症の疑いを感じている人のうち、40%から60%はストレスがあると回答しています。不眠に悩む人がそもそも多いということは、子供がほしい女性の中にも不眠で悩んでいる方が多数いる、と考えられます。そこで気になるのが、不妊治療・妊活と不眠改善を両立できるのかどうかですね。ここでは、不妊治療や妊活に良く用いられる当帰芍薬散と、睡眠導入剤のフルニトラゼパムや抗うつ剤のテトラミドを併用できるのか考えてみたいと思います。

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」に含まれる成分と不妊改善効果

まず、当帰芍薬散に含まれる成分と効果を見ていきましょう。ツムラの当帰芍薬散に含まれる成分は、次の通りです。

◆ツムラ当帰芍薬散に含まれる成分(1/2量)
日局シャクヤク  2.0g
日局ソウジュツ  2.0g
日局タクシャ   2.0g
日局ブクリョウ   2.0g
日局センキュウ  1.5g
日局トウキ    1.5g

当帰芍薬散の効果には、「体内の血の巡りを改善」「体内の余分な水分を排出」の2つがあると言われています。不妊治療、妊活や妊娠に影響がありそうな効果は、前者の「体内の血の巡りを改善」ですね。これは、シャクヤク、センキュウ、トウキの3つの成分に拠る効果です。ちなみに、残りのソウジュツ、タクシャ、ブクリョウは後者の「体内の余分な水分を排出」する効果があります。

また、漢方薬と言えば「証」が気になるかと思いますが、当帰芍薬散は虚証の方に効果がある、とされています。不妊治療・妊活をしようとしている皆さんは、ご自身の証をよく確認して、当帰芍薬散を服用するかどうか判断しましょう。不妊治療、妊活や妊娠を考えているのなら、漢方薬の専門医に証の見立てをお願いすると、間違いがないと思います。

「フルニトラゼパム」の不眠改善効果

次に、「フルニトラゼパム」について見ていきましょう。フルニトラゼパムとは、不眠症対策に用いられる睡眠導入剤の1つです。ベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤になりますので、非ベンゾジアゼピン系とは異なり、筋弛緩作用があるので、服用時には注意が必要な睡眠導入剤です。日本では、「ロヒプノール」や「サイレース」という薬品名で販売されており、フルニトラゼパムを知らなくても、ロヒプノールやサイレースは知っている、という方がいるかもしれませんね。

◆ロヒプノールとサイレース
tokisyakuyakusan_03tokisyakuyakusan_04

話を戻しましょう。フルニトラゼパムですが、血中濃度半減期(服用後に効果が薄まると想定される時間)は、7時間程度と言われています。7時間という作用時間は、他のベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤と比べても、比較的長い時間の効果が見込まれます。そのため、中途覚醒や早朝覚醒などのような、寝付きの悪さ以外の不眠の症状を改善する際に処方されることが殆どだと思います。

◆睡眠導入剤の作用時間(血中濃度半減期)
myslee_kawaru_02

一方、副作用はベンゾジアゼピン系の睡眠導入剤ですので、筋弛緩作用があります。他にも、集中力低下や物忘れ、意識障害などもあります。しかし一番怖いのは、その依存性の高さです。フルニトラゼパムは依存性の高い睡眠導入剤として有名で、自殺目的で服用されてしまうケースも、他の睡眠導入剤と比べて圧倒的に多いのです。

不眠に苦しでいる状態であれば、冷静な判断が出来ずに死を選択してしまう可能性もあるかもしれません。だからこそ、フルニトラゼパムの服用時は、処方された服用量と服用頻度を必ず守るようにし、依存症を防がなくてはなりません。それくらい恐ろしい効果を持った睡眠導入剤だと分かったうえで、服用した方が良いお薬だと思います。

フルニトラゼパムの副作用を見てきましたが、依存症に陥ったり、自殺を図ってしまっては不妊治療、妊娠や妊活どころではありません。しかし、そういった極端なケースは除いて考えた場合、不妊治療、妊娠や妊活に影響がありそうな副作用はなさそうですね。漢方薬の当帰芍薬散との併用も、おそらくは問題がないと思われます。

「テトラミド」の不眠改善効果

次に、「テトラミド」について見ていきましょう。テトラミドは、抗うつ薬の1つです。抗うつ薬も効果が強いものから弱いものまで種類がありますが、テトラミドの抗うつ効果は低いです。比較的うつ症状の軽度な方に服用されるのがテトラミドです。また、抗うつ効果が低いぶん副作用も少なく、服用に際して慎重になることはないと思います。

また、テトラミドは抗うつ効果以外に、眠りを深くする催眠効果がとても強いのが特徴です。通常の睡眠導入剤が効果を発揮しない不眠のケースに、テトラミドが処方されることもあるくらいです。加えて、人間の意欲や気力をコントロールすると言われている「ノルアドレナリン」を増やす効果もあり、うつ病の症状の中でも、やる気の減退が著しい方にも処方されることが多いようです。

では、テトラミドの副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。副作用が少ない、と言っても全くないわけではないのです。その副作用の中に、妊娠に影響するようなものがあれば、当帰芍薬散との併用は困難になりますので、テトラミドの副作用を正しく把握しておく必要があります。

◆テトラミドの副作用
・体重の増加
・眠気
・目眩や体のふらつき
・口の渇きや便秘

体重の増加や便秘は、女性にとって戦い続けるものですが、不妊治療や妊娠には影響ないですね。体重増加は気を付けた方が良いですが、普通体形の人が突然肥満体形に変わるわけではないので、そこまで神経質になることもありません。一方、目眩や体のふらつきは、妊娠中にもし倒れてしまうと胎児に影響を及ぼす可能性があります。でも、妊娠しやすさに影響するものではないため、これもあまり気にしなくてよいと思います。

ですので、テトラミドは不妊治療、妊活や妊娠に影響はない抗うつ薬と考えてよいと思います。ちなみに、テトラミドは抗うつ薬の中でも四環系抗うつ薬と呼ばれるもので、この前に開発された三環系抗うつ薬の「効果はすごいが副作用もそれに負けずすごい」という欠点を改善したものです。が、副作用を少なくした代償に抗うつ薬としての効果も低くしてしまい、今ではあまり使われなくなっています。

【まとめ】不眠の女性が当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)で不妊を治しながら不眠も治せるのか?

以上のことから、当帰芍薬散を服用して不妊治療、妊娠・妊活したい不眠症の女性は、睡眠導入剤のフルニトラゼパム、テトラミドを併用しても、不妊治療、妊活や妊娠に特に影響はないと言えます。その理由は、次の通りです。

・フルニトラゼパムの副作用は、筋弛緩作用、集中力低下や物忘れ、意識障害など。依存性の高さは気になるが、医師の処方通りの服用をしていれば、依存症になることはない。
・テトラミドの副作用は、体重の増加、眠気、目眩や体のふらつき、口の渇きや便秘など。
・当帰芍薬散の効果は、体内の血の巡りを良くすること。
・上記、当帰芍薬散の効果とフルニトラゼパム、テトラミドの副作用は相反するものではなく、併用したとしても妊娠や妊活に影響を及ぼす副作用はない。

不眠を治してから妊活・妊娠を目指す、という選択肢もあるかもしれませんが、最近は晩婚化が進んでおり、子供を産みたいときに産むリスクが高くなってしまうケースもあります。そのため、不眠を治療しながら妊活・妊娠を目指すのが一般的な選択肢のように思います。今回取り上げた、当帰芍薬散とフルニトラゼパム・テトラミドの併用は、不妊治療や妊活・妊娠に影響がないと思われますので、不眠だけど不妊治療や妊活・妊娠したい女性は、必要なら当帰芍薬散とフルニトラゼパム・テトラミドを併用して、待望の赤ちゃんを授かりましょう。

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ