GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

眠れない原因を解消できる呼吸法対策とは?

もくじ

1.眠れない原因の呼吸の苦しさや酷い咳の原因は何なのか?
2.眠れない呼吸の苦しさや酷い咳を改善するためにできることとは?
3.呼吸の苦しさや酷い咳を改善できる具体的な方法
4.呼吸の苦しさや酷い咳を改善できる方法を行う際の注意点とは?
5.【まとめ】眠れない原因を解消できる呼吸法対策とは?

風邪をひいているわけではないのに、夜に咳が止まらない。それに、呼吸もしにくくて息苦しい。そんな症状に不安を感じたことはないでしょうか?そしてそれが原因で眠れないと感じてはいないでしょうか?

特に普段から不眠症という人に、こういった酷い咳や呼吸の苦しさを感じてしまう人が多いようです。実はこの酷い咳や息苦しさには原因があります。眠れない日々を気持ちよく眠れる日々にかえるために、夜に起こる酷い咳や息苦しさの原因と対策を紹介します。

眠れない原因の呼吸の苦しさや酷い咳の原因は何なのか?

まずは原因を解説していきます。基本的に咳をする行為は、のどや気管が外部から何らかの刺激を受けることが原因です。咳は、のどや気管から菌やウイルス、異物などを外にはじき出すために行なってくれています。つまり、常に正しい呼吸ができる状態を保つために起こる人間の防衛反応ということです。

しかし、不眠症で酷い咳や息苦しさを感じることに悩む人の特徴は、夜にだけその症状があらわれることです。では、なぜ夜間によく咳が出てしまうのでしょうか。それは、夜になると副交感神経が優位になることが原因です。

自律神経には、常に身体を活発に動かす役割をする交感神経と、身体を休める役割をする副交感神経の2種類があります。この2つの自律神経のうち、副交感神経が呼吸器に大きな影響を与えます。

身体を休める役割をする副交感神経は、夜になると体を休めるために、日中以上に優位に働きはじめます。そして、副交感神経が優位に働き体が緩みはじめると、同時に気道が狭くなります。息の通り道である気道が狭くなるため、必然的に呼吸が苦しくなる、結果として咳が止まらなくなってしまうのです。

また、気道が狭くなっている状態は、菌やほこりに敏感になります。ダニや埃が舞うベッド・布団も酷い咳や呼吸の苦しさの原因にもなってしまっています。体の防衛反応である咳と眠るために必要な副交感神経、どちらも私たちに必要な体の仕組みが酷い咳や呼吸の苦しさで眠れない原因なのです。

眠れない呼吸の苦しさや酷い咳を改善するためにできることとは?

眠れない酷い咳や呼吸の苦しさの原因が分かれば、ここからは改善するためにできることを紹介します。眠れない酷い咳や呼吸の改善方法はいくつかあります。この中から、まずはあなたができる改善方法を見つけてください。

◆横向きで寝る
1つ目は就寝時の姿勢です。仰向けに寝ると、舌がのどの奥へ下がってしまうことで気道が狭くなってしまいます。仰向けの姿勢は、副交感神経が優位に働くことで狭くなっている気道が、さらに狭くなってしまうのです。

酷い咳や呼吸を改善するための姿勢は、うつ伏せではなく横向きが望ましいです。横向きに寝ることで、気道をできる限り広く確保することができます。

◆温かい飲み物
冷たい飲み物は気管を収縮させて、気道を狭くしてしまうためNGです。食道と気管はとなり同士にあります。食道を冷やすことで、気管も同時に冷えてしまいます。ですから、できる限り喉を温かい状態に保ってあげましょう。温かい飲み物で喉を温めれば、少しでも広く気道を確保することができるのです。

◆咳をしずめるツボ
人間の体に数あるツボの中に、咳をしずめる効果があるツボがあります。気道を広げる効果があるツボや、咳をしずめてくれるツボを正しく刺激してみましょう。また、ツボを押すことは体を温める効果があり、結果的に気道を広げてくれる効果も期待できます。

◆呼吸法を改善する
酷い咳や呼吸の苦しさに悩んでいるあなたは、口呼吸になってしまっていないでしょうか?口呼吸をしてしまっていると、埃や菌を直接口から入れてしまうことになります。呼吸法を鼻呼吸にかえて、できるだけ喉を守ってあげましょう。

◆咳を我慢する
非常に難しい改善方法といえますが、咳を我慢することも立派な改善方法です。咳をすることは、毎回喉に負担をかけてしまっています。我慢できないからと咳をし続けることで喉はどんどん乾燥し、乾燥によって喉を痛めてしまい、さらに咳が止まらないという悪循環が起こってしまうのです。どうしても出てしまう咳も出来るだけ我慢することが、眠れない酷い咳や呼吸の改善につながります。

呼吸の苦しさや酷い咳を改善できる具体的な方法

眠れない酷い咳や呼吸の改善方法をいくつか紹介しました。ここではその改善方法をより詳しく、具体的なやり方でご紹介します。ここで紹介する具体的な改善方法のやり方は3つです。

◆口呼吸の人はマスクを着用
呼吸法は鼻呼吸にすることが改善方法の1つと紹介しましたが、寝る前までは意識できるものの、寝てしまってからはどうしても口呼吸になってしまう、という人も多いでしょう。実際に私もそうでした。

私はその対策としてマスクを着用しています。マスクを着用することで口呼吸になってしまっていても喉の乾燥を防ぎ、異物や菌の侵入も防いでくれます。また、口や鼻を加湿することで喉を温めることができ、気道を広く確保する効果もあります。眠りについてからは鼻呼吸できない、という人はマスクを着用しましょう。

私も使用している、眠れない酷い咳や呼吸の改善に効果があると思っているマスクは「のどぬーる ぬれマスク 就寝用」です。口のあたる部分に「ぬれフィルター」という水分を含んだフィルターがあり、朝まで喉の潤いを保ってくれます。1回の使い切りで使えるため、衛生面も安心です。

◆のどぬーる ぬれマスク 就寝用

◆就寝前のハチミツとホットドリンク
気管を冷やさないために、ホットドリンクを飲みましょう。特におすすめなのは、「ホットミルク」です。ホットミルクには睡眠を誘導してくれるホルモンを分泌する成分が含まれているため、気管を温めることと2重の効果が得られます。ホットミルク、牛乳が苦手な人は温かい豆乳でも同じ効果が得られます。

さらにおすすめの飲み方は、このホットドリンクにハチミツを混ぜることです。なぜなら、ハチミツには抗菌、抗ウイルス作用があるからです。ハチミツを就寝前にホットドリンクと一緒に飲むことで、眠れない酷い咳や呼吸の改善により高い効果を得られます。

◆咳をしずめる2つのツボ
先ほど紹介した咳をしずめるツボについて詳細に紹介していきます。2つのツボの位置とツボの押し方を覚えましょう。

1つは、「天突(てんとつ)」というツボです。天突(てんとつ)は鎖骨と鎖骨の間、中央のくぼみにあります。
喉ぼとけから指を下に下ろした先に当たる骨のくぼみに天突(てんとつ)があります。この位置を下に押すように刺激しましょう。天突(てんとつ)は気道を広げ、呼吸や食べ物の飲み込みを楽にしてくれる効果があります。

もう1つのツボは、咳止めのツボとしてよく知られる「尺沢(しゃくたく)」です。 尺沢(しゃくたく)の位置は、肘を曲げた際に横に生まれるシワの場所にある硬い筋の外側にできるくぼみにあります。呼吸器全般に効果のあるツボで、即効的に咳を止めてくれるツボです。どうしても咳が止まらない時は、ここに痛みを感じるかもしれません。尺沢(しゃくたく)を押すことで咳が止まり、眠れない酷い咳や呼吸を改善してくれます。

呼吸の苦しさや酷い咳を改善できる方法を行う際の注意点とは?

酷い咳や呼吸を改善する3つの方法をご紹介しましたが、実践する上での注意点が存在します。あくまで正しい方法で実践してこその改善方法です。酷い咳や呼吸を改善する3つの方法のうち、間違いに注意して欲しいのが、ホットドリンクとツボの押し方の2つです。

ホットドリンクの注意点は、温かければ何を飲んでも良いというわけではない点です。むしろ逆効果になるカフェイン入りのドリンクに注意しましょう。コーヒーや紅茶にカフェインが含まれているのは当然ですが、お茶やココアにもカフェインが含まれています。就寝前に飲むホットドリンクにカフェインが含まれていないか、しっかり確認しておきましょう。

ツボを押すときにも注意点がいくつか存在します。 食後や飲酒時、妊娠しているときなど、普段とは違う体調の時にツボを押すと、体に悪影響を及ぼす場合もあるからです。ツボはそれだけ体に多大な影響を与えてくれます。

また、強過ぎる力で押すことや長時間同じツボを押し過ぎることも注意点です。過剰なツボ押しは、炎症を引き起こしたり筋肉を傷つけてしまう可能性があることを理解しましょう。注意点を守った酷い咳や呼吸の改善方法で、1分でも長く質の高い睡眠を取り戻してください。

【まとめ】眠れない原因を解消できる呼吸法対策とは?

以上のことから、眠れない原因となっている呼吸や咳を解消できる対策として、次のようなものが挙げられます。寝るときの姿勢からツボ押し、飲み物など、方法は色々ありますので、あなたにとってやり易いものから試してみると良いでしょう。

◆眠れない呼吸や咳を解消できる対策
・気道を確保するために横向きで寝る
・ハチミツ入りホットミルクなど、温かい飲み物を飲んで気道を広げる
・咳を静めるツボの天突(てんとつ)と尺沢(しゃくたく)を正しく刺激する
・マスクを着用するなど、口呼吸から鼻呼吸に変えて喉を守る

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ