GoodBye 不眠

つらい不眠症の症状を、薬やサプリメント、生活習慣の見直しで改善。

不眠症の改善にかかる期間はどれくらいですか?

もくじ

1.不眠症の症状毎に治すのに必要な期間は違うのか?
2.不眠症の症状が治るのを長引かせてしまう原因とは?
3.不眠症の症状を出来るだけ短期間で治すために出来ることとは?
4.不眠症の症状を短期間で治す方法を実践するときに注意が必要なことは?
5.【まとめ】不眠症の改善にかかる期間はどれくらいですか?

不眠症のせいで1日の睡眠時間が短くなってきているから、慢性化する前にとにかく1日でも早く治したいなぁと思う人は多いですよね。でも、不眠症を治すには、一体どれくらいの期間が必要なのでしょうか?

そもそも不眠症ってすぐに治るものなの?それとも何ヶ月もの長い期間が必要なの?そんな不眠症の不安に苛まれているあなたのために、今回は不眠症を治すために必要な期間と治療方法を解説します。

不眠症の症状毎に治すのに必要な期間は違うのか?

症状は同じでも、不眠症を発症している期間や原因次第で治療の方法や期間は違ってきます。ここではまず、不眠症の症状の重さ別に治療に必要な期間を紹介します。あなたの症状と照らし合わせ、あなた自身の不眠症の状態や特徴を知りましょう。

一時的不眠症
大きな仕事や重要な試験など、何らかの大きなイベントが控えている状態で発症してしまった一時的な不眠です。期間としては1週間以内の不眠が続いている状態で、最も軽度な不眠症の状態です。一時的不眠症は、自分自身に何らかの大きなイベントを抱えている、ストレスを抱えていることが原因です。

不眠症を発症させたストレスの原因が明確になっているので、原因である大きなイベントをやり過ごすことさえできれば、症状は自然と改善されていきます。不眠症が治るまでにかかる期間はだいたい1週間以内で、それほど深刻になることはないでしょう。夜眠る前にリラックスアロマを使ってみたり、読書・音楽などで心と体をリラックスさせる、ホットドリンクで体を温めてみるなど、あなたに合ったリラックス方法が一時的不眠症の改善に効果的です。

一過性不眠症
転職や結婚・離婚、引っ越しなどのように、あなたの生活に大きな変化が起きた時に発症する一過性の不眠症です。今まで慣れ親しんだ生活からの大きな変化がそのままストレスとなって発症してしまいます。

まずは、あなたを苦しめるストレスの具体的な原因を探ることが、この不眠症を治すための重要な第一歩です。何が自分を苦しめているのか、ストレスの原因を知ることで気持ちが楽になり、心と体のバランスや自律神経が整い不眠症を治すことに繋がっていきます。

一過性不眠症を治すための期間はおよそ1ヶ月前後です。ほとんどの人は、その悩みの原因である生活の変化に適応することで不眠症を治すことができます。改善するためには、溜まったストレスを発散できる環境や友人をしっかりと持つことです。また、この時期には食生活が乱れがちになりますので、可能な限り食生活を正して、健康的な体を維持することも重要です。

慢性的不眠症
1ヶ月以上不眠が続いている状態で、治療期間も長くなるのが慢性的不眠症です。慢性的不眠症のうち、その原因が特定できない場合は深刻といえます。原因がわからないことで、不眠症の根本的な原因を解消することができないため、なかなかこの慢性的不眠症を治すことができません。

また、慢性的不眠症の人は精神病も同時に発症してしまっていることが多くみられます。不眠症を発症してしまった原因のストレス、さらに不眠症を改善できないことによるストレスの重さから、精神病を発症してしまうようです。

こういった慢性的不眠症を治すための期間は2~3ヶ月、時間が掛かってしまうケースだと1年以上かかってしまう場合もあります。まずはあなたが置かれている環境の改善、食事の改善、ストレスの軽減など、不眠症を治すためにできる対策をとにかく1つでも多く試してみてください。それでもダメだという人はやはり不眠症外来やメンタルクリニックへの通院が必要といえます。

不眠症の症状が治るのを長引かせてしまう原因とは?

あなたの不眠症の症状やおおよその治療期間が分かれば、次は今の不眠症の症状をそれ以上悪化させないこと、不眠症を長引かせないことが重要です。不眠症の症状が治るのを長引かせてしまう原因を、先ほど紹介した症状の重さ別に解説します。

◆一時的不眠症
初期の段階である一時的不眠症を長引かせる最も大きな原因は、眠れないと考え過ぎてしまうことです。大事なイベントを控えている時などの不安や緊張によって起こる一時的不眠症は、ほとんどの人が1度は経験するものです。

そこであまり深く考え過ぎずに眠れない原因が過ぎ去ってしまえば、不眠症は簡単に治るものですが、この時に、自身が不眠症になってしまったことへのストレス、不眠症は本当に治るのだろうかいう不安を過度に大きくしてしまうことがあります。

こういったストレスや不安を自分自身で大きくしてしまうことは、不眠症の症状が治るのを長引かせてしまう原因となってしまいます。初期の段階である一時的不眠症が長引く原因は、元々は小さかったはずのストレスを自分自身で大きくしてしまうことです。

◆一過性不眠症
生活や環境の変化が原因で発症しやすい一過性不眠症は、その変化や環境に適応できれば自然と不眠症も治すことができます。しかし、その変化に適応できなかったり、不眠症に対する不安がさらにストレスとなることが、不眠症が長引く原因になってしまいます。

生活や環境に適応できないご自身を過度に責めてしまっていないでしょうか?不眠症の症状を重く受け止め過ぎてしまっていないでしょうか?また、溜まったストレスを発散せずに溜め込み過ぎていないでしょうか?このような精神状態や環境を作り出してしまうことで、不眠症はどんどん慢性化し長引くことになります。

また、2週間以上などある程度の期間に亘って不眠の状態が続くことで、精神的なストレスだけでなく体の機能にも異常をもたらし始めてしまっています。特に自律神経が乱れ始めることが多く、その自律神経の乱れがさらに不眠症を治りにくくさせるのです。さらに、ストレスで食事の量が減る、偏った食事ばかりするなど、食生活の乱れも不眠症が長引く原因である自律神経の乱れにつながります

◆慢性的不眠症
重度な不眠症の状態である慢性的不眠症の人の中には、睡眠薬を服用している人も多いかと思います。実は、この睡眠薬が不眠症の治る症状が長引く原因となる場合があります。本来であれば、少しずつ睡眠薬の量を減らしながら最終的に睡眠薬の服用を中断していくのですが、急に睡眠薬を中断することによって睡眠薬の副作用が生じ、眠れなくなってしまってしまうのです。

そして、睡眠薬を中断して眠れなくなってしまったという経験によって、「自分には絶対に睡眠薬が必要なのだ」と思い込んでしまいます。そうなってしまうと、睡眠薬の服用をやめることに恐怖心を抱き、いつまでも睡眠薬の服用をやめることができず、不眠症がいつまでも長引くこととなるのです。

不眠症の症状を出来るだけ短期間で治すために出来ることとは?

それぞれの不眠症が長引く原因が分かれば、あとはその対処法を行うのみです。症状が長引いてしまう原因の対処法の正しいやり方を知り、短期間で不眠症を改善しましょう。

◆一時的不眠症
直近の悩みや心配事に悩まされ過ぎたり、眠れないと考え過ぎてしまうことをできる限りなくしましょう。そのためには、何よりも自分自身がリラックスすることが1番の対処法です。お気に入りの音楽や読書、リラックス効果のアロマを使うなど、自分に合ったやり方で就寝前にリラックスできる時間を作りましょう。

【リラックス効果のアロマ】

また、ホットミルクやホットのハーブティーなどのホットドリンクも不眠に効果のある飲み物です。体を温めることでリラックス効果も期待できます。初期の段階である一時的不眠症は、こういったあなたが出来るリラックス方法をやってみたり、ホットドリンクを飲んでみるなど、比較的やり易い方法で短期間に改善してしまいましょう。

◆一過性不眠症
一時的不眠症と同じようにリラックスすることが重要ですが、自律神経を整えることも短期間で不眠症を治す重要な対処法となります。睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンが不足し、セロトニンの分泌が減ってしまうことで、自律神経が乱れ不眠症を悪化させてしまっています。ですから、メラトニンの分泌を促してくえる「トリプトファン」を多く含む「乳製品」・「大豆製品」・「魚介類」を摂取しましょう。

また、GABAと呼ばれるは成分は、不眠症の原因であるストレスや不安などによって興奮した脳や神経を抑制してくれる効果があります。就寝前にGABAを多く含む食べ物を摂取する習慣も、不眠症を短期間で治す手助けとなります。

【GABAを含む食品】

◆慢性的不眠症
睡眠薬を使用している場合は、睡眠薬を長い期間に亘って服用しないことです。そして、自分の判断で突然服用をやめないことです。また、睡眠日記をつけてみてはいかがでしょうか?特にご自身の不眠症の原因が今ひとつ特定できない場合は、より効果が期待できます。

睡眠日記は、あなたの1日の行動をできるだけ毎日記すことです。1日の行動や食事時間や内容と、「よく眠れた」「夜中に目が覚めた」などどの程度眠れたのかを記します。そうすることで、あなたがよく眠れる日の1日の行動にどういった特徴があるのか、逆に眠れなかった日の特徴がどうかが浮き彫りになってくるのです。

不眠症の症状を短期間で治す方法を実践するときに注意が必要なことは?

先ほど紹介した、不眠症の症状を短期間で治すことができる対処法について、最後はその注意点を紹介します。

まず、一時的不眠症の対処法として紹介したホットドリンクについて、お茶やココアなど、誤ってカフェイン入りのドリンクを飲まないことです。覚醒作用のあるカフェインは当然間違いであり、いくら体が温まっても不眠症には逆効果です。

一過性不眠症で紹介した自律神経を整える食事は、あくまで通常の食生活にプラスすることで効果を得られます。紹介した食べ物ばかりを食べて、食生活が偏ってしまっては逆効果となってしまうので注意が必要です。バランスの良い食生活にプラスすることで短期間で不眠症を治すための効果を発揮してくれます。

睡眠薬の服用方法や量の減らし方は、必ず医師の指示のもと行いましょう。間違った服用や中断方法は、より不眠症を長引かせる原因となるので注意してください。

【まとめ】不眠症の改善にかかる期間はどれくらいですか?

以上のことから、不眠症の改善にかかる期間は、不眠症の症状の重さ別に違いがあります。一時的不眠症や一過性不眠症の場合は、そこまで長期に亘ることはありませんが、慢性的不眠症の場合は、睡眠薬を断薬することが大きなポイントとなってしまうため、どうしても長い期間を要してしまうでしょう。

◆不眠症の症状の重さ毎の改善に必要な期間
・一時的不眠症:1週間
・一過性不眠症:1ヶ月前後
・慢性的不眠症:2~3ヶ月、場合によっては1年以上

◆不眠症の症状の重さ毎の改善に効果が見込めること
・一時的不眠症:音楽や読書、アロマ、ホットドリンクなどを使ったリラックス
・一過性不眠症:上記リラックスに加え、トリプトファンやGABAを多く含む食品を摂取
・慢性的不眠症:睡眠日記をつける、医師に睡眠薬の断薬を相談

北の大地の夢しずくの購入はこちら

夢しずく

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

サイト運営者:不眠対策コンシェルジュ・ふみ

夫と2人の子供と暮らしています、38歳の主婦です。
生真面目なところがあって、家事にも育児にも一生懸命でしたが、毎日のストレスが積み重なってしまい、4年前に不眠症(入眠障害・熟睡障害)を発症しました。
幸いにも軽度で、しかも良い医師とのご縁もあり、徹底した治療を1年間続けて不眠症をなんとか改善できました。おかげさまで、今は家事にも育児にも好きなだけ楽しみながら頑張ることが出来ています。

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

【北の大地の夢しずく体験談】眠りの浅さが気になる私に効果があるのか試してみました

過去に不眠症を経験して今は克服した私ですが、ここのところ朝に目が覚めてもスッキリとしない感じが続いていたので、「睡眠の質が悪い」つまり眠りが浅いんだろうなぁと思っていました。そこで、口コミで評判の良いサプリメント「北の大地の夢しずく」を試してみることにしました。
試してみた詳細はこちらから。

サイトマップ